高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ブラック





    1高低差速報
    「過剰サービス、退場やむなし」 イオン社長

     イオンの岡田元也社長は1日、ヤマト運輸の値上げ表明について「従来のサービスができなくなったら、やめるか値上げするかだ」
    とあくまで個々の企業の経営判断との見方を示した。ヤマトに続いて日本郵便や佐川急便などが一部の大口顧客に対する値上げ
    交渉を表明していることについては「談合に近い」と不快感を示した。

     同日の入社式後、報道陣の取材に答えた。「全ての企業が5つ星のサービスをする必要はない」としたうえで「サービスが過剰なら
    その企業は倒れる」と需要に合った価格とサービス水準を実現する重要性を指摘した。

     政府主導で進む働き方改革に対し、「この会社ひどいと思った時に辞めて他社に行けない流動性の低さや社会通念こそが問題」と主張。
    一律に労働時間を削減する考えからは距離を置き、「市場原理などにより民間で自浄作用を働かせることが大事」と話した。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01H4F_R00C17A4EA4000/



    img_b77c05f023d463f03da35d85d32898f439355

    関連記事


    1高低差速報
    ◇「不当訴訟で精神的苦痛」横浜地裁判決

     IT会社がうつ病で退職した元社員の男性(28)を相手取り約1270万円の損害賠償を求めた訴訟で、
    横浜地裁(石橋俊一裁判長)は30日、「不当訴訟によって男性が精神的苦痛を受けた」として、
    逆に会社に110万円の支払いを命じた。

     判決などによると、男性は2014年4月、神奈川県内のIT会社に入社したが、
    長時間労働や上司のパワハラが原因でうつ病となり、同12月に退職した。
    会社が15年5月に「詐病で退社して会社に損害を与えた」と提訴してきたため、男性も反訴した。

     判決は「会社側が主張する損害は生じ得ない」と指摘。訴状が届いた直後から不眠を訴えるようになるなど
    男性が精神的苦痛を受けたと認定した。男性の弁護士は「退職後の報復的な損害賠償請求は労働者を萎縮させ、
    『辞められない』被害を生む」と話した。【早川健人】

    毎日新聞 3/30(木) 22:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00000139-mai-soci



    imairyouichi20150103-660x434
     
    関連記事


    1高低差速報
    時間外労働1か月上限 100時間未満で決着へ

    3月13日 18時54分

    政府が導入を目指す時間外労働の上限規制で、焦点になっている繁忙期の1か月の上限をめぐり、経団連と連合から合意内容の報告を受けた安倍総理大臣は、長時間労働の是正に向け、「100時間未満」としたいという考えを示し、上限規制はこの方向で決着が図られる見通しとなりました。


    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170313/k10010909711000.html 






    Fotolia_35678836_Subscription_XXL
     
    関連記事


    このページのトップヘ