高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ポエム


    1高低差速報
    わずか10歳で執筆した自己啓発本『見てる、知ってる、考えてる』の大ヒットで、いまメディアに引っ張りだこの小学5年生・中島芭旺(ばお)君(11)。
    「小さな哲学者」とも呼ばれる彼に、ツイッターで「人生のアドバイス」を送った先輩がいる。

    それは、元子役でタレントの「はるかぜちゃん」こと春名風花さん(15)。
    2017年1月11日のツイッターで、芭旺君に向けて「全て悟ったように語るのは君にはまだ早すぎる」などと呼び掛けたのだ。

    「気持ちが落ち着いたころに、ゆっくり読んで」
    芭旺君は小学3年生の頃にいじめを受け、2014年9月から学校に通わずに「自宅学習」を続けている。
    母親のフェイスブック投稿によれば、芭旺君は興味を持った専門家の勉強会に行ったり、YouTubeにアップロードされている教育動画などを見ながら、自分なりの方法で勉強を続けているという。

    そんな芭旺君の「生き方」に疑問を呈し、ツイッター上で1000字以上にわたるアドバイスを送ったのがはるかぜちゃんだった。
    (中略)
    こうしたはるかぜちゃんの一連の投稿には、「すごく核心を突いてる」「本当に大切なことだと思います」と好意的な反応が相次いでいる。

    なお、当の芭旺君は12日夕時点で、はるかぜちゃんからのメッセージに対し、ツイッター上では反応を示していない。




    5EH91-3W


    http://news.livedoor.com/article/detail/12532971/
    関連記事



    このページのトップヘ