高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    ランチ


    1: 高低差速報
    引用記事:東洋経済 ONLINE 2018年05月06日
    https://toyokeizai.net/articles/-/219421

    【略】

     ところが、相手も商売です。当然、自分のところが儲からないような価格設定にはしていないはずです。
    例えば最もシンプルでわかりやすいのは「ドリンクバー」です。通常、ファミリーレストランなどでは
    ドリンクバーはだいたい200~300円ぐらいの価格ですが、原価はせいぜい5円~15円程度だと言われています。

     これで元を取ろうと思ったら20杯も30杯も飲まなければならないわけで、これはどう考えても無理です。
    ランチブッフェの場合は、これに加えていくら大食いの人がたくさん食べても絶対に元は取れない構造に
    なっているのです。

     そもそも飲食店のコスト構造は、固定費と変動費から成り立っています。店を開けたことで、
    お客さんが1人もこなくてもかかるのが固定費(家賃や光熱費等)、来た人数分に比例してかかるのが変動費
    (食材費等)です。したがってお客が1人も来なければ固定費分がまるまる赤字です。お客が1人来れば
    (1人当たりの料金-変動費)だけ赤字が減ります。したがってたくさん来れば来るほど、儲けは多くなります。


    buffet_baikingu

    関連記事


    1: 高低差速報

    Apple前CEO、スティーブ・ジョブズはやっぱり変わっている

    スティーブ・ジョブズの風変わりな食習慣は有名です。NBC Newsが紹介しているWalter Isaacson氏の伝記によれば、ジョブズはニンジンやリンゴなど、1種類か2種類の食べものだけを何週間も食べ続けることがあったそうです。また、ビーガン(完全菜食主義者)となることもありました。フルーツ、ナッツ、種、野菜、穀物だけを食べて、動物性食品は一切口にしなかったそうです。

    TeslaのCEO、イーロン・マスクのランチは5分だけ

    イーロン・マスクは2014年のAUTO BILDのインタビューで「ランチはたいていミーティング中に5分で済ます」と答えています。自分でも悪い習慣だと思うけどね、と苦笑いしていました。

    VOGUE編集長アナ・ウィンターは高タンパク主義

    『プラダを着た悪魔』に登場する鬼編集長のモデルとなったといわれているアナ・ウィンター氏。LDNfashionによれば、彼女は毎日高タンパクの食事を摂っているそうです。ランチはたいていステーキか、ハンバーガーのバンズ抜きだとか。また、雑誌「Harpers & Queen」時代の同僚によると、ウィンター氏はランチは食事抜きか、スクランブルエッグとスモークサーモンしか食べなかったそうです。

    引用記事:https://www.lifehacker.jp/2017/10/171010
    -what-do-sucessful-people-and-famous-ceo-eat-for-lunch.html


    jobs_musk



    関連記事



    このページのトップヘ