高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ランキング


    1: 高低差速報
    普段、あまり目にすることのない数字やデータに光を当てて多角的に分析、ビジネスパーソンにとっておきの「お役立ち情報」をご紹介する『ダイヤモンドDATAラボ』。2回目の今回は、東証1部上場企業を対象に、独自に試算した「40歳年収が高い企業トップ1000社ランキング」を大公開します。(週刊ダイヤモンド編集部 小島健志)

    厚生労働省が発表した2016年度の実質賃金(毎月勤労統計調査)は前年度に比べて0.4%増えたそうです。前年度比プラスは実に6年ぶりのことです。

     そこで今回は、東証1部上場企業を対象に年収ランキングをお届けします。いずれも40歳時点の推計年収の比較となります。
    no title

    no title

     堂々の第1位は、M&A助言を専門とするGCAの2276.2万円でした。経営再建中であるスカイマークの取締役会長も務める佐山展生氏らが創設、世界10か国に14拠点を置くグローバルM&Aアドバイザリーファームです。
    M&Aを手掛ける企業では、6位に日本M&Aセンター(1376.2万円)もランクインしています。こちらは事業承継に絡んだM&Aを得意としている企業ですが、ここ数年M&A案件が過去最高水準で推移するなど、市場が活況を呈していることもあって、給与水準も高くなっているようです。

     ランキング2位には産業用ロボット大手のファナックがランクインしました。1497.9万円と、電気・精密業界の平均年収654万円と比べてかなり高い水準となっています。リーマンショック前の2008年と比較しても56.9%増と大幅に躍進しており、東証1部上場企業の中でも3位の増加率を誇っています。業績の好調さに連動し、多額のボーナスが支給されていることに要因があるようです。

     さらに3位の野村ホールディングス(1442.7万円)、4位の朝日放送(1404.9万円)、5位の三菱商事(1382.9万円)と続きます。大手証券会社や放送局、大手商社などは毎年上位にランクインするおなじみの顔ぶれです。
    http://diamond.jp/articles/-/131574?page=2
    関連記事


    1高低差速報
    ▼最上位
    千代田 港 中央 品川 文京

    ▼上位
    豊島 渋谷 目黒 新宿 大田 世田谷 江東

    ▼中位
    墨田 台東 北 中野 板橋 練馬 杉並

    ▼下位
    江戸川 荒川 足立 葛飾


    map
     
    関連記事


    1高低差速報
    1位東京大、2位東北大、3位京都大-。
    「世界大学ランキング」を発表している英教育専門誌のタイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は30日、
    ベネッセグループと協力し、日本版の大学ランキングを初めて発表した。

    研究力を重視する世界版に対し、日本版では学部の教育力を重くみたといい、
    上位20校のうち国立が15校を占める結果となった。

    日本版は、経常収入や教員数といった各大学のデータや、
    ベネッセが提供した合格者の学力情報、企業に聞いたイメージ調査などを基に、
    「教育リソース」「教育満足度」「教育成果」「国際性」の4分野に計11の指標項目を設けて、ポイント化した。

    http://mainichi.jp/articles/20170331/k00/00m/040/026000c
    http://www.sankei.com/economy/news/170330/prl1703300371-n1.html
    https://www.rbbtoday.com/article/2017/03/30/150476.html

    世界大学ランキング 日本版2017 【総合順位】






    関連記事


    1高低差速報
    SS 北海道、秋田、熊本
    S 青森、福島(会津)、新潟、福岡
    A+ 兵庫、石川、福井
    A- 岩手、福島(中通り)、鳥取、長崎、沖縄
    B+ 山形、京都、島根、佐賀、宮崎
    B- 神奈川、長野(長野市)、富山、滋賀、大阪、奈良
    C 埼玉、千葉、東京、岐阜、和歌山、岡山、鹿児島
    D 山梨、静岡、三重、香川、徳島、高知、広島
    E 福島(浜通り)、群馬、栃木、長野(松本市)、愛媛、山口、大分
    F 茨城、宮城
    G 愛知



