高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    三菱



    1: 高低差速報
     マイナス金利や人口減で国内の銀行業が厳しい中、メガバンクが事業見直しを進めている。最大手の三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は、三菱東京UFJ銀行の店舗の最大2割程度の削減を検討。みずほFGはIT化などで今後10年で1万9千人分の業務量を減らす。組織のスリム化で収益力を高める。

     三菱東京UFJ銀は約480店のうち1~2割の統廃合を検討する。今後具体案をまとめ、来年度から3年間で進める。また今後15年で店舗を中核店とその他の店に分ける。多くの店は「軽量化店舗」として人員を減らし、窓口業務を完全にデジタル化した無人店も増える見通しだ。ここ10年で来店者は4割減ってネットバンキングの利用が増えており、地域性を見極めながら店舗配置を見直す。IT化による業務見直しも進めて、国内従業員約3万人の3割にあたる9500人分の業務を削減する。

     みずほFGも店舗の統廃合や業務見直しを進める方針で、近く構造改革案として公表する。全国約800店の機能を見直し、20~30店の統廃合を検討。事業効率化で、今後10年で従業員6万人の3割にあたる1万9千人分の業務を減らす。希望退職の募集などはせず、退職数と採用数の調整で対応する。事務部門を効率化して営業部門に再配置する。みずほ銀行やみずほ信託銀行、みずほ証券の事務作業を別会社に移すことも検討する。三井住友銀行も効率化で、今後3年で4千人分の業務量を減らす。
    http://www.asahi.com/articles/ASKBX5JTFKBXULFA00G.html?iref=comtop_8_01


    140820_ufj_top


    関連記事


    1: 高低差速報
    神戸製鋼所

    9月21日トヨタやJRへ報告
    9月25日MUFJグループ、神戸製鋼株大量保有減←
    10月8日神戸製鋼所が偽装を発表
    10月10日株価ストップ安気配


    https://toushi.kankei.me/c/4433/d/S100BFF3
    20150519-00000008-wordleaf-07c546114d36fce2f114b4c081953a137





    関連記事


    1: 高低差速報
    三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅。多少でもビジネスに関係する日本人でこれら総合商社の名前を知らない人はほとんどいないはずだ。では、その仕事の実態はどれくらい知っているだろうか。

    ベテランのビジネスパーソンほど、実は商社の仕事の実態を知らなかったりする。それは商社各社が近年、大きく「稼ぎ方」を変えたからだ。その結果、総合商社の利益は大きく拡大した。なぜ彼らだけが「勝てた」のだろうか。

    三井物産に30年勤務し、『ふしぎな総合商社』を上梓した小林敬幸氏は、その秘密は商社業界が味わった「挫折」にこそあると言う。

    5社が「純利益1000億円クラブ」入り

    総合商社は、知られざる「ポストバブルの勝ち組」だ。五商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅)の連結純利益(税後利益)の平均をみると、1995年から2000年は赤字なのに、そこから2008年の約3000億円(1社1期当たり)まで右肩上がりで急成長する。それ以後、概ね数千億円の利益をだしており、これはバブル発生前と比べても10倍以上の規模だ。

    直近10年の1期当たり純利益平均が1000億円をこえる日本企業は、2017年時点で30社ある。この「1000億円クラブ」に、商社業界からは3年連続で5社が入っている。

    no title

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52956

    関連記事


    1: 高低差速報
    三菱UFJ、9500人分の仕事自動化 国内従業員の3割
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDC19H2B_Z10C17A9EE9000/

     三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長は19日、国内の事務作業の自動化やデジタル化で「9500人相当の労働量の削減を実現したい」と明らかにした。
     人数は三菱東京UFJ銀行の国内従業員の約30%に相当する規模だ。自動化を進める一方で、従業員をよりクリエーティブな仕事に振り向けるとし「全行レベルで生産性を高めたい」と語った。



    main_img

    関連記事


    1高低差速報
    ◆財閥グループの慣習

     昨年、燃費試験データの不正が発覚した三菱自動車だが、2000年にクレーム隠し問題が発覚した際には
    三菱グループの「御三家」と呼ばれる主力三社(三菱重工業・三菱商事・三菱東京UFJ銀行)が支援したことがある。

     このことからわかるように、旧財閥系といわれる三菱・三井・住友といった企業グループは財閥が解体されて
    半世紀以上が経過した今もなお、強い結束力を誇っているのだ。

     三菱グループには「金曜会」という組織が存在し、現在29社が加盟している。三井も「二木会」「月曜会」、
    住友も「白水会」などが存在しており、グループ内の親睦を深めているのだ。

    「新入社員研修で、住友財閥の礎となった新居浜の別子銅山を登りました」(40歳・女性・住友林業)、
    「入社時には当然三井住友銀行の口座を作らされました」(32歳・男性・三井物産)といったように、
    入社してから常に、グループの結束を意識させられる機会があるのだ。

     そのため、強制されるでもなく、「ビールはキリンだし、車は三菱自動車、コンビニはローソン、
    カメラを買うならニコン」(35歳・男性・三菱重工)になるという。

    「新入社員が他グループのビールしかない店を予約して怒られるみたいな話を聞きますが、実際はないです。
    内定の時点で『俺は三菱』というプライドが植えつけられるので、内定直後からキリン以外飲まなくなるんですよ」(同)

     旧財閥系企業の結束力はこうして育まれているようである。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13082625/


    0290feb1


    関連記事


    このページのトップヘ