高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    人工知能


    1高低差速報

    今にして振り返ってみても激動の2016年ではあったが、国際情勢が混迷を深める一方でドローンやVR&AR、人工知能などの最先端技術の動向も何かと賑やかな年であった。
    その中でも、世界トップクラスの囲碁棋士に圧倒的勝利を収めた囲碁AI「AlphaGO」の偉業が世界に大きな衝撃を与えたことは記憶に新しい。
    この直前まで、AIが人間のプロ囲碁棋士に勝つようになるには、あとまだ10年はかかるといわれていたのだ。
    この「AlphaGO」を開発したDeepMindの親会社であるGoogle(正確にはGoogleの親会社のAlphabet)をラリー・ペイジと共に創設したセルゲイ・ブリンだけに、誰もがその発言に注目したのだが、
    その内容は一瞬言葉を失うものであった。

    AIがここまで急激に進化することに「注意を払っていなかった」と、自分の認識の甘さを素直に認めたのだ。
    そしてAIが今後どのような方向に進化していくのかについて、まったく見当がつかないことも表明している。

    http://tocana.jp/2017/02/post_12245_entry.html





    054_main

     


    1高低差速報
    シリコンバレーのIT大富豪たちが世界の終わりに備えて、地下施設と兵器、弾薬、バイクを買い漁っている。英紙インデペンデントが報じた。

    LinkedInの共同解説者、リード・ホフマン氏は、少なくとも米カリフォルニア州の半数の富豪は積極的に黙示録に備えていると確信している。

    ホフマン氏は「私にはバイク数台、大量の兵器と弾薬がある。食料品は、家に一定期間こもるには十分だと考える」とかたった。

    フェイスブックの元プロダクトマネージャー、アントニオ・ガルシア・マルティネス氏は、太平洋の島の土地の一分を購入し、家を建てた。氏は家に発電機と太陽光バッテリー数個を搭載し、また、兵器を購入した。

    同紙は、最も有名なIT専門家が誰よりも人工知能を恐れている可能性があると指摘。将来的に「スマート」機器は多くの雇用を代替し、人類に対する反乱を引き起こす可能性がある。



    https://jp.sputniknews.com/entertainment/201701263275936/
    関連記事


    1高低差速報
    人工知能(AI)技術が社会に普及すると、日本の国内総生産(GDP)が
    平成42年に50兆円増える一方で、雇用者数は240万人減るとの
    試算を三菱総合研究所がまとめた。

    人間に代わって機械が工場での作業や一般事務をこなすようになるのが原因。

    *+*+ 産経ニュース +*+*
    http://www.sankei.com/life/news/170110/lif1701100005-n1.html 




    ai2

    関連記事


    1高低差速報
    http://wired.jp/2016/12/26/federal-report-ai/

    米オバマ政権は12月20日(米国時間)、人工知能(AI)に関する報告書(PDFファイル)を発表した。
    オバマ大統領の科学及び経済のアドヴァイザーたちが、労働環境の自動化が米国の労働市場や経済に及ぼす影響を明らかにしたものだ。

    過去数十年の間でも、電話交換手やオフィスでの文書整理係、旅行代理店の店員、
    組み立てラインの作業員といった職がオートメーション化によってすでに失われたと言われており、
    いまはタクシーやUberの運転手のような職業が危機にさらされている。トラック業界は今後10年以内に
    オートメーション化へとシフトするだろう(米国内では380万人が運転関係の仕事をしている)。
    ファストフードチェーン(日本語版記事)でも、キオスクや自動注文システムの実験を進めているところがある。

    この報告書は、オートメーション化普及率を予測するにあたって、二つの異なる試算を引用している。
    まず、経済協力開発機構(OECD)の研究者は楽観的な見方をしていて、仕事に関連するいくつかの
    タスクが自動化され、多くの仕事の内容が変化はするだろうが、完全になくなることはないと考えている。
    今後10~20年の間で存亡の危機にさらされる仕事は全体の9パーセントに過ぎないと彼らは見積もっている。

    しかし、オックスフォード大学のカール・ベネディクト・フレイやマイケル・A・オズボーンによる別の分析(PDFファイル)によると、
    AIの専門家たちに対してオートメーション化によってなくなりそうな仕事を分類するよう依頼したところ、
    米国内の仕事の47パーセントが危機に瀕すると判明したという。

    この研究によると、「時給が20ドル以下の仕事」の83パーセントはAIが優勢になるが、
    「時給40ドル以上の仕事」ではその割合は4パーセントとされている。
    研究者たちが答えられない重要な質問がある。それは、オートメーション化による失業を、
    雇用拡大が吸収できるのかという点だ。米国では以前から、事業の規模縮小や閉鎖によって、
    各四半期に仕事の6パーセントがなくなってきたが、別の分野の雇用拡大でそれを相殺してきた。
    今回の報告書は、オートメーション化に伴う失業の波を予測するなかで、新たな労働者の教育と準備、
    失業者支援、増大する所得格差を緩和する方策などの戦略を支持している。





     510294_6915e3420add4c66b855d13cf0baeafe-mv2
    関連記事


    このページのトップヘ