高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    予備校


    1: 高低差速報
    代ゼミ講師時代には授業中に日本刀を持つパフォーマンスをした「金ピカ先生」こと佐藤忠志
    no title

    ■ひきこもり生活の今

     あの金ピカ先生はほとんど引きこもりの孤独な余生を送っていた。1980年代に予備校のカリスマ人気講師として君臨、高価な宝飾品を身にまとい、独特な風貌でタレントとしても活躍した佐藤忠志さん(67)。1年半ほど前に、長年連れ添った愛妻が夫婦喧嘩で家を飛び出し、今は「やりたいこともないし、やることもない。生きる屍(しかばね)です」。それでもこれまでの人生を「バラ色」と振り返った。

     コワモテの風貌とは対照的に人懐っこい笑顔で親しまれた金ピカ先生。目ヂカラがしかし、失われているようにも見えた。

     「最近ですか? 隠居です。朝からビール飲んでますよ。朝昼晩。飲みたいもの飲んで。いつタヒんでもいいんですから。だって、やりたいこともないし、やることもないんだから。生きる屍(しかばね)ですよ。人生、大満足しているから、いいんです。未練ないです。引きこもり生活? そうですよ。政治? まったくです。関心ないです。そんな元気ないです」

     2001年に小泉政権の自民党公認で出馬。落選したが、それまでも政界から何度となくオファーを受けるほど知名度と人気は抜群だった。1980年代に代々木ゼミナールを手始めに東進ハイスクールなど予備校のカリスマ講師として君臨。「いつやるの? 今でしょ」の林修先生のようなタレント講師の走りだった。
    .
    生前の三船敏郎さんには「かわいがってもらいました」
    no title


    ■カリスマ予備校講師の収入は

     当時の年収は。

     「2億。他に参考書の印税だけで1000万。(講義料は)90分で200万。それが何コマもあるから、1か月で1000万超えましたよ。2000万近かったんじゃないですか。(昭和)30年代の(石原)裕次郎さん、三船(敏郎)さんクラス(のギャラ)です。三船さんも随分と可愛がってくれましたよ」

     当時の代ゼミ人気のなかでも金ピカ先生の存在はズバ抜けていた。講座を取るために徹夜の行列が出来たほどだった。

     「でしょ。だって、500人(の講座)が2時間(で締め切り)でしたもん。私は人気講師だったから」

     教壇で日本刀をかざすパフォーマンスも人気だった。今では完全にアウトだろう。

     「正月の講演の時に竹、ズバッとやりました。大歓声でした」

     当時の代ゼミ講師は「5者」でないといけなかったという。

     「易者、芸者、医者、あと2つ、なんでしたっけ。…役者、学者ね」

     受験生の未来を占い、導き、受験生をもてなして引きつけ、時にはメンタルにも気を配り、知識をたたき込むためのパフォーマンスが求められた。金ピカ先生は、話術だけでなく、独特な風貌でも人気を集めた。

     当時、代ゼミの講師用の駐車場は高級外車だらけだった、とも聞く。

     「それは嘘ですよ(苦笑い)。ただ、横浜校の駐車場は私のリンカーンが止まれるスペースを作ってくれました。(代ゼミが)こんな凋落するとはだれも思ってなかったでしょう。だからあの頃の私と同じ年齢の先生たちは、今、生活大変でしょうね。かわいそうに。大船校も撤退して、行ったら、道路まで変わっちゃって。あの頃は、大船校の商店街で、私の講座の生徒がすげえもんだから苦情がきたんですよ。ところが私が横浜校に行っちゃったら、あの頃が懐かしい、また大船に戻ってきてくれって。商売なんないって言ってました」

    ■妻の反対押し切り1億円の愛車購入

    no title


     タレント予備校講師は金ピカ先生がまさに先駆者。その後の道を切り開いた。

     「そうですね。だけど、林先生はギャラ、安いんじゃないですか。(当時の)私は、ホテルは一番いいスイートでしたし、移動はハイヤーでしたし、新幹線はグリーンはもちろん、飛行機はファーストクラス。ねー、いい時代でした」

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00010001-spht-ent&p=1


    関連記事


    1: 高低差速報
    実は「字が汚い人」ほど頭がいいってホント?美文字の秀才と、悪筆の天才

    「いわゆる悪筆で、もじょもじょと謎の線を書きつける天才タイプは、溢れるアイデアに手や言葉が追いついていかない傾向がある。
    そもそもノート自体が、のちに人が見るための記録ではなく紙上で書きながらリアルタイムに思考するためのツール。
    つまり勉強は他人のためでなく、あくまでも自分のため。考えること自体が楽しいという脳の持ち主で、その延長上で勉強ができてしまう」。

    そして、確かに字が綺麗なほうが採点者(私)の印象はいいのだけれど、本質的な勉強のできるできないに字の綺麗さは全く関係ない、
    さらに言うなら「こんな考え方もあったのか!」と採点者が驚かされるような冴えた輝きを見せる生徒の字は大抵ヘタクソというのも、発見でした。http://ddnavi.com/news/318047/a/

    intro




    関連記事


    1高低差速報
    18日放送の「グサっとアカデミア」(日本テレビ系)で、林修氏が、「頑張ってる」アピールを一刀両断した。

    番組では、林氏、中山秀征、フリーアナウンサーの神田愛花らが文京区根津の寿司店「鮨 かじわら」を訪れ、トークを繰り広げていた。

    その中で、神田が林氏に対し、「いろいろな意味で、一割増しな女性にみられたい」「もっとできる女にみられたい」と相談を持ちかけた。神田はこの目標を達成するべく、毎日3~4時間ほどを新聞やニュースをチェックする時間に当てているそうだ。

