高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ミニマリスト




    1: 高低差速報
    何年か前、筆者は毎日あえて同じ服を着るという実験をしてみた。一週間にわたり、同じダークグレーのTシャツとカーキのパンツで過ごした。周囲の人たちがそれについて何を言い、自分自身がどのような考えを持つか、試してみたいと思ったのだ。

    自発的にその実験を開始したにもかかわらず、感じたのは別の服を着るべきだというプレッシャーだった。われわれの大半は、毎朝何を着るべきか考え、決めるように訓練されている。筆者も例外ではない。

    だが、その1週間が経過しても、誰かが服について何か言うことはなかった。ほとんどの人は、それぞれ自分のことで手いっぱいだ。社会心理学者が呼ぶところの「スポットライト効果」を示すいい例だ。そして、この「沈黙」が筆者にもたらしたのは、「解放」だった。

    ワードローブを最小限にしたい人、人生の「ユニフォーム」を見つけたい人、そしてただ消費を控えたいと思っている人に、この実験を試してみてほしい。お勧めしたい理由は、以下に挙げるとおりだ。

    1. 「決断疲れ」を減らせる

    決断することから逃れられる人はいない。どの選択肢も、われわれを疲れさせる。そして、より大きな結果を伴う決断はより大きなエネルギーを消費させる。小さなことに思えるかもしれないが、いつも着る服を決めておくことで、一日分の意思決定のためのエネルギーを温存しておける可能性が高まる。

    2. 似合うものが分かる

    同じ服には飽きてしまうだろうか?その服装は、本当に自分に似合っているのか?──実験中の1週間で、筆者は自分自身を試した。そして、どのような服が自分にとって最も重要なのかを認識することができた。

    自分自身の「スタイル」を見つけるまでには、時間がかかるかもしれない。だが、何を着ていれば自信を持てるのか、快適でいられるのかを理解することは、自分に力を与えてくれる。

    3. ワードローブを最小限に抑えられる

    ミニマリズムとは、最も重要なことに焦点を絞り、それ以外を排除することだ。何にでも取り入れられる考え方だが、服については特にそうだといえる。

    筆者は実験後、積極的にこの考え方を実践し、服を買い替えないよう努めてきた。すると少しずつ、自分にとって本当に大切なものになる服だけを選ぶようになっていった。服を選ぶときに、どれを着たいのか悩むこともなくなった。

    yewa



    https://forbesjapan.com/articles/detail/16710

    関連記事

    1高低差速報
    今、若い世代に共通する感覚として、「職住一致」志向があります。ご存じのように、
    戦後には職場と住まいを分ける「職住分離」が進み、首都圏郊外には、都心へ通勤する人
    の住宅地を中心に発達したベッドタウンが広がっていきました。それ以前は、サラリーマンはもちろん、
    商店や工場で働く人も、自宅が店を兼ねていたり、住み込みで働いていたのですが、次第に職場と離れたところに住むようになったのです。

    しかし、その結果として働くお父さんたちが直面することになったのは、職場までの長距離通勤です。
    そして、毎日長い時間をかけて自宅と会社を行き来し、疲れ果てる親の姿を見てきた今の若い世代の中には、
    「自分はそういう生き方はイヤだ」と、できるだけ会社の近くに住みたがる人が増えたのです。
    そんな若者たちからの人気を集めている、面白い不動産会社があります。「EARLY AGE(アールエイジ)」という会社です。
    扱っているのは、狭いと7平米、いわゆる四畳半程度の小さな部屋。早稲田や蔵前、門前仲町など、
    大都心近くの、駅から近い立地を中心に展開しています。そこには、トイレとシャワー、洗面所と流し台を兼ねたシンクがあり
    下に洗濯機がはめ込まれています。部屋によっては、トイレの仕切りがない場合もある。一見、びっくりする間取りですが、
    空室が出るとすぐに埋まってしまうそうです。

    こんな狭い部屋に暮らせるのかって?それが、暮らせるのです。この部屋に住みたいと思う人たちは、
    スマホさえあれば生きていけるからです。冷蔵庫が置けなくても、コンビニがその役割を果たしてくれます。
    それよりも、とにかく会社から家に帰るまでの時間が惜しいということのようです。通勤時間を極力短くして、早く寝たい、と。

    大きな会社があるような都心の近くで住もうとすると、当然ながら家賃の相場は高い。もちろん、
    おカネがある人はそれでもある程度の広さの家に住むのでしょうが、そうでなければ、住居の広さよりは会社からの近さを選ぶ
    というわけです。とはいえ、この不動産会社が扱っている物件の場合は、狭くてもデザイナーズマンションなので、そこまで安くはありませんが…。
    これは、昔の苦学生たちがしていた四畳半暮らしとはまた異なる形態です。私はこれを、「新・四畳半暮らし」と呼んでいます。
    1970年代の四畳半暮らしは、地方から都会に出てきた若者たちが、おカネのない学生時代などを過ごす場所でした。
    しかし、生活が豊かになるにつれて、テレビを買い、ステレオを買い…とだんだんモノが増えていき、
    いずれ広い部屋に引っ越していきました。そして、家庭を持つと、郊外に出て家を買ったのです。

