高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ビル・ゲイツ

    1: 高低差速報
    「私たちは人類史上、最も平和な時を生きている」ということを論じたスティーブン・ピンカー氏の「暴力の人類史」について、ビル・ゲイツ氏が「進歩の説明について、こんなにも明確に記した本を見たことがない」と紹介しています。読書家のゲイツ氏は毎年「その年に読んだ中で特に興味を引かれた本」を紹介していますが、暴力の人類史については「ここ10年読んだ中で最高」「『今年の』ではなく『永遠の一冊』」としています。

    ゲイツ氏がオススメする「The Better Angels of Our Nature」は2011年に出版され、日本では「暴力の人類史」として翻訳されています。近年、テロや戦争のニュースが多く報じられていますが、「暴力の人類史」は「人の歴史を通じて暴力は一貫して減少している」ということを直積的な証拠・統計的な議論を積み重ねて論じたもの。

    ゲイツ氏が「本の中で示された、わたしのお気に入りの5つの事実」として記しているのは、以下の5点。

    ・落雷でタヒぬ確率は20世紀初頭に比べて低くなった
    これは落雷の数が減ったのではなく、天気予報能力の向上・安全教育の改良、そして落雷の影響を受けやすい森林周辺から離れて人々が都市に住むようになったのが理由とのこと。

    ・1920年、洗濯にかける時間は週に11時間半だったが、2014年には1時間半になった
    これは歴史的に見て取るに足らない事柄のように聞こえますが、洗濯機の登場は人々、特に女性の自由な時間を増やし、生活の質を向上させました。空いた時間で人は本を読んだり新事業を始めることができます。

    ・仕事中にタヒぬことが少なくなった
    近年において、アメリカで仕事中にタヒ亡する人は年間5000人ほどですが、1929年にはなんと年間2万人もタヒ亡していました。当時の人々は「仕事場でタヒぬこと」を「仕事で発生する『犠牲』の一部」として見ていましたが、今では危険を避けるさまざまな方法が編み出されています。

    ・世界的な平均IQは10年で3ポイントずつ上がっている
    生活環境が清潔になり、栄養状態が向上することで、子どもたちは脳を発達させていっています。ピンカー氏は分析的思考の重要さを感じており、抽象的思考を子どもの頃から行うことで、人はより賢くなれるとのこと。

    ・戦争の違法化
    いくつかの例外はありますが、国際的な制裁や調停役の存在は、国家間での戦争を抑止する効果があると証明されています。

    本の内容は、ピンカー氏とゲイツ氏の対談の中でも触れられています。
    引用記事:https://gigazine.net/news/20180130-bill-gates-favorite-steven-pinker/
    Gats



    関連記事


    1: 高低差速報
    no title


    No.1 価格比較サイト
    ゲイツの予測:自動的に価格比較を行うサイトが登場する。人々は複数のサイトを比較して価格をチェックし、あらゆる製品を低価格で購入できるようになる。

    No.2 モバイル端末
    ゲイツの予測:小さな端末をどこへでも持って行くようになる。常に連絡が取れるようになり、どこにいても仕事ができるようになる。
    ニュースをチェックしたり、予約した航空機をチェックしたり、株式市場の情報を入手するなど、小さな端末で何でもできるようになる。

    No.3 支払いの簡素化、オンラインでの金融サービス、ウェブを使ったヘルスケアサービス
    ゲイツの予測:インターネットを使ってお金を支払い、資産状況をチェックし、主治医と話をするようになる。

    No.4 パーソナルアシスタント、IoT
    ゲイツの予測:パーソナルアシスタントが登場する。パーソナルアシスタントはあなたの持っているすべてのデバイスとスマートな方法でつながり、
    同期する。家だろうと、オフィスだろうと、デバイスは情報を交換し合う。パーソナルアシスタントはあなたのメールや通知をチェックし、
    必要な情報をあなたに提供する。買い物に行った時、あなたはパーソナルアシスタントにどんな料理を作れば良いか尋ねることができ、
    してパーソナルアシスタントは、購入すべき材料を教えてくれる。あなたが買い物やスケジュール調整などに使っているすべてのデバイスに情報を知らせ、
    あなたの行動に自動的に適応できるようにする

