高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ユダヤ人


    1: 高低差速報
    ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏が、ヒトラー風の肖像が描かれたTシャツを着用してNHKの生放送番組に出演したことを受け、アメリカのユダヤ人団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が7月13日、
    「日本人にはナチズムに関する基本的な教育が必要だ」とする声明を発表した。
    同センターのエイブラハム・クーパー副所長は、「ヒトラーは反戦のシンボル? 日本の実業家がヒトラーが描かれたTシャツで日本の公共放送に出演した」と題された声明のなかで、Tシャツのイラストには
    反戦のメッセージが書かれているとしながらも「実に不快な宣伝行為に他ならない」と批判。「日本の公共放送は謝罪したので、これ以上の謝罪は必要ない。しかし、日本の人々にはナチズムに関する基本的な教育が必要だ」などと述べた。
    堀江氏は7月12日放送の「ごごナマ」で、ヒトラーが「No War」と叫んでいるようなイラストのTシャツを着ていた。阿部渉アナウンサーが番組の終盤、「戦争反対を示すNo Warという文字や反戦のマークが入っていました。
    しかし、『ヒトラーを想起させる』というご意見を頂きました。不快な思いを抱かれた方にはお詫び申し上げます」などと謝罪した。

    http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/16/story_n_17507218.html



    no title


    関連記事


    1高低差速報
    こんなことってあり得るんか?正確にはディズニーだけは違うけど
    ほんまに何か大きな陰謀を感じた
    wikiにも丁寧にユダヤ人って書いてあるし



    ForbesJapan_3353_e6ba_1

     
    関連記事


    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ユダヤ人の子供は、幼い頃から次のような格言を繰り返し聞かされる。

    ・もし、本と服を汚したら、まず本から拭きなさい

    ・学んだことを復習するのは、覚えるためではない。何回も復習するうちに、新しい発見があるからだ。

    ・100回復習するのと、101回復習するのとでは、その間に大きな違いがある。
    ・恥ずかしがる人は、よい生徒にはなれない。人はどん欲に学ばなければならない。

    ・もし、目の前に突然、天使が現れて「トラ(教典)」のすべての教えを瞬時に身につけさせようと言っても、私は断ろう。人にとって学ぶ過程こそ、結果よりも重要だからだ。人は努力を通じてのみ、報いられる。




     maxresdefault
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1:
    http://diamond.jp/articles/-/86775
    人生を変えたい」「夢を実現したい」と思う人は多い。しかし、一体どれだけの人がその実現に向け努力しているだろうか。
    現役の経営者で陽明学者の加地太祐氏は、「成功するためには、何より実践が大事」と説く。本連載では、
    加地氏の初の著書『成功する人の考え方』(ダイヤモンド社より1月16日に発売)の内容をベースに、
    成功に必要なポイントをお伝えしていく。今回のテーマは、成功する人が持つ顧客の視点について。

    商品・サービスを誰に売るのか?
    僕は、海外の経営者や起業家が集まるコミュニティにも参加したりするので、比較的グローバルで成功する人達との出会いも多い。
    あるとき、ユダヤ人経営者と友人の起業家との対話で、とても興味深い議論があった。今回は、その話をしたいと思う。
    その議論は、ユダヤ人起業家のこんなひと言から始まった。
    「あなたは多くのお金のない人に、この商品を安く提供したいと言っているが、わたしにはその意味がわからない」
    友人の起業家は思った。
    事業を経営する上では、もちろん利益も大切だ。
    しかし「多くの人に良い物を安く提供してあげたい」という想いのどこが問題なのだろうか?
    彼は自信を持って言った。
    「僕は、起業家として良い物を安く提供するのが目的なんだ」
    しかし、ユダヤ人起業家は笑顔で言った。
    「誰かを喜ばせたいと言う気持ちは理解できます。しかし、わたしが言いたいことはそうではありません」
    「はっきり言うが、そのやり方では成功しない」
    ユダヤ人起業家は「多くの人に安く売る」というやり方は、成功しないと断言したのだ。
    僕も友人も、目を丸くして彼の言い分を聞いていた。
    なぜなら、僕らは「お金のない人達を喜ばせようとして何が悪いのか?」理解できなかったからだ。

    金持ちを相手にしろ
    ユダヤ人起業家は言いました。
    「あなたが悪いと言っているのではありません。しかし、お金儲けにはルールがあるのです」
    「お金儲けにルール?」
    「ええ。どんなビジネスでも『どの商品』を『誰に売るのか』このふたつでほとんどの成功は決まります」
    「まずひとつ目に、あなたはお金のない人に売ろうとしている。これが問題だ」
    僕らは若かったこともあり、少しカチンときた。
    「世の中にはお金持ちよりもお金のない人の方が多いはずだ。この人達の方が圧倒的に人数が多いし、その人達に提供する方が成功の確率は上がるはずだよ」
    しかし、ユダヤ人の彼は冷静に反論した。
    「いいえ、違います。あなた達は人が何を望んでいるのかを知りません」
    友人は熱くなって反論した。
    「何を言っているんだ。僕らは顧客のニーズをよく知っているよ。みんな安くて良い物が欲しいんだ。だから僕が提供するのさ」
    「だから失敗するのです」

    僕らの「??」という顔を見て、彼がこう言った。

    「人々が望んでいるのは、安い商品よりも高価な商品です。彼らは、お金持ちでも持っているような高価な商品を望んでいるのであって、安い商品はあってもなくても良いのです」
    僕らはその答えに驚いた。

    「どんな人でもワンランク上の生活。ワンランク上の持ち物を選びます。みんな豊かになりたいのです。もちろん大衆から爆発する
    商品もあるでしょう。しかし、そのほとんどは寿命が短い。それは大衆の商品だから。アメリカンクラッカーやフラフープもそうだったでしょう?
    大衆から生まれた物には憧れがない。だから商品の寿命は短くなるのです」
    この考えには多くの意見があると思う。
    しかし、キミたちに伝えたいのは「ユダヤの商法にはお金持ちと商売しろ」というセオリーがあるということだ。
    もちろん、安い価格や商品でビジネスをする場合もあるだろう。
    しかし、ビジネスには必ずセオリー(定石)というものがある。それを理解した上で、さらに常識を打ち破るようなアイデアを生み出すのだ。
    経験や勘に頼るだけではなく、セオリー知り、かつそれを越えてイノベーションを目指すのだ。
    もちろん、「社会を良くするのも僕らの仕事だ」と言うことは、決して忘れないでほしい。


    Jewish




    ベッキーついにブチ切れた!ゲス川谷に鉄槌


    早稲田大学サークル「SOPHIE」、居酒屋での非常識なトラブルで炎上・・・(画像あり)

    民進党・山尾議員のコーヒー代がすごい額になってるんだがwwwww

    マクドナルドのヤバい映像

    “ヤバすぎる”日本三大奇書とは?

    硫酸のパワーすげえ!が良く分かる面白実験。わずか3分でこんなになっちゃうのか。

    【朗報】またやったぜ日本!折りたたみスマホの開発に成功!!!

    Wi-Fiただ乗りしてる隣人を晒し上げたいんだけど

    入社式で結構可愛い女が泣かされててワロタwwwwwwwww

    韓国人「日本のツイッターで拡散している韓国の画像をご覧ください」

    参照記事 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1456986718/



    このページのトップヘ