高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    中国人



    1: 高低差速報
    中国人の眼に映る今の日本は「20世紀」のままだった…
    過去の栄光にしがみついてる場合じゃない

    けやきの樹々がキラキラと万緑の葉をなびかせる東京六本木・けやき坂通りのフレンチ・カフェ。私はそこで、5年ぶりに北京人のAさん(32歳)と再会した。

    私は2009年から2012年まで講談社北京に勤務していたが、彼女は私がその時に採用した中国人社員の一人だった。当時、彼女は東京の名門大学の大学院を出たばかりで、大変優秀な社員だった。

    私が帰任してまもなく、彼女は講談社北京を辞め、北京のIT企業に転職して成功した。
    結婚してマンションも買ったが、このたび日本の大手IT企業に中国事業の統括者候補としてヘッドハンティングされた。そこで意を決して、中国人の夫と共に東京に住むことにしたのだという。

    いまや高級スーツに身をかためた「六本木ヒルズ族」となった私のかつての部下は、開口一番、こう言った。

    「私が東京へ来て最初に買ったものは何だと思います? これですよ」

    そう言って彼女は、可愛らしい柄の財布を、ポンとテーブルに置いた。

    「中国ではもう数年前から、キャッシュレス社会になっています。スーパー、コンビニ、タクシー、レストランから屋台に至るまで、すべてスマホ決済です。
    カバンの中には一応、10元札(約160円)を一枚だけ入れていましたが、それは万が一スマホをどこかに置き忘れたときのためです。

    私は現金を使うなんて、20世紀の映画かドラマの世界のことと思っていました。だから北京から東京に引っ越したら、まるで21世紀の世界から20世紀の世界に舞い戻ったような気分になったんです」

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52000



    china

    関連記事


    1高低差速報
    http://www.cyzo.com/2017/01/post_30985_entry.html

     2020年の東京五輪開催により、さらなる発展が期待される湾岸エリア。その中心地、豊洲にそびえる高層マンションの33階、
    約70平米の部屋からは、窓越しに東京タワーとスカイツリーの両方が見渡せる。
     西田由香里さん(仮名・39歳)は、この部屋に夫と小学生の息子と3人で暮らす。
     いわゆる「勝ち組」を絵に描いたような湾岸エリアのタワマン生活は、さぞかし優雅なものだろうと思いきや、その実態は「カツカツ」という言葉がふさわしい。
    「子どもが小学校に行っている間は、スーパーでパートをしています。同じマンションの住人に見られたくないので、
    電車で30分ほど離れた場所で。食費も、月5万円にまで切り詰めています」 【続きはサイトで】



    6cde904503b0040c154b539f10c10a7b23f2a16d




    関連記事

     

    このページのトップヘ