高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    フランス


    1: 高低差速報
    精肉店を営むエリザベット・キュレ(Elisabeth Cure)さんは今月後半に入り、
    伝統的に肉食を好むフランス人の食生活を変革しようと活動している「急進的ビーガン(完全菜食主義者)」グループの投石で、
    パリの南西50キロに位置する静かな町、サンタルノーアンイブリン(Saint-Arnoult-en-Yvelines)にある店の窓ガラスを割られる被害を受けた。

     キュレさんがAFPに語ったところによると、投石があったのは午前3時ごろで、店の上階で就寝中だったキュレさんは驚いて目を覚ました。
    ここ1年フランス各地で起きている似たような事件と同様に、店頭には「(家畜への)弾圧をやめろ」という示威的な落書きが残されていた。
    「これで急進的ビーガンの仕業だと分かったのです」

     精肉店に対するビーガンの襲撃や脅迫がこのように過激化したため、
    全国1万8000店が加盟している「フランス食肉専門店・食肉ハムソーセージ専門店・総菜店連盟(CFBCT)」は6月に緊急事態だと表明し、政府に保護を要請した。
    ジャンフランソワ・ギアール(Jean-Francois Guihard)会長はAFPに「今年に入って17軒の精肉店が店の窓を壊された。
    破壊行為は何十回もあった」と話した。
    また「国は何らかの措置をとる必要がある」とした上で、精肉店を脅かす活動を「一種のテロ」と批判した。

     フランスの食肉消費は、健康へのリスクや価格上昇、アニマルライツ(動物の権利)への意識の高まりを要因として1990年代末から徐々に減少しているものの、
    多くの人は引き続き堂々と肉を食べている。
    ただ、少数派の急進的なアニマルライツ擁護団体は、畜産業界や食肉業界の動物虐待や残虐行為をことさら強調することで
    、食生活を転換させようとしている。

    引用記事:http://www.afpbb.com/articles/-/3191492



    no title

    関連記事


    1: 高低差速報
    フランスの女優ブリジット・バルドーさん(83)は17日、写真誌パリ・マッチ(電子版)のインタビューで、
    セクハラを告発する米ハリウッドの女優たちを「偽善的で、お笑いぐさだ」とこき下ろした。

     バルドーさんは、女優は一般の女性の場合と異なるとしたうえで、「プロデューサーをその気にさせて、
    役をとる女優はたくさんいる。話題になるために、後になってセクハラされたと言いだす」と批判した。

     自身については「セクハラに遭ったことなどない」と明言。「男性にかわいいお尻だと言われるのは、
    気分がよかった。こういう褒め言葉をかけてもらうのは快感」とも述べた。

     フランスでは女優カトリーヌ・ドヌーブさん(74)が10日付けの仏紙ルモンドへの寄稿でセクハラ告発運動を
    「魔女狩り」と非難し、批判を受けて謝罪を迫られたばかり。

     バルドーさんは代表作「素直な悪女」(1956年)などで小悪魔的な女性を演じ、
    「フランスのマリリン・モンロー」と呼ばれた。現在は動物愛護活動家として知られる。

    d963dae6ef915bebc458d8f942bf8ca9


    引用記事:http://www.sankei.com/world/news/180118/wor1801180012-n1.html



    関連記事



    1: 高低差速報
    日本では当たり前になっている年中無休・24時間営業。しかしフランスでは、日曜日に営業している店は一部のみ。しかも日曜営業をする店の中には、社員に平日の2倍の報酬を支払っているところもあるという。12月22日、「NEWS23」(TBS)で紹介され、話題になっている。

    番組によると、フランスではこれまで原則として日曜日に営業することができなかった。日曜日を安息日とするキリスト教の伝統に則り、法律で規制してきたからだ。

    「労働者に利益があったとしても、結局はビジネスの競争原理の犠牲者になってしまう」」

    引用記事:http://news.livedoor.com/article/detail/14077599/



    12852

    関連記事



    1: 高低差速報

    ・パリ全体でジプシーが金の施しを求める&ジプシーの子供はATM前で金を盗むため待機
    ・パリの路上で眠る大勢の黒人ホームレス
    ・非白人地区の路上ではロクでもない商品を押し売りして嫌がらせされる
    ・モスクが各区画にあり、フランス人よりアラブ人やアフリカ人向けの店が多い
    ・場合によってはイスラム教徒が道路の真ん中でお祈りして通行妨害している
    ・毎日何かしらの抗議デモがあり、最終的は警察と暴力沙汰になってしまう
    ・器物損壊はどこにでも見られ、車が炎上している様子はいつも見ることになるはず
    ・ここ2年間は非常事態なのでパトロールする軍の車両をたくさん見かけることになる
    ・毎日のようにイスラム過激派が事件を起こしてる
    ・なお反イスラムを増やさないためイスラム過激派の写真をニュースで掲載するのは禁止
    ・行っては行けない危険区域では救急車や警察が襲撃される
    ・世界で最も汚れた都市の1つであり、どこでもゴミが散乱していて悪臭がする
    ・パリで写真撮影しようとする気も起きない、暴動による器物損壊や落書きだらけなので
    ・住宅価格は高騰し続け、増税され、賃金は減っているので中流~労働者階級は苦しい
    ・一方で上流階級はタックスヘイブンで租税回避
    ・パリの人間にはフランスという国家的・文化的・民族的アイデンティティが無い
    観光目的でデータを誤魔化してるがフランスはアフリカ並の第三世界になっている


    引用記事:外国人「パリの現在がどんな感じか住んでみた経験を書いてみる」
    http://www.all-nationz.com/archives/1068473882.html




    6668f2fbab40c488a12863b15849af20
    参照記事 : http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1510794307/


    関連記事


    1: 高低差速報
    「待って! 日本人はこれをすべてパンだと思ってるのですか。それは違うよ。
    私たちがこの中でパンと呼ぶのはバゲットだけなの」

    「私も日本のパンはどれも柔らかいと感じます。
    あまりに柔らかすぎて日本のパンは苦手というフランス人も結構多いと思います」

    「無理、無理! 僕はクリームの詰まったパンは苦手だね」

    https://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/7444
    2016022701




    関連記事


    このページのトップヘ