    original
     
    関連記事


    1高低差速報
    http://news.livedoor.com/article/detail/12763088/

    【今一番ヤバい繁華街 WORST 5】

    ●1位 歌舞伎町
    近接する新宿五丁目が穴場のグルメスポットとして注目されるなど歌舞伎町への危機意識は急低下中だが、油断は禁物

    ●2位 小岩
    小岩駅の所在する江戸川区は、刑法犯の認知件数が23区の上位常連。自転車の盗難や車上荒らしなどの犯罪も目立つ

    ●3位 六本木
    キャバクラやクラブではオンナ絡みの小競り合いが頻発し、うかつに素人が遊びに行くと巻き込まれる可能性大

    ●4位 五反田
    小向美奈子がシ○ブの購入場所と明かすなど薬物系の取引・犯罪も多い。客引きの多さとウザさでは都内屈指

    ●5位 西川口
    週末夜は覆面パトカーが周辺を警戒。川口市は平成28年の犯罪認知件数が埼玉県1位で、前年比でも増加傾向にある





    六本木_夜遊び




    関連記事

     


    1高低差速報
    その時代の花形が見えてくるで

    いちおう
    ・1967年から5年飛びで文理それぞれ貼ってく
    ・年代が変わる毎にその10年間での1位の回数が多かった企業ランキングも貼る(60年代のみ5年分だけ)





    141122company_cluture-thumb-640x360-81611
     
    関連記事


    1高低差速報

    ◆驚異の6連覇を福山が達成

     今回で26回目を数えるSPA!の恒例企画「男が選ぶ[好きな男・嫌いな男]」。昨年5連覇を達成した福山雅治が、好きな男部門で堂々の6連覇を成し遂げた。

    「かっこいいが、それを鼻にかけない気さくな人柄が好き」(40歳・出版)、「自分を冷静に見ている感じがする」(47歳・メーカー)と、まさに死角なしの人気ぶり。

     一方、福山と同数で1位に輝いたイチローは昨年、メジャー通算3000本安打という偉業を達成。

    「ストイックに野球人生を送っているから」(37歳・無職)、「年齢を感じさせない活躍がすごい」(36歳・品質管理業)と、その求道的な姿勢に評価が集まった。そのほかには朝ドラでブレイクしたディーン・フジオカ、“二刀流”大谷翔平、“恋ダンス”で一世を風靡した星野源といったニューフェイスも。

    <好きな男ランキング>

    1位 福山雅治…71票(’15年1位)

    1位 イチロー…71票(’15年5位)

    3位 阿部 寛…37票(’15年3位)

    4位 松本人志…22票(’15年9位)

    5位 大谷翔平…19票(’15年圏外)

    6位 ディーン・フジオカ…15票(’15年圏外)

    7位 明石家さんま…12票(’15年6位)

    8位 タモリ…11票(’15年9位)

    8位 ビートたけし…11票(’15年4位)

    10位 星野 源…8票(’15年圏外)

    次点:錦織 圭、有吉弘行、黒田博樹、山田孝之、所ジョージ

    ◆嫌いな男1位には川谷が

     嫌いな男部門では、ベッキーとの不倫騒動などで世間を大いに騒がせたゲスの極み乙女。の川谷絵音が一同納得の1位に。「あまりにも自己中心的」(48歳・自由業)、「男から見ても最低」(46歳・研究開発員)と、いまだに相当な嫌われよう。

     また、自らの政治資金問題で都知事を辞任した舛添要一に対しても、「男らしくない」(44歳・会社役員)など手厳しい意見が寄せられた。そして、都知事選落選の鳥越俊太郎、ドナルド・トランプ大統領も圏外からランクイン。嫌いな男ランキングで毎回上位に食い込む政治家勢が、ご多分に漏れず結果を残した形となった。

    <嫌いな男ランキング>

    1位 川谷絵音…65票(’15年圏外)

    2位 舛添要一…38票(’15年圏外)

    3位 安倍晋三…21票(’15年2位)

    4位 坂上 忍…17票(’15年3位)

    5位 中田敦彦(オリエンタルラジオ)…16票(’15年圏外)

    5位 鳩山由紀夫…16票(’15年4位)

    5位 鳥越俊太郎…16票(’15年圏外)

    8位 りゅうちぇる…15票(’15年圏外)

    8位 木村拓哉…15票(’15年6位)

    10位 ドナルド・トランプ…11票(’15年圏外)

    次点:山本圭壱、松本人志、ASKA

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170301-01291745-sspa-soci

    関連記事

    このページのトップヘ