高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ベーシックインカム


    1: 高低差速報
    来る「脱労働社会」となるAI(人工知能)時代には、BI(ベーシックインカム)導入が不可欠だという。『AI時代の新・ベーシックインカム論』を書いた駒沢大学経済学部の井上智洋准教授に詳しく聞いた。
    格差の拡大を改善するには、BI導入が不可欠なのか?

    ――格差の拡大や貧困の増大を改善する手段として、ですか。

    BIつまり「政府がすべての人に、必要最低限の生活が保障される額のおカネを無条件に支給する」制度の導入が早晩必要になると予測している。

    ──インドに先進的な動きがあるとも。

    最も早く導入しそうな国がインドとフィンランド。フィンランドは失業者2000人規模で実験をしている。北欧諸国はどこも政策先進国だけに先陣を切ると思っていたら、今年に入ってインドがいち早く2年後に実施すると発表した。インドは高額紙幣をなくしてキャッシュレス化に進んだり、フィンテックといった金融のIT化でも中国に次いで本格化させたり、政策先進国入りを促進している。BIの導入を政権与党が主導して少なくとも1州で始める。

    このほかにオランダでも実験は盛んだ。異色なのは米国で、ベンチャー企業が実験しているが、導入するにしてもかなり先だろう。

    ──日本で導入するとすれば1人月額7万円給付が妥当なのですか。

    国民全員に最低限の生活が送れるだけのおカネを配るとなれば、今なら7万円が妥当と思っている。会社を辞めない額で、同時に最低限の生活の助けになるぎりぎりを考えると、7万円かなと。3人家族だったら、7万円×3人の21万円。4人家族だったら28万円もらえる。厳密な根拠があるわけではないが、たとえば合計30万円、40万円になると仕事を辞める可能性も強まるし、逆に家族全体で1ケタ万円ではさすがに生活は厳しい。

    ──生活保護制度とのかかわりは。

    現行の生活保護制度で実際に給付を受けている人は「有資格者」の2割ぐらいとみられる。もらえるはずの人をこのままほうっておくのか。残りの8割の人にもきちんと給付するとすれば、経費を含めて財源をどう増やすのか。そこまでやっても取りこぼしはかなり出る。いっそ国民全員に給付したほうがいいから、生活保護よりもBIは優れていると見ている。

    ──労働意欲との兼ね合いは。
    今の生活保護はある程度おカネを稼ぐと、給付額が減らされる。労働に対するインセンティブがあまりない。BIだったら、税金は多少払うが、7万円はもらえて基本的に全額が自分の所得になる。別途働けば働くほど稼ぎが増えていく。むしろ労働意欲がそがれることのない制度といっていい。これまでの先進国での実験は5万円から10万円の給付だが、気持ちに余裕ができ、むしろ労働供給量が増える可能性さえある。

    ──「安上がり」にならないともいわれます。

    どういう意味で安上がりというのか。結局、国民全体でのBI負担はゼロ。自分たちが納めたおカネが全体に回っているだけなのだ。個々人にとっては得する人、負担が大きい人が出てくるが。それをもって負担が大きいと考えるべきではない。

    財源の確保はメドが立つものなのか

    https://toyokeizai.net/articles/-/221425

    basic-income-video




    関連記事



    1: 高低差速報
    「頭の悪い人は毎月現金貰える、やったーでいいんです。毎月お小遣いが増えたと消費をしてくれればそれでいい」

    「橋下さんとか堀江さんとか、ベーシックインカム賛成派には頭の良い人も居るんですけど、彼らは真意を理解している」

    「年老いて働けなくなった人って、日本への貢献はゼロどころかマイナスですよね。その人を生き長らえらせる事で日本はどんどん苦しくなっていく」

    「その一方、まだまだ元気な働く意思を持った人達が低賃金でこき使われていたり、ブラックに追い込まれてたりする。それでも嫌な場所で働く理由は今の飯と言うよりも、将来が不安だから。」

    「でも毎月7万円支給されるなら、職業選択の自由度が広がりますよね。ブラックもスパッと辞めれる。夢への挑戦もやりやすくなる。なんなら家賃の安い田舎に住んで働かないって選択をしてもいい」

    「日本という国を破綻させない為に、どの層を元気にすべきかって事なんですよ」
    7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e




    関連記事



    1: 高低差速報
    国民年金とか公的医療保険を全部廃止してその分を国民に現金として渡すのがベーシックインカムや

    メリット
    ・複雑怪奇な社会保障の簡略化
    ・無理な残業・長時間労働を減らせる→生産効率が上がる
    デメリット
    ・BIだけで色々買えるようになるわけではない
    ・自分で保険を探さないと将来積む
    ・物価変動が未知数




    family_syunyu

    関連記事



    このページのトップヘ