高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ブラック


    1高低差速報
    「教育困難校に勤務してるけど、もう無理」――。こんなブログ記事がネットに投稿され、話題を呼んでいる。

    ブログ主は自身について、いわゆる「教育困難校」に勤務する教師だとしている。
    内容から女性とみられる。
    「ババアとかブスとか、死ねとか言われまくって」と、仕事の苦労を切々と綴っている。ブログ内容は広く拡散され、共感の声が相次いでいる。

    「ちょっと強く言ったら、教育委員会に言うぞとか...」

    ブログ記事は17年2月7日、「はてな匿名ダイアリー」に投稿された。タイトルは「教育困難校に勤務してるけど、もう無理」。

    「毎日、授業にもならなくて、毎日、ババアとかブスとか、死ねとか言われまくって、ちょっと強く言ったら、教育委員会に言うぞとか、体罰だとか騒がれて、でもそれが教員の仕事でしょ、って言われて、
    そういう子に情熱を傾けるのが教員でしょ、それがやりたくて教員になったんでしょ、って」
    「公務員の給与プラスアルファで、朝7時から夜9時まで、昼休みなんて、パンを体内に詰め込む5分くらいで、クレームにうまく対応しながら、
    全く学校に行かない日なんて月に2、3日でも、休みの日だって狭い生活圏で、あの人は先生だって周囲に見られながら生活して」

    と生徒とのコミュニケーションの難しさ、仕事の辛さをぶちまける。

    さらに、

    「こんな目に遭うことまで想定して、教員になる奴なんていねーよバーーーカ!!」

    と吐き捨て、

    「高校は、社会に出てから少しでも苦労しないように色々経験するところで、好きにやりたいなら、社会に出たらいい。そう思ってしまうのは、教員失格なんだろうか」

    と読者に問いかけた。最後には、次年度で退職するつもりだと報告している。やり場のない不満、鬱憤が文章からにじみ出ている。

    タイトルのインパクトもあり、ブログは投稿後すぐに拡散。

    「逃げ出さずに良く頑張ってるよ 」
    「かつての私がここにもいる」
    「デキる人ほど貧乏くじ回ってくるよね」

    と労り、共感の声が集まった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12660373/




    school_class_woman
     
    関連記事





    1高低差速報
    http://toyokeizai.net/articles/-/153079

    日本の宅配サービスは、本当に便利だ。届けてもらう時間は、数時間単位で細かく指定できる。荷物を受け取れなくても、
    不在連絡票に書かれた電話番号やURLにアクセスすれば、24時間対応の受付窓口から再配達を依頼することができる。
    こうした便利さが後押ししてか、この頃は、ちょっとした日用品までネットで買って、自宅に届けてもらう人が珍しくなくなってきた。
    しかし、その裏で宅配業者の深刻な人手不足や、配達員の疲弊が問題になっている。

    (続きはサイトで)




     sans-titre
    関連記事



    1高低差速報
    労災認定の三菱電機元社員 上司から「俺がシねと言ったらシぬのか」「お前の研究者生命を終わらせるのは簡単だ」
    2017年01月12日 08時11分 更新
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/12/news062.html

     「高橋まつりさんと自分は紙一重だったと思う。ものすごい量の残業を強いられたとき、どこに相談していいか分からなかった。泣き寝入りしている人はたくさんいる」。厚生労働省神奈川労働局が11日に書類送検した三菱電機で、違法な長時間労働をさせられたとされる男性(31)が産経新聞の取材に応じた。男性は電通に勤めていて過労自殺した高橋さんに言及し、働き方の改革を訴えた。

     男性の労働環境は過酷だった。平成25年4月に入社後、先進的な研究の発表を促されていたのと同時に、製品のトラブル対応を求められ、26年1月から業務が膨大になった。
     翌月は2日しか休みがなく、食事がのどを通らなくなり、手が震えるようになった。残業時間は月160時間に上ったが、会社への申告は「59時間」しか認められなかった。

    以下はソース元で。




    sd
     
    関連記事

    このページのトップヘ