高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    人口


    1: 高低差速報
    地方創生は、人口減少を阻止するための事業だ。それが初手からないがしろにされている。

    だがその中間点を過ぎたいまこそ、事業のあり方を見直し、まずはその原点に返って、私たちはいかにして人口減少を止められるのか、真剣に考えるきっかけを作らなければならない。

    そのきっかけこそ、地方創生をはじめる際に各自治体で策定した「人口ビジョン」にある。

    人口ビジョンは、政府が自治体に総合戦略とあわせて策定を求めたものだ。将来人口の見通しを示せ、それにあわせて戦略を立てていく。そういう建て付けであった。

    「人口下げ止まり」をめぐる難題
    人口ビジョンが果たすべき役割は次の二点にある。

    まず第一に、減少していく人口が下げ止まる場所を見つけること。そしてその下げ止まりを何が何でも必ず実現することだ。

    第二に、人口下げ止まりが実現するにしても、逆に言えばそこまでは必然的に人口は縮小するのだから、その最終形にあった行政の形(インフラ、サービスなど)にあわせて社会を縮小する準備をしていくこと。

    しばしば自治体では後者の方に焦点をあてて人口減少を考えがちだが(そして前編で述べた基本目標4もこれにあたる)、実は前者が重要なのである。

    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55580



    c0117762_7193163



    関連記事


    1: 高低差速報
    シンガポールのリー・クアン・ユー元首相は、著書『One man‘s view of the world』のなかで、
    深刻な高齢化社会を長年解決できずにいる日本の将来を悲観し、
    「私がもし日本の若者だったら、他国へ移民する」との見解を示した。

    リー氏は、人口の減少は必然的に経済規模の縮小を伴うため、人口とその構造は
    国の運命を決める決定的に重要な問題だとしたうえで、日本の高齢化問題は極めて深刻だと指摘。
    日本の出生率はいまや1.39人。人口交替率(総人口の維持に必要な 出生率)である2.1よりはるかに低い。

    そして最後に、「日本は、平凡な、『その他多くの国の一つ』になろうとしている。
    もし私が日本人の若者だったら、おそらく他の国に移民するだろう。日本にいては未来が見えないから」と締めくくった。


    9b69b820


    関連記事




    1高低差速報
    団地はもとより高級マンションもガラガラ。下水道、道路は壊れたまま。所得税だけで50%。
    救急車、パトカーを呼んでもすぐ来ない。年金は78歳から スナック、バー、レストランは半分潰れる。大学と予備校も次々潰れる。
    多くの先生が職を失うーー。

    ■街がまるごとタヒんでいく
    「大御所」徳川家康が天下統一後の晩年を過ごし、かつては日本で指折りの大都市だった静岡市。この古都が「人口激減」の衝撃に揺れている。

    「市の人口は、ピークの時期には74万人近くいましたが、ここ20年は減り続けていて、今年4月の統計でついに70万人を割り込みました」

    全国に20ある政令指定都市の中で、静岡市では最も急激に人口が減っている。
    危機感を募らせた市は、「人口減少対策推進本部」という専門の部署を設けた。解説するのは、同対策本部に籍を置く市の職員だ。

    「目標は『2025年に人口70万人を維持』ですが、このままでは厳しい。静岡は東西へのアクセスがいい街です。
    これは善し悪しで、東京にも名古屋にもすぐ行けるぶん、出て行く人も多い。
    やはり若者は、進学や就職を機に、生まれ育った街を離れてしまうんです」

    国立社会保障・人口問題研究所のまとめた予測によると、静岡市の人口は、2040年には現在の約70万人から2割も減って、56万人弱となる。
    現状維持どころか、静岡市は、政令指定都市の称号さえ、「剥奪」という憂き目に遭いかねない――。
    http://news.livedoor.com/article/detail/13155332/




    20170412-06290779


    関連記事



    1高低差速報
    https://www.businessinsider.jp/post-1343

    経済学者が「人口時限爆弾」と呼ぶ問題に日本は直面している。
    低出生率、低消費が長引き、日本経済は過去25年で徐々に縮小してきた。
    長生きする高齢者が多く、その高齢者を支える社会保障費は子どもを持たない若い世代にのしかかる。この仕組みが悪循環を生み出している。



    f0148098_10464799

    関連記事

    このページのトップヘ