高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ミラン



    1: 高低差速報
    日本代表FW本田圭佑(31)は30日でイタリア1部ACミランとの契約が満了し、1日から無所属のフリー選手となった。今後は新シーズンに向けて所属先クラブを探していくが、厳しい現実が待ち受けている。

     欧州にも選手を送り込んでいる公認選手代理人は「本田の動向に関しては何も知らないけど、一般的に活躍してない30歳を過ぎた選手にビッグクラブは興味を示さないし、強豪も動かないね。あるとすれば、中堅から下のクラブくらい」と指摘。本田が望むレベルのチームからオファーは期待できないという。

     さらに「高額の年俸を払うクラブもないだろうな。ACミラン時代の推定年俸は250万ユーロ(約3億2000万円)? まあ100万ユーロ(約1億2800万円)がいいところだと思う。ここから急激な成長をする年齢ではないし、転売できない選手だから」とし、好条件を提示するクラブは「ない」と明言した。

     本田は来夏のロシアW杯を見据えて、欧州クラブ入りを優先したい考え。地元メディアは、レバンテ、ラスパルマス(ともにスペイン)、トラブゾンスポル(トルコ)が本田に興味を示していると報道。また、近い関係者によると「イタリアの下位2クラブ」が本田に強い関心を持っているというが、いずれも意中のクラブではない。

     実際に本田は「現段階で納得できるオファーは来てないです」と話しており
    、苦戦は避けられない状況。“再就職”に向け長期戦も覚悟するが、このまま浪人生活が長引けばロシアW杯出場権がかかるアジア最終予選オーストラリア戦(8月31日、埼玉)に臨む代表への影響も懸念される。

     欧州の移籍マーケットはこれからが本番。新シーズンを迎えて活発化していくが、評価が急落する中で果たして本田の居場所はあるのか。その動向が気になるところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000031-tospoweb-socc



    img_824f8da1be1fe4f17d388c210586444e166802


    関連記事


    1: 高低差速報
    1 : 風吹けば名無し[] 投稿日:2013/12/12(木) 17:43:03.59 ID:8gY67Rcx
    改めて鳥肌立つくらいすごいよな
    すごいの一言で片付けられないくらいすごい

    7 : 風吹けば名無し[] 投稿日:2013/12/12(木) 17:45:04.20 ID:8gY67Rcx
    バロテッリ
    エルシャーラウィ 本田 カカ
    すごい(確信)

    16 : 風吹けば名無し[] 投稿日:2013/12/12(木) 17:47:16.30 ID:8gY67Rcx
    ミラノーダービー(日本人対決)
    あぁ^~
    img_ff7e5e43c8b999cd59a73f82fe8081a4306398




    関連記事



    1高低差速報
    本田の獲得に動いているJ1クラブ幹部は「代理人を欧州に派遣し、いろいろと周辺の調査をしているけど、本田サイドは年俸5億(円)と考えているそうだ」と戸惑い気味に明かした。

     本田はACミランで税抜き年俸250万ユーロ(約3億1000万円)を受け取っていた。だが、6月には31歳となる。急激な成長が見込めないうえに今季は活躍していないことで通常なら大幅な年俸ダウンは避けられないところ。
    前出のJ1幹部も推定2億5000万円以上を提示する準備を進めているが、本田サイドは強気の姿勢を崩さないという。



    83698_1610_bf60e383_11638f6c
    関連記事


    1高低差速報
    本田圭佑のレバンテ移籍報道、発端は“逆オファー”…欧州クラブ移籍へ模索中
    来シーズン、リーガ・エスパニョーラ1部への昇格が決まっているレバンテがミランに所属する日本代表MF本田圭佑の獲得に興味を示していると報じられた件について、新たな事実が分かった。
    『Goal』が得た情報によると、今回の移籍報道は本田側の“逆オファー”が発端だったようだ。本田側の“逆オファー”が発端だったようだ
    本田は欧州でプレーを続けたい意向を持っているため、イタリアの仲介人を通じてスペインのレバンテに逆オファーを送ったというわけだ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000004-goal-socc






    78b10a24343acbace931fae1d48052ab


    関連記事


    1高低差速報
    1位 本田圭佑 (ACミラン)
    2位 アンドレ・シュルレ (ボルシア・ドルトムント)
    3位 シュテファン・エル・シャラウィ (ASローマ)
    4位 ジェイミー・ヴァーディ (レスター・シティ)
    5位 ダニエル・スターリッジ (リヴァプール)
    6位 ジャクソン・マルティネス (広州恒大淘宝足球倶楽部)



    51VUfVdjYUL
     
    関連記事

    このページのトップヘ