    No.5 オンライン・ホームモニター
    ゲイツの予測:常に自宅の様子をモニターでチェックすることは当たり前になる。不在中に誰かが来たら知らせてくれる。

    No.6 ソーシャルメディア
    ゲイツの予測:友だちや家族向けのプライベートなウェブサイトが一般的になる。チャットや旅行の計画を立てたりできる。

    引用記事:https://www.businessinsider.jp/post-160440

    関連記事


    1: 高低差速報
    世界一のビリオネアの座は随分と昔に奪われてしまいましたが、元祖IT長者と言えば、真っ先にMicrosoftの創業者であるビル・ゲイツ氏の名前を上げる人は多いでしょう。そんなビル・ゲイツ氏が最近、Androidを使いだしたことが明らかになりました。それ以前はWindows Phoneだったと思われます。
    iPhoneについては使用を否定

    すでに2年ほど新たなモデルが登場していないWindows Phoneですが、ついに創業者も白旗を上げざるを得なかったようです。

    ビル・ゲイツ氏がFOX NEWSのインタビューに「気まずそうに」答えたところによると、彼が使用しているスマートフォンは現在、Android端末とのことです。ただし、もちろん「Microsoftのソフトウェアが沢山入っているよ」とフォローすることも忘れません。

    この衝撃発言は、スティーブ・ジョブズ氏の人となりについて語る流れで飛び出したもので、すかさずインタビューワーが「ということは、iPhoneではない?」と聞くと、「違うね、iPhoneではない」と、iPadとタブレット市場で覇権を争っていることもあるのか、そこはしっかり否定しました。

    とはいえ、仮にiPhoneを使っていても隠すことはないでしょう。2015年にはNokiaの会長がLumiaではなくiPhoneを使っていた場面が激写されていますし、現職のアメリカ大統領も「Apple製品をボイコットする」とiPhoneからツイートしていたことが明らかになっています。
    https://iphone-mania.jp/news-186620/
    c9b077f7




    関連記事


    1: 高低差速報
    ニューヨーク(CNNMoney) 米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は20日にニューヨーク市内で行った講演で、
    キーボード上の3つのキー「Control」「Alt」「Delete」を同時に押してウィンドウズコンピューターにログインするかつての方式について、
    あまりにやりにくくて残念だったと告白した。

    ゲイツ氏は同日、ブルームバーグ・グローバル・ビジネスフォーラムのパネルディスカッションでこの問題に触れ、
    「もしも書き直すことができるなら、キーは1つにする」と言明した。

    同氏は2013年の時点で3つのキー問題について失敗を認めていたが、この時はIBMに矛先を向け、
    「ボタン1つにすることも可能だった。しかしIBMのキーボードを設計した人物が、ボタン1つにしたがらなかった」と語っていた。

    ちなみにアップルのMacでは、ユーザーはキーを1つ押すだけでログインできる。

    ゲイツ夫妻は慈善団体の「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」を運営しており、
    この日はオバマ米前大統領やカナダのトルドー首相らとともに、国連の「持続可能な開発目標」の進展状況に関する報告書を発表していた。



    ビル・ゲイツ氏、「Ctrl+Alt+Delete」を後悔
    https://www.cnn.co.jp/tech/35107557.html


    bill_gates



    関連記事


    1高低差速報
    「マイクロソフト」社創業者ビル・ゲイツ氏が、13年以内に起こる出来事7つを予言していたことが判明。
    世界最高峰の経営者が語る驚愕の未来をご紹介する。

