高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ライフハック




    1: 高低差速報
    実は「1日3食」食べる方が健康に悪い?
    間違っていた食事の常識

    ■実は「1日3食」が不健康のもと!

    「1日3食」が不健康をもたらすとは意外な気もしますが、
    このことについては、野生動物や古代人の食べ方、
    そして断食の理論がヒントになるのだそうです。

    まず考えてみるべきは、
    「1日3食きちんと食べる野生動物がいるか」
    ということ。当然ですが、そんなことはあり得ません。

    肉食動物は狩猟だけでもひと苦労。
    エネルギーを維持するためにかなりの時間を食事に費やす草食動物にも、
    律儀に食べる法則はないそうです。

    古代人も野生動物と同様で、
    狩猟ができたときにまとめて食べることも多かったでしょうし、
    農耕がはじまったあとの時代でも1日2食、
    しかも粗食が一般的だったといわれているといいます。

    にもかかわらず、飽食の現代人よりも健康的な肉体を持っていたのです。

    引用記事:http://suzie-news.jp/archives/9858
    family_syokutaku


    関連記事


    1: 高低差速報

    ■「投資」はしても「消費」はしない 

     超富裕層の多くは「ポジティブ思考」の持ち主で、常に「どうすればもっとうまくいくか」を考えています。辛いことがあっても明るい材料を見出せるから、前進することもできる。 

     そして彼らには、仕事と遊び、オンとオフの区別はありません。お金持ちになったのも、「儲けよう」としたからではなく、みんなが喜ぶことを考え、提供した結果です。富裕層の行き着くところが慈善事業であるのは、ごく自然なことなのかもしれません。【中略】 

     徹底した合理主義者で、無駄なお金や自分の目的以外に時間を使うことを嫌います。だから、「投資」はしても「消費」はしない。高級外車や高級ブランド品を好みますが、それは資産性があるからであり、ビジネスの現場で、商談相手や交渉相手に対して有利になれるからです。要するに、お金をどう使えば、目的とするリターンが得られるかを常に考えている。「価値がある」と考えれば、高いほうから買う。バーゲンで買い物などしません。

    引用記事:http://president.jp/articles/-/22970?page=3&display=b
    kankou_shopping_asia




    関連記事


    1: 高低差速報
    同社の採用試験では弁当を早く食べた学生から採用したことがあると明かし、 
    「速く食べられる人は決断力や行動力が備わっており、仕事ができる人の条件は決断力と行動力だ」と語った。

    永守氏は一貫して学校教育の重要性を主張。その上で高校や大学での教育に力を注ぐべきとし、
    「社会に出て競争で勝てるような人材を学校教育で育てないといけない」とした。

    講演後に会見した永守氏は、優秀な学生を確保するために入試を厳しくする方針を表明。

    関連記事


    1: 高低差速報
    シャンプーなんて化学薬品うんぬんであーでこーで湯シャンでも汚れしっかり落ちるし臭くないよ

    とか言う奴

    みんな黙ってるだけで臭いぞ…特にロングで湯シャンの女
    無農薬で健康って言って虫まみれの野菜買うのに似とる



    head_spa

    関連記事


    1: 高低差速報
    とにかく思ったことはすぐに行動に起こせということは共通してた
    その通りだと思った



    131009_topics_service01

    関連記事

    このページのトップヘ