高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    中国




    1高低差速報


    ■中国人客は激減したが・・・

     元谷代表によれば、アパはそもそも団体客の予約をほとんど受けておらず、外国人は総宿泊者数の20%程度、中国人は5%ほど。「大陸からの予約は激減したが香港や台湾からの顧客が増えている」という。

     「雨後の竹の子のように、アパホテルが増えた」――と全国紙に表されるほど、都内にアパホテルが急増している。リーマンショック後の不動産価格の下落や低金利を追い風に、アパグループが首都圏への開業攻勢「サミット5」を始めたのは2010年のこと。東京都心部の直営ホテル数は、2010年以前の6ホテルから、現在41ホテルにまで拡大。さらに2020年までに24ホテルの開業を予定している。

     拡大のスピードののみならず、業績も好調だ。これまでほとんど業績を明らかにしてこなかった同社が2月17日、唐突に2016年11月期決算を公表した。

     売上高1105億円(前期比21.4%増)、営業利益は371億円(同16.1%増)。中核のホテル事業に限っても、売上高787億円、営業利益は305億円だった。これは同業の東横インやシティホテルの帝国ホテル、国内最大手のプリンスホテルグループを上回り、圧倒的な水準だ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170307-00161592-toyo-bus_all




    apa_a01
     
    関連記事


    1高低差速報
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49271

    「1番の理由はAIを学習させるデータをもっていないことです。現在のAIはディープラーニングと呼ばれる機械学習技術の進化によって、画像や音声の認識率が格段に上がりました。ただ、学習には大量のデータが必要不可欠。日本企業は膨大なデータを収集できるビジネスモデルがなく、学習データがありません」(中島氏)
    米国では、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)と呼ばれる4大IT企業が、世界中のユーザーがスマホやパソコンなどのインターネット上で入力するテキストデータや、音声や映像などの膨大なバーチャルデータを収集し、画像認識や音声認識などのAI開発に役立てている。
    中国では国主導で大量のデータを確保している。たとえば、中国の国家公務員に採用されるためには標準的な中国語を話せることが必須のため、年間100万人以上がスピーキング試験を受験している。中国政府はその音声データを収集できるのだ。
    「日本には大量にデータが集められるような仕組みがほとんどありません。それどころか、個人情報保護の観点から企業が持っているデータの利活用が厳しく制限されています」(中島氏)
    実際にJR東日本がICカード乗車券「Suica」の乗降履歴を日立製作所に販売したところ、個人情報保護法に違反する可能性があるとユーザーからの指摘があり、販売中止にまで追い込まれた。個人情報が漏れているわけではなかったが、ユーザーから許諾が取れていないデータを使用することはできなかったという。
    そのほかにも大量のデータをディープラーニングで学習させるには大規模なサーバ設備や、高性能の計算機、大量の人材が必要になる。そのため、資金力に余裕があるグーグルなどの米国企業がどうしても強い。

    このように現状のAI開発事業は、大量のデータと資金力(大規模なサーバや計算機)を所持している企業や国が優位なパワーゲームと化している。日本がアメリカや中国と同じ土俵で勝負するのは無謀といっても過言ではない。
    しかし、総務省は「日本の研究機関や民間企業には、日本語の自然言語処理技術、日本語の文献や類義語辞典などを大量に保有しているため、日本語に関しては海外企業にはない強みを持っているのではないか」と語る。
    さらに総務省は「国立研究開発法人『情報通信研究機構(NICT)』が開発した世界最高峰の音声認識、日本語の自然言語処理技術を技術移転し、NTTドコモやトヨタ自動車などの民間企業にも活用してもらうことで、高性能な日本語音声認識機能を持つAI開発を促していく方針」だという。とはいえ、悠長に開発している時間もあまりない。
    「アマゾンエコーなどの海外製品が日本のプラットフォームになれば、膨大な日本語のデータが海外企業に収集されることになります。そうなると日本製品は土俵にも上がれなくなる」


    ai
     
    関連記事


    1高低差速報
    http://iphone-mania.jp/news-154967/

    米メディアFast Companyが2008年から毎年評価、発表している「世界で最もイノベーティブな企業」ランキング上位50社で、
    今年はAppleが4位となったことがわかりました。
    昨年は7位。再びトップに返り咲くか

    Fast Companyは、Appleにはクリエイティビティが深く根付いているとし、競合するスマートフォンやタブレットメーカーの
    ほとんどが同じチップを購入しているのに対し、Appleが独自のチップを設計していることを指摘しました。

    また人工知能(AI)への取り組みや、Apple Music、Apple TVによるエンターテインメント分野への事業拡張、そしてCareKitによる医療分野への取り組みも評価しています。


    そして今年のランキング上位10社は以下のようになっています。

    Amazon
    Google
    Uber
    Apple
    Snap
    Facebook
    Netflix
    Twilio(クラウド通信企業)
    Chobani(ギリシャヨーグルト)
    Spotify

    11位から20位にひしめく中国企業

    11位から20位までを見ると、11位Alibaba、12位Tencent、13位Xiaomi、14位BBK Electronics、15位Huawei、16位Dalian Wandaと、中国勢が大半を占めています。

    残念ながら日本企業は50位以内に1社もランク入りしていないようです。




    kouteisasokuhou
     
    関連記事


    このページのトップヘ