    ■ビル・ゲイツの未来予言

    ゲイツ氏は1999年にも多くの予言をし、その高い的中率で業界人の度肝を抜いた。
    たとえば、価格評価サイトの隆盛、スマートフォンの出現、オンライン上での支払い、IoT(モノのインターネット)の出現、SNSの普及など、今日ではその予言のほとんどが実現している。
    この度の予言も、世界の動向を見極める上で必見の内容だ。「Futurism.com」(5月13日)の記事を参考にみていこう。

    1、「15年後、3300万人が感染病により1年以内にタヒぬ」

    ミュンヘン安全保障会議での発言。
    空気感染する病原菌が、突然変異、事故、テロリストによる生物兵器の使用などにより、世界中にばら撒かれる危険性があるという。
    中世ヨーロッパを襲った黒タヒ病(ペスト)はヨーロッパ人口の3分の1がタヒに、1918年に発生したスペイン風邪では5000万人~1億人がタヒ亡した。
    衛生環境が整った現代では爆発的な感染拡大は起こりにくいように思うかもしれないが、大都市への人口集中により、むしろ感染病の拡大が深刻な被害をもたらすとの見方もある。

    2、「食糧生産においてアフリカ諸国が自給自足を実現する」

    ゲイツ氏によると、構造変化によりアフリカの食料自給率が100%になるという。ゲイツ氏が挙げている理由は3つ。
    1つ目に、改良された肥料や穀物による生産効率の劇的な向上が見込まれること。
    2つ目に、各種インフラが整備されつつあること。たとえば、ガーナでは高速道路が拡張され、生産地から消費地への輸送が容易になり、セネガルでは高速道路のチェックポイントを廃止することで渋滞を回避している。
    3つ目に、携帯電話やスマートフォンが普及し、気象予報や市場価格などを容易に調べることができるようになったことを挙げている。

    3、「モバイルバンキングが貧困者の生活に劇的な変化をもたらす」

    自身のブログ「gatesnotes」の年報での記述(2015年)。
    電子バンキングの発達により、「2030年までに銀行口座を持たない20億人の人々が携帯やスマホで預金の管理や支払いをするようになる」と語っている。

    4、「2035年、貧困国はもはや存在しない」

    ゲイツ氏は世界が急速に変化していることを指摘。
    自身の半生を振り返るだけでも、ソビエト連邦と米国の冷戦時代から現在までに多くの変化が世界で起こったことから、世界には自ら変化する大きな潜在能力が備わっているという。
    その変化のひとつとして「2035年までに貧困国が無くなる」と予想しているのだ。
    ブログ「gatesnotes」に掲載した2014年の年報では、「援助とは素晴らしい発明品です。
    そして我々はもっと援助をしていかなければなりません。世界中の人々の命を救い、改善する効果的な方法です」と記している。

    5、「2030年までにクリーンエネルギーに革命的なブレイクスルーが起こる」

    2016年にゲイツ氏が予言した内容によると、具体的な再生可能エネルギーに言及してはいないものの、若い人々への投資により、エネルギー問題が解決すると信じているとのことだ。
    ゲイツ氏はすでに、あらゆるテクノロジー分野に20億ドルの投資をしている。

    6、「機械化により膨大な量の仕事が失われる」

    米ニュースサイト「Quartz」のインタビューで、人間の労働力はロボットに取って代わられると発言。
    しかし、ロボット税を課すことで、高齢者の援助や子どもが関わる仕事など、人間だけが行える仕事の創出が期待できるという。

    7、「2019年までにポリオ(ポリオウィルスが引き起こす急性灰白髄炎)が根絶される」

    2013年にブログ「gatesnotes」の年報で発表、ポリオの流行が減少していることを指摘。
    ポリオ根絶の鍵として「計測」を挙げている。
    曰く「問題がオープンに議論できる環境を整えることに加え、正確な計測も必要。
    そうすることで、何が効果的であるか実際に評価することが可能になる」とのことだ。