    だが林氏は「それがもう、根本的に『できない人』の発想ですから」と、神田の考えを一蹴。林氏は、自身が多くの受験生に接してきた経験から「『僕こんなに頑張ってるんです!』っていう生徒で、本当に頑張っている生徒をあんまり見たことない」と、その言動も切って捨てたのだ。

    林氏のストレートな物言いに対し、神田は堪えたような顔をみせ、他の出演者からも「グサッとくる!」「ウソでしょ!」という声が飛んでいた。
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13083784/





    images
    関連記事


    1高低差速報
    2日放送の「林先生が驚く 初耳学 2時間SP」(TBS系)で、林修氏の元教え子が登場し、予備校授業での毒舌ぶりを暴露する場面があった。

    番組では、世界でもっとも権威のあるミスコンとしてミス・ユニバースを取り上げた。
    VTRの中で、ミス・ユニバース・ジャパン東京大会ファイナリストで、ビューティーキャンプ賞を受賞した庄司圭織さんは、高校時代に林氏の授業を受けていたことが紹介される。

    VTR後、林氏の元教え子である庄司さんが、スタジオの観覧席にいることが明かされ、林氏と久しぶりの対面を果たした。
    庄司さんを前に林氏は「こんなに美しく変わった生徒は過去にいない」と大絶賛。

    すると、千原ジュニアが庄司さんに「テレビに出てる林修先生と普段の先生は違う?」という質問をぶつけた。
    庄司さんは「普段のほうがもうちょっと毒吐きますよね」と、林氏の顔を見ながら話す。
    そして、
    どんな毒舌かを聞かれた庄司さんは「東大以外は大学じゃない(とか)」と暴露。
    ほかの出演者が大ウケする中、林氏は「やめなさ~い!」「絶対カットで!」と、庄司さんの発言を遮るようにツッコミを入れた。

    林氏は「(庄司さんが)東大特進コースというところに通ってたので、東大に行きたいというモチベーションをあげるために、口八丁ですよ!」と釈明。
    庄司さんも東大には落ち、早稲田大学の政治経済学部に入ることとなったが、結果として林氏からは
    「大学はひとつの肩書きだから、もう1年(浪人生として)がんばる間に、自分の好きなことでがんばりなさい」と、
    浪人せずに進学するようアドバイスを受けたことを明かしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12886779/ 



    20130608_hayashiosamu_08




    関連記事

     



    1高低差速報
    金持ちなら塾も予備校もいい進学校にも、私立中高にも行ける

    貧乏人は不利過ぎやろこんなん
    そら格差の家庭につながるわ
    子どもの貧困どうにかしろや
    日本の子どもの六人に一人が貧困とかおかしい




    6d44e371b97917982900780512a12e05
     
    関連記事


    1高低差速報
    BEST TIMES 1/20(金) 18:06配信

    「仕事をするうえで学歴は関係ない」という意見がある一方で、
    「それでもやっぱり学歴があるに越したことはない」という考え方もあります。
    自身が東大卒であることでも有名な林先生は、学歴についてどう考えて
    いるのでしょうか。

     結論から言うと、学歴は関係ないですね。テレビ局のスタッフなど、
    いろいろな方とこの話はしてきましたが、実社会においては、
    学歴の高い低いに関わらず、仕事ができる人はできるし、できない人はできない。
    『学力の経済学』の著者、中室牧子さんも「官僚以外に差は出ない」と
    おっしゃっています。

     こんな話があります。僕の教え子2人の例なんですが、彼らはたまたま
    ある商社の同じ職場にいて、その上司も偶然、僕の知り合いでした。
    1人は現役で東大に受かり、もう1人は東大に2、3点足りずに落ちて早大に
    行ったんですが、知り合いである上司に「どっちが仕事できる?」と
    聞いたところ、間髪入れずに「早稲田」という答えが返ってきました。
     その東大出の教え子には、早くも「勉強はできたかもしれないが、
    使えない東大出」というレッテルをすでに張られているような印象を受けました。
    この先の人生は長いんですから、何とか巻き返してほしいんですがねえ。

     たとえば、東大と早稲田大学を比較すると、東大のトップの学生と
    早大の学生の間には、学力という点では相当な差がある。ただ、東大の
    下のほうの学生と、早大の上位の生徒には、さほどの差はありません。
    (だから、僕は浪人反対論なんですよ。若い貴重な一年を、ただ受験勉強のために
    費やしても、将来的に得られるものは大きいとは思えません。一生懸命頑張ったという
    事実にこそ、意味があるんですから。)

     結局、受験勉強のやり方の差も大きいんだと思います。言われたことを素直に聞いて、
    点の取り方だけ覚えてよい大学に入っても、自分の頭で考える力が低ければ、
    社会に出て苦労する。自分でいろいろ工夫しながら、その結果大した大学に
    行けなくても、その際の工夫が社会に出て生きるんです。
     このコラムにも何度も登場する、僕の(極悪)マネージャーは
    法政大学卒なんですが、実に仕事ができます。そんな彼の口癖は、
    「妙なプライドがないから、社会に出たらうちの大学とかのほうがいいんですよ」と。
    一理ありますよね。

     そもそも勉強が苦手なら、嫌いなら、大学に行かなくてもいいと、
    思っています。絵が上手いとか、料理が上手いとか、他人より秀でている部分で
    勝負できる土俵を探すほうが大切ではありませんか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170120-00004288-besttimes-ent



    関連記事


    このページのトップヘ