高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ホワイト企業



    1高低差速報
    怒鳴り声が全くない、みんな優しい
    管理職が部下をちゃんと管理してる
    激務でもないのに、会社はちゃんと利益だしてる
    毎年昇給(6000円~1万円)して、ボーナスも安定して年5ヶ月以上ある
    残業代は当然全額でるが、残業自体がせいぜい月20時間くらいしかない
    定年以外で退職する人がいない
    デブやハゲが少ない(俺はデブでもハゲでもない)

    他にもあるけど、同じ国とは思えんくらい違う




    imasia_1898746_M
     
    関連記事


    1高低差速報
    首都圏で働くサラリーマンであれば、一度はお世話になっているであろう立ち食いそばチェーン「富士そば」(現在は東中野店を除く全店にイスがある)。

    実は『週刊プレイボーイ』と同い年の1966年創業で、今年が50周年。今では1都3県に100店以上を展開する富士そばを築き上げた
    丹 道夫(たん・みちお)会長は、四国の田舎町から上京しては失敗を繰り返し、4度目の上京でようやく成功を手に入れた苦労人だ。

    ―アルバイトにもボーナスや退職金が出ると聞きましたが、本当ですか?

    丹 出してるね。人間は平等なんだよ。僕は生まれた頃に父が死んで、母は僕を学校へ行かせるために再婚したの。でも、
    弟が生まれてからは、継父は弟ばかりかわいがって、僕はいじめられた。その時にみんな平等じゃないといけないと思った。それにそのほうが楽なんですよ。
    売り上げを増やせば、自分たちに返ってくるとわかってるから、僕が何も言わなくても、なんとかして売りたいといろいろ考えてくれる。

    ―今、世の中にはブラック企業と呼ばれる会社も多いですが。

    丹 あれは損してるなと思うよ。なんでブラックにしなくちゃいけないかね。ちゃんと待遇をよくしてあげれば、みんな働くし、自分も楽ができる。
    どうしてそんなことをするんだろうね。ああいう企業の経営方針はよくわからない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161115-00075095-playboyz-soci

    経営哲学を語る「富士そば」の会長・丹道夫氏





    873_kuidaore_10_2富士そば_外観_cs1e1_480x


    関連記事

    このページのトップヘ