    ゲイツ氏の予言を7つご紹介した。
    世界の未来について悲観的な見方が多いなか、高的中率を誇るゲイツ氏が、希望ある予言をしていることは救いかもしれない。
    今後もゲイツ氏の発言に注目だ。

    http://tocana.jp/2017/05/post_13216_entry.html 




    141221BillGates





                     関連記事



    1高低差速報
    http://bunshun.jp/articles/-/1695

     20歳で起業して巨万の富を築いたが52歳でリタイア。61歳の今は、妻とともに慈善活動に没頭している。「アメリカ資本主義」の見本となる生き様だ。
     米フォーブス誌が発表した2016年の世界長者番付では、3年連続1位になった。しかし、金を使うことには興味がない
    好物のフィレオフィッシュをマクドナルドが朝食メニューから外した時には、「会社ごと買ってやろうか」とジョークを飛ばした。

     ある時、友人で投資家のウォーレン・バフェットと香港に旅行したゲイツは、マクドナルドでランチをしようと提案した。
    するとバフェットは「ここは私がおごる」と言ってズボンのポケットをゴソゴソ探り始めた。出てきたのはクーポン券。
    それを見たゲイツは大笑いしたという。出張先でスイートルームを用意すると「ベッドとインターネットがあれば十分だ」と怒り出す。
    どれだけ稼いでも決して倹約を忘れない。


     ゲイツにとって1つの転機は、マイクロソフトの幹部社員だったメリンダ・アン・フレンチとの結婚だ。
    メリンダは、屋内プール、トランポリンルーム、映画館を備えた豪邸に住んでいたゲイツに「結婚するなら普通の家に住みたい」と訴え、
    家族で住むための家を建てさせた。メリンダとの出会いを契機にゲイツは、富の社会還元を考え始める。
     2000年にはビル&メリンダ・ゲイツ財団を設立。2006年にはバフェットが資産の85%にあたる約300億ドルをゲイツ財団などに寄付し、
    財団の規模は600億ドル超に倍増。世界最大の慈善基金団体となる。ゲイツは2008年にマイクロソフトでのフルタイムの仕事から引退し、
    2014年には会長職も退いて財団に専念するようになった。

    「すべての生命は等価である」というスローガンを掲げたゲイツ財団は、その圧倒的な資金力を生かしてポリオやマラリアの
    根絶に力を注いでいる。ゲイツは「気前のいい慈善家」ではなく、プロジェクトの1つ1つを厳しく管理し、無駄遣いを許さない。使われるのは「自分の資産」だからだ。

     勝者総取りで築いた巨万の富を、自分が最も正しいと考える方法で社会に還元する。
    鉄鋼王カーネギー、石油王ロックフェラーらが実践したアメリカ資本主義をゲイツは正統に継承している。



    billg3_print
     
    関連記事


    1高低差速報
    https://japan.cnet.com/article/35097289/

    独自のグラフィカルインターフェースに関して、実際はMicrosoftとAppleのどちらが相手を模倣したのか?

     Microsoftの共同創設者Bill Gates氏は米国時間2月27日、そのどちらでもないと述べ、
    この論争に終止符を打とうとした。実際は両社ともにXeroxを模倣したというのがGates氏の答えだ。


     Gates氏はこの日、Redditのコミュニティー「AmA(Ask Me Anything)」に登場し、次のように述べた。
    「Steve(Jobs氏)と私に関連して行なわれた主な『模倣』は、両者がいずれもXeroxの
    パロアルト研究所(PARC)のグラフィカルインターフェース開発における業績から恩恵を受けたことだ。
    PARCだけの功績ではないが、彼らは最高の仕事をした。われわれはXeroxが保有する知的財産権を侵害してはいないが 、Xeroxの取り組みが道を示し、MacとWindowsにつながった」



    jobs-bill-15051501

    関連記事

    このページのトップヘ