高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ブラック


    1高低差速報
    「とにかく荷物を配るだけで精いっぱいで、時間指定配送はしんどいです」。12月末、記者宅に荷物を届けにやってきたヤマトホールディングス子会社、ヤマト運輸の配達員は疲れた表情でこうこぼした。この荷物が記者宅に届いた日時は、購入時に指定した日時より1日早かった。業界一のサービス品質を誇るヤマト運輸にしては珍しい事態といっていい。

     上旬のお歳暮に始まり、インターネット通販のクリスマス商戦、月末にはおせち


    続きは会員登録で読めます
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11543120R10C17A1000000/





    img_header

    関連記事



    1高低差速報

    佐川急便の配達員が荷物を蹴ったり、叩き付けるなどの行為が目撃された。
    その動画は12月6日に撮影されたもので、落ち葉の景色を撮影していたらたまたま撮影できたという。

    配達員は荷物を雑に扱い、足で蹴りながら運び、想定外のところに転がってしまいいらつきそれを回収。
    更にそれを抱え上げ、地面に叩き付けるように雑な扱いをしているのも確認出来た。

    その後、一部の封筒のような荷物が風で飛ばされ、それに苛立ったのか、再度荷物を叩き付けるという行為が見られた。
    この動画はYouTubeに公開されている。

    佐川急便を巡っては先日、代引きの値段を書き換え多く受け取っていたとして問題になった。
    しかし返金はしたものの、処分は不明のまま。

    http://gogotsu.com/archives/24949






     

    関連記事


    1高低差速報

    佐川急便
    7都府県で遅配 荷物集中や人員不足原因か

    宅配大手の佐川急便で、年末の荷物量増加に伴い、東京や埼玉、愛知、大阪など7都府県で配達に
    遅れが出ている。クリスマス関連イベントの荷物や歳暮などの配達を待つ利用者たちから、困惑の声が
    上がっている。

    同社広報部によると、遅れは1~2日程度としているが、22日正午現在で7都府県22市区に広がり、
    解消のめどは立っていない。想定以上の荷物集中や人員不足が原因とみられ、過去にこうした遅れは
    なかったという。

    ツイッター上では「メール便が発送通知から10日待っても届かない」「佐川急便が電話出ない」
    「営業所に15日に到着し21日夜段階で保管中表示」などの投稿が相次いでいる。同社は
    「個別のことは確認しなければ分からない。スタッフを動員するなどの対応を取っているが、
    急ぐ場合は各営業所に連絡を取ってほしい」としている。

    http://mainichi.jp/articles/20161223/k00/00m/040/101000c


    立川らく人
    @tatekawarakuto

    佐川急便練馬営業所は今パンクしているようです。 20日に届くはずのチラシが届かないので、
    電話するが全く出ない。明日必要なのでしかたなく取りに行くが、なぜ練馬営業所が埼玉にあるんだ。
    大雨の中、自転車で一時間かけて行くとお客様の怒号の嵐、裏では泣いている女の子の声、
    地獄絵図でした。



    https://twitter.com/tatekawarakuto/status/811990917556994048





    img_send_index11

    関連記事



    1高低差速報
    9月8日、ある中学教員とみられるユーザーが、職場の“ブラックぶり”を告発するツイートを発信。
    これが4万2000人以上にリツイートされ、ネット上では教師の労働のあり方を巡って議論が巻き起こっている。

    「私たち教員にも休む権利をください。人間らしい生活を送る権利をください。一日16時間も学校にいる今の生活は異常です。
    午後10時に学校に電話かけてくる保護者さん、『なんで○○先生はもう帰ってるんですか?』と、
    何故怒るのですか? 午後10時に電話が繋がることに疑問は抱かないのですか」

    というツイートだ。この人物は、これまでも、

    「保護者の皆さん知ってください。部活顧問は強制ボランティアだということを」
    「朝7時から1時間の朝部も、夕方定時以降の夕部もみーーんなボランティアだって、土日も強制ボランティアだって保護者の前で何故訴えたらダメなんですか」
    「文科省助けて。部活顧問の手当て増額なんていらない。私が欲しいのは部活からの解放、心の余裕、授業準備の時間」

    https://r25.jp/business/00052712/




    関連記事


    1高低差速報

    ■ 低賃金でこき使われる若手医師

    日本の医療の制度設計の問題は「医師が肉体労働者」であることを考慮していないことだ。
    部長や教授のような管理職になる一部の医師を除き、医師が最も働けるのは20代後半から30代半ばまでだろう。
    前出の調査でも残業時間は年齢とともに単調減少している。

    ところが給与は年功序列だ。大学病院の場合、20~30代の年収は300万~600万円、40~50代で800万~1000万円くらいだ。
    市中病院では、それぞれ600万~800万円、1500万円くらいだろうか。
    病院経営は「若手が働き、年寄りを養う」構造になっている。

    経営を効率化するには、若手を確保し、年寄りを辞めさせるのがいい。
    以前から、働けないロートル医師は、病院幹部から肩たたきされて開業したり、中小病院の管理職になっていた。

    このやり方はプロ野球経営と似ている。毎年オフになれば、ドラフト会議で有望な若手を獲得する一方で、働きの悪いベテラン選手は肩たたきされる。
    コーチや解説者になれる一部の選手を除き、野球とは全く別の第二の人生を歩む。多くの場合、収入は激減する。

    医師がプロ野球選手と違うのは、「現役」の勤務医よりも、「引退後」の開業医の方が収入が高いことだ。
    人にもよるが、開業医の年収は2000万~3000万円程度だ。

    この差は、開業医の方が勤務医より、よく働くとか、提供する医療行為の付加価値が高いからではない。
    厚労省が定める診療報酬が、開業医に有利になっているだけだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161125-00048469-jbpressz-soci
    JBpress 11/25(金) 6:40配信



     
    20150611205353
     
    関連記事

    このページのトップヘ