高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    人工知能

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報

    ogp_3bf7b30717301fbbc591af3f04ceab9cda2b0163


    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000086927.html
    (テレビ朝日)

    プロ棋士の羽生善治氏は、人工知能を使った将棋ソフトの時代には
    自らが取り組んできた江戸時代の古典を解いていく練習方法は役に立たないという認識を示しました。
    羽生善治氏:「(Q.人工知能を意識し始めたのはいつごろから?)将棋のソフトが強くなってきたり、
    ここ数年のブームの流れが大きいと思っています」

    羽生氏は2日、NEC主催のフォーラムに出席しました。

    羽生氏は、グーグルが開発した囲碁ソフトが韓国のプロ棋士に勝つなど人工知能が人間に勝利するなか、
    これからの若い世代は人工知能を使ったトレーニングが必要だという考えを示しました。

    羽生善治氏:
    「練習方法が変わってくることは間違いない。私自身が10代の時にやっていたトレーニングというのは、
    江戸時代に作られた昔の古典の作品を解いていく。1題解くために、1週間とか1カ月かかる。
    今、そのトレーニングをしている人はほぼいないのではないかと思う。
    それは、大量のデータをすぐに見ることもできるし、ネット上で練習の対局もできるようになったということもあり、
    私がやってきた勉強方法はこれから先は役に立たない」
     「叡王戦」と呼ばれる大会で、準決勝まで勝ち上がっている羽生氏。
    優勝すれば、「電王戦」と呼ばれる人工知能将棋ソフトの大会を勝ち上がったソフトと公の場所で対戦することになっています。 

    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://www.newsweekjapan.jp/tanaka/2016/10/post-8.php


    2045年では、雇用の大半が人工知能に置き換わる...
     井上智洋講師(駒沢大学)は、このシンギュラリティ以後の経済を予測する『人工知能と経済の未来』(文春新書)を出版して話題をよんでいる。
    もし汎用人工知能が普及して、人間の労働を次々と代替していったらどうなるか? 汎用人工知能は、
    まず人間の脳の機能のうち重要な部分をそのまま再現・強化する「全脳型アーキテクチャー」として実現するに違いないと、
    井上氏は指摘する。2045年がその実現の予測日であり、さきほどのシンギュラリティに該当する。

     この2045年では、雇用の大半が人工知能に置き換わるだろう。井上氏の推計だと、日本の人口の1割しか働く人がいなくなる。
    そして世界経済が深刻な「技術的失業」の危機に直面するのではないか、というのが井上氏の大胆な仮説だ。





    Fotolia_95324749_S






    関連記事

     

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    イギリスの宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士は、強力な人工知能の開発が、人類にとって、“吉とでるか、凶とでるか”誰にも分からないと指摘した。

    ホーキング博士は19日、ケンブリッジ大学リバーヒューム未来知能センター(Leverhulme Centre for the Future of Intelligence =LCFI)のオープニングセレモニーに登壇。
    「強力なAIの登場は、人類にとって最高にもなりうるし、最悪にもなりうる(中略)私たちはどちらになるか分からない」と自らの考えを披露した。

    ホーキング博士は、人間の生活のすべてがAIに置き換わっていくはずであり、AIの開発は人類史でもっとも大きな事件だとした上で、次のように語った。

    「私たちは過去を研究するために多くの時間を費やしており、率直に言ってこれはほとんどの愚かさの歴史。人々が、その代わりに知能の未来を研究することは、
    歓迎すべき変化だ(中略)人工知能を生み出すことで、訪れる潜在的な利益はとても大きいだろう。私たちの考えがAIによって増幅された時に何が達成できるのか、
    私たちも予測できない」(ホーキング博士)

    ホーキング博士はまた、「この新しい技術革命の手段で、私たちはこれまでの技術革命で起こった、産業化に伴う自然界の破壊を回復することができるかもしれない
    (中略)私たちの目的は、病気と貧困を根絶することを目的とすることになるだろう」と、人工知能の肯定的な面を指摘した。

    一方、「(人工知能が)強力な自律兵器になったり、少数が多数を弾圧する新しい手段になる危険性がある(中略)それらは、人類にとって大きな支障となるだろうし、
    また将来のAIは私たちの意志と競合する独自の意志を育む可能性がある」と警告した。

    ホーキング博士はこれまで、人工知能が自ら進化・人類に反する目的を持つようになることや、各国が人工知能を軍事的に活用することについて危機感を表明してきた。
    世界各国の人工知能の専門家からは、そのような指摘は「正しくない」との反論も出始めているが、議論は平行線を辿っている状況だ。

    リバーヒュームセンターは、そんな人工知能の潜在的なリスクと、課題を研究することを目的に設立された。
    ケンブリッジ大学のほかオックスフォード大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、カリフォルニア大学バークレー校などが参画する。
    人工知能が世界をどう変えるのか。世界の知識人たちが、本腰を入れて研究を始めようとしている。

    (中略)は原文ママ
    https://roboteer-tokyo.com/archives/6331





    001






    関連記事


     