    (以下略)

    http://toyokeizai.net/articles/-/141803





    早稲田駅徒歩7分・4.2畳で家賃58000円。一人暮らしの男性中心に人気が高く、空室は2016年10月下旬現在でゼロだ
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://jp.reuters.com/article/angle-minimalists-idJPKCN0Z704N

    [東京 19日 ロイター] - 佐々木典士(ふみお)さんが東京で住むワンルームのアパートは、あまりに殺風景なので、友人たちからは取調室のようだと言われている。シャツ3枚、ズボン4着、靴下4足、そして、わずかな他のアイテムが、佐々木さんの所有物だ。
    カネの問題ではない。編集者の佐々木さん(36)は、日本で増えている「少ないほど豊か(Less is more)」というライフスタイルを選択した1人だ。
    禅宗の余分なものがそぎ落とされた美学に影響を受けた「ミニマリスト」たちは、持ち物をとことん切り詰め、消費社会に背を向けている。
    かつては本やCDやDVDを熱心に収集していた佐々木さんだが、2年前、流行を追いかけることにうんざりするようになったという。
    6月19日、編集者の佐々木典士さんは、日本で増えている「少ないほど豊か(Less is more)」というライフスタイルを選択した1人だ。写真は佐々木さん宅の洗面所の棚。都内で2月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)
    「どこかで満足することがない。足りないものばかりに目が行っていた」
    佐々木さんはその翌年、持ち物を売ったり、友人にあげたりした。
    「物がなければ掃除も簡単だし、買い物する時間も少ないので、時間が圧倒的に増えた。その分、休みの日に友人と家で過ごしたり、旅したりと、行動力が上がったかなと感じている」と佐々木さんは話す。
    また、米国でも一世を風靡(ふうび)した片づけコンサルタント、近藤麻理恵氏の整理術にもあるように、本当に好きなものだけを所有するという人たちもいる。
    「人と比べて物が多かったわけではないが、自分の好きな物だけかと言われるとそうではなかった。それに違和感を持ち始めたのがきっかけ」だと語るのは、オンライン出版の編集者である豊田勝也さんだ。豊田さんの持ち物は、22平方メートルのアパートにテーブル1つと布団1組だけだ。
    6月19日、オンライン出版の編集者である豊田勝也さん(写真)の持ち物は、22平方メートルのアパートにテーブル1つと布団1組だけだ。都内で3月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)
    「自分の好きなことを浮かび上がらせたいと思って、このミニマリズムを始めた」と豊田さんは語る。
    6月19日、ミニマリストである豊田勝也さんは「自分の好きなことを浮かび上がらせたいと思って、このミニマリズムを始めた」と語る。写真は豊田さんの持ち物。都内で3月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)
    日本のミニマリストに刺激を与えたのは、アップルの共同創業者、故スティーブ・ジョブス氏など米国の支持者たちだ。
    その定義はさまざまだ。ゴールは、単なる片づけにとどまらず、所有の意味を再評価し、他の何かを得ることだ。佐々木さんの場合は旅する時間が得られた。
    こうしたミニマリストたちが何人いるかは不明だが、佐々木さんたちは本格的なミニマリストは数千人いると考えている。興味のある人はさらに数千人いるのではないかとみている。
    ミニマリズムは実際には外国から来たのではなく、禅宗の世界観から自然に派生したと主張する人もいる。
    「西洋では物を置いてコンプリートさせるが、(茶道や禅では)わざと不完全にして自分のイマジネーションで補うことで完全になるという考え方」だと、フリーライターの沼畑直樹氏(41)は説明する。
    6月19日、フリーライターの沼畑直樹氏(写真)は、ミニマリズムは禅宗の世界観から自然に派生したと説明する。都内で3月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)
    6月19日、オンライン出版の編集者である豊田克也さん(写真)の持ち物は、22平方メートルのアパートにテーブル1つと布団1組だけだ。都内で3月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)
    ミニマリストたちはまた、持ち物を少なくすることは、頻繁に地震が起きる日本では特に実用的だと主張する。
    2万人近くが犠牲となった2011年の東日本大震災後、多くの人が持ち物を見直していると、佐々木さんは言う。
    「地震によるけがの3割から5割は物が原因のようだ。だが、この部屋なら、その心配は必要ない」
    個人消費が国内総生産(GDP)の約6割を占める消費大国・日本で、いま生活に必要最低限のものしか持たない「ミニマリスト」と呼ばれる人たちが増えている。





     gi_-600x420
    関連記事






    【愕然】 生保の女と○した結果wwwwwwwww


    【激写】 高橋みなみ(25)の彼氏(40)が完全にそっち系で草!w

    【悲報】ベッキーまたやらかす!!!! 炎上再びwwwwww

    【経済】世帯当たりの平均貯蓄残高・・・

    【速報】橋下徹 討論番組で論破しまくる 勝てるの石破茂と上祐しかいないだろこれ

    【話題】サイコパスは8割が遺伝 遺伝にまつわる「言ってはいけない」タブー

    日本人ってここ10年で一気に民度下がったよな

    【画像】ワイのPC周りかっこよすぎてワロタwww

    【悲報】IT企業に勤めるま~ん(笑)さん、とんでもない理由で退職をする

    2月からユーチューバーになって得られた収益wwwwwww


    参照記事 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1466686170



    このページのトップヘ