高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    人事



    1: 高低差速報
    多くの企業が選考を開始した6月1日からおよそ1カ月。ドキドキの毎日を送る就活生の中には、外国人留学生もいます。新卒一括採用、エントリーシート、服装…何かとルールが多い日本の就活に戸惑う留学生も少なくないようです。そんなYOUたちに、日本の就活でヘンだと思うところを聞いてみると、日本人も共感できるところが…。

    ASEANのYOUたち
     6月のある日、高田馬場の貸会議室でASEAN(東南アジア諸国連合)出身の留学生向けの就活セミナーが行われました。

     就活セミナーを受講した、まさに就職活動中のベトナム出身の学生3人と、就職活動を終えたタイ・ベトナム出身の2人の学生・社会人から、日本の就活で「ヘンだな」と思うところを教えてもらいました。

    自己アピールが盛りすぎでヘン
    自分を企業に売り込むための自己PR。グループ面接で「リーダーシップの経験を教えてください」と聞かれたけれど、リーダーの役割を果たしていた人ばかりではないはず。

    それでも他の日本人は得意げに答えていて「本当にそうなのかな」と疑問に思ったそうです。

    留学生がそう思ったのは、日本の学校の先生の言葉でした。

    素直な気持ちでエントリーシートに記入し、学校のキャリア相談の先生に確認してもらったところ、「あなたはそう思ったかもしれないけど、面接ではマイナスかもしれない」と、もっと内容を変えて強くアピールするようにアドバイスされたといいます。

    「ウソをつくことが前提みたい」と困惑していました。

    どんな会社でも同じ質問でヘン
    専門的な知識を必要とする職業を除いて、さまざまな部門をローテーションする「総合職」の働き方や採用についても意見が。

    「母国では就職したときの部門や仕事内容がわかっている状態で申し込む。だから面接も仕事内容に即した内容が多い」といいます。

    「どんな業種の企業でも、自己PR、学生時代頑張ったこと…全く同じ質問ばかり聞かれる」と不思議に感じたそうです。

    短所まで聞かれるのがヘン
    日本の企業では新卒採用には現在の能力だけではなく、成長の可能性があるかを見られるといいます。その中でいかに自分の短所を知り、どう向き合い改善しているか、という姿勢も問われる場合があります。

    これに対しては、「仕事には関係ないのに、どうしてそんなことまで毎回聞かれるのかわからない」と話します。

    更には「本当に自分が短所だと思っているところを素直には話したら落ちそう」と正直な気持ちも明かしました。

    エントリーシートが手書きでヘン
    履歴書のほかに、日本では企業が用意した質問に答えるエントリーシートを提出することが多いです。一方でタイやベトナムでは学歴や職歴を記入する履歴書のみ。

    またエントリーシートは電子データではなく、手書きを求められることも驚いたそうです。

    学校のキャリアサポートの先生から「手書きの方が印象がいい」と言われて挑戦したが、日本語で書くには一苦労。

    少しでも間違えると全部書き直しで、「とても疲れるので電子データにしてほしい」といいます。

    スーツや髪形がみんな同じでヘン
    日本では近年黒い無地のスーツを着用する就活生がほとんどです。また髪形も黒髪で、男性は短く、髪の長い女性はポニーテールがスタンダードになっています。

    一方でタイやベトナムでは特に服装は決まっていないそう。

    最初見たとき、「みんな同じ格好でロボットみたい」と思ったそうです。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170705-00000002-withnews-bus_all&p=1

    syukatsu_group_mensetsu




    関連記事


    1高低差速報
    上司の誘いを断ると、人事評価や昇進・昇格に影響するのか。医療機器メーカーの人事部長は「もう出世に影響を与えることはない」と話すが、大手銀行の人事担当者は「飲み会参加は鉄則」と語る――。

    医療機器メーカーの人事部長はこう語る。

    「かつては上司に誘われれば忠犬のようにつきあうことで上司の覚えがめでたくなり、“情実人事”で課長になる人もいました。でも今ではライン課長になれるのは3割、しかも仕事の成果を出さなければ無理です。飲みにつきあって心証をよくしても出世できる時代ではない。また、最近は女性社員を含めて子育てなどで終業後の時間が制約される社員も増えていますし、参加する、しないで評価が出世に影響を与えることはなくなっています」

    よって現在は飲み会を断っても特に問題はないという雰囲気があるようだが、社風や業種、所属部門などが変われば、飲み会の重要性が増すケースもある。

    ▼「部下の人事評価は、当然、酒席での観察を含む」
    ある大手銀行の人事担当者は、部署での飲み会参加は「鉄則だ」と語る。

    「部・課長から誘われたらよほどの事情がない限り、昔も今も参加は必須です。参加しないと部長から『彼はどうしたのかね』と必ず聞かれますし、一種の“おつとめ”みたいなものです。日頃部下と話す機会のない上役にとっては情報収集の場でもあり、酒の席での話題には目を光らせています。部下の発言や態度はけっこうチェックしていますし、人事評価には業績評価以外に行動評価がありますが、酒席での観察も入っているのは間違いないでしょう」

    世間では飲み会への参加強要はパワーハラスメントではないかとの意見もあるが、大手銀行では「飲み会=仕事」というのが暗黙の了解のようだ。

    そつがなくバランス感覚の優れた人が昇進する銀行では減点評価が主流。ふだんの仕事内容は当然のことながら、酒席も一切気を抜けない。無論、飲み会拒否はマイナス評価でしかないのだ。
    http://president.jp/articles/-/22052



    img_4ebc66a49e188d8b063cd5ba71186e12689551
    関連記事




    1高低差速報
    見込みない奴に「いいね~」って言って落としたり、
    取る予定のやつに暴言吐いて泣かせた後に「でも見込みあるから」って内定伝えると、異常に俺に感謝しだすwww

    最高w




    150811_human_resource-thumb-640x360-89260
     
    関連記事


    1高低差速報


    ■ボランティアや留学体験をどや顔で話すのは自爆行為
    まず、大前提として、留学やボランティアは、悪いことではありません。
    それ自体は、貴重な経験ですし、身につけられることもたくさんあり、若い人にはぜひチャレンジしてもらいたいと思っています。
    しかし、留学やボランティアの経験は、企業に求められているものと微妙に異なるという問題があります。
    面接官が一番知りたいことは「この人が自分の会社に入ってどのように活躍してくれるか?」ということです。
    そして、その活躍が求められる舞台はビジネス、つまり「お客さんにサービスを提供してお金をもらう」ことです。
    留学は、お金を払って、サービスを受けることです。

    一方的に喜んでもらうことと、相手に対価を払ってもらった上で喜んでもらうのは大きな違いがあるわけです。

    ■相手からお金をもらえる人材、それがビジネスで役に立つ人材
    ビジネスは、売れないと分かってからが勝負です。
    こちらが頑張っても、相手の満足に達していなければお金はもらえないことは多いです。
    そこであきらめずに、頑張るだけではなく、考え、行動し、改善し、目標に到達するところがビジネスなのです。
    そして、就活の面接官が知りたいことは「あなたがビジネスの場で戦力になるか」なのです。
    ボランティアも留学も、非常に価値がある体験です。しかし、それをそのまま「ビジネス」の力を試される場である就職活動に持ち込むのは効果的ではありません。
    就活に臨む人は「お客さんからお金をもらう」ビジネス体験を積んでおくことをおすすめします。http://bylines.news.yahoo.co.jp/morizo/20170102-00066164/




    E1436931715522_9b05_2
     
    関連記事

    このページのトップヘ