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://toyokeizai.net/articles/-/141641
    「来年末までにロサンゼルスからニューヨークまで、車のハンドルに指1本触れずに横断してみせる」
    米電気自動車ベンチャーのテスラモーターズを率いるイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)は、
    前代未聞の野望を恥ずかしげもなくさらっと口にした。10月19日(米国時間)、テスラは今後生産される
    すべてのテスラ車に完全自動運転機能を持つハードウエアを搭載することを発表した。
    マスク氏が「レベル5」と表現した完全自動運転は、ドライバーが目的地を入力し、道順を選択しさえすれば、走行中に操縦する必要がないことを指す。
    テスラはちょうど1年前の2015年10月に「オートパイロット」と呼ぶ運転支援機能の搭載を始めたばかり。
    カメラやセンサーを用いた自動の車線変更や、前方車の追従が可能になっていた。
    【以下略】






    tesla_elon1


     
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://www.sankei.com/column/news/161020/clm1610200008-n3.html

    (中略)

    さらに、これが金融分野に適用されれば、いわゆるフィンテックとなる。銀行という社会的インフラがなければ安心して
    預金・決済ができなかったが、新たな技術とビッグデータの組み合わせでより便利かつ安価にできる基盤が生まれつつある。
    アメリカの特徴は、金融機関よりも企業価値の大きいIT関連企業が存在し、それらが銀行を超えてフィンテックを推進していることだ。
    日本の場合、金融機関の企業価値は圧倒的に大きい。いわば既存金融機関の自己否定ともいえるフィンテックを、果たしてどこまで進められるのか。
    いずれにせよ日本では、こうした新しいビジネスを既存の類似分野に閉じ込め、タクシー業や旅館業の枠組みで取り扱おうとしている。
    しかし本来これらは、全く別の「ソーシャル・ネットワーキング業」なのである。

     第4次産業革命といわれる現象に対応する力は、日本経済にある程度備わっていると思われる。ロボットやAIなど、
    一部に強い技術を持った企業が存在している。しかし、ビッグデータをどのように利活用するか、
    基本枠組みの制度設計はほとんど進んでいない。そもそも、そうした問題を議論するはずのIT戦略本部の全体会合は、
    持ち回り開催を除けば1年以上開催されていないのだ。さらにプライバシーを守るための仕組みや保険制度の導入、
    事後チェックの徹底など相当の工夫がいる。またサイバー・セキュリティー対策も強化しなければならない。その上で大幅な規制改革が必要だ。

     ≪「ゼロベース特区」の議論を≫
     しかし既得権益者の抵抗などのため、進捗(しんちょく)は不十分なものだった。とりわけ産業革命といわれるような
    新しい現象に対応するには、細かな規制改革を積み上げる努力に加えて、全てをゼロベースでやってみるという姿勢が必要だ




    PIC-20160421143825

     
    関連記事



    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報

     史上初の人工知能(AI)による美人コンテスト「Beauty.AI」が、いわゆる“人種主義論争”で炎上している。同コンテストには、今年7月の1ヶ月間、世界100カ国以上から6000人以上の応募者が参加。応募者が提出した写真を人工知能が審査し、世界一の美人を決定するというものだった。

     しかし、8月2日に発表された結果に対し、また同プログラムを組んだ人々について、英メディア「ガーディアン」が「非常に失望した」と書き立てた。というのも、人工知能が選択した最終受賞者44人の大多数は、「明るい色の肌」、つまり白人女性であり、アジア系の受賞者は数えるほどで、暗い色の肌を持つ受賞者は一人もいなかったからだ。大会への応募者には白人が多かったが、インドやアフリカ出身など「有色人種」の応募者も多く含まれていた。これについて、明らかに「肌の色による差別」だと指摘したのだ。

     今回の美人コンテストは「青年の実験室(Youth Laboratories)」というディープランニング研究グループが主催し、マイクロソフト(MS)社が後援した。人工知能の美人コンテストの基本的な仕組みとしては、アルゴリズムが多数の人物の写真で構築されたデータベースを分析し、美しさを判断するというものであった。事前の触れ込みでは、人の顔の対称性、しわなど、客観的な要素を“美の指標”とするとしていた。

     今回、人工知能が白人を多く選んだ最大の原因は、さまざまな肌の色を持つ美しい人々の写真=データが不十分だったからだといわれている。大会側は、「さまざまな肌の色のデータが十分でない場合、偏向的な結論が出る場合がある」と説明している。

    https://roboteer-tokyo.com/archives/5761





    42b41b8fcc72a13fa23e12cde862c016_m-670x352

    関連記事






    「24時間テレビ」を批判した裏番組のNHK生「バリバラ」に大反響!!


    父親が拒否!娘と結婚してほしくない男TOP10

    【画像あり】これアスペには理解できない漫画らしい

    【画像あり】広瀬すずのご飯の食べ方wwwwwww

    【闇】吉本芸人を40人以上喰った伝説の素人女!?カラテカ入江のヤバいトラウマエピソード

    これ考えたの天才だろ。カネボウ化粧品の洗顔料がすごいと海外で大絶賛されている。

    【※衝撃】腎臓からギネス級の石が摘出される映像がトラウマ。。(動画)

    熟成させ過ぎた。9カ月を経てへそからの脱出をきめたへそのゴマ

    海外「やっぱ本場は違う!」 日本のご当地ラーメンの多様さに外国人が衝撃

    ぼく「貴社のNAS丸見えですよ」メール送信っと・・・

    参照記事 : http://2ch.sc/



    このページのトップヘ