高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    人気


    1: 高低差速報
    サバの缶詰が売れている。高い栄養価に加え、原料が水揚げ、価格ともに安定しているのが背景だ。日本水産をはじめ
    大手の売上高は前年を3~5割上回る。年内には売上高がカツオ缶を抜き、魚介系缶詰で2位に浮上しそうな勢いだ。

    極洋は味噌煮などサバ缶の4~10月の売上高が前年同期に比べて5割伸びた。日本水産も1~10月のサバ缶の
    売上高は前年を3割上回った。10月のサバ缶の市場規模は前年に比べて6割増えた。

    サバの水揚げ量は年間約50万トン。サンマやサケが不漁に見舞われるなか、量、価格ともに比較的安定している。
    缶詰は旬の時期にとれたサバを使い、骨や皮まで余さず使うので栄養も豊富だ。

    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2406
    9300Q7A131C1000000/?n_cid=NMAIL007



    no title




    関連記事


    1: 高低差速報
    Windowsのほうが使えるソフトやできるゲームが多いのはわかっている

    カスタマイズ性にも優れていて、低価格から購入できるのもわかっている

    そもそもmacOSを搭載したパソコンがなかなか売っていない

    上記以外の理由でなぜWindowsの方が売れているのか

    もちろんWindowsは大規模なシェアを獲得し、今さらMacに移行する必要もないだろう
    ただAndroidはiOSから徐々にシェアを奪っていき、今やiOSを抜かそうとする勢いだ
    不可能ではない

    やはり価格というのは大きいのか

    mac-vs-pc





    関連記事


    1: 高低差速報
    https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/electronics/2497181051/

    スマートフォン本体 の 売れ筋ランキング
    1位 Huawei P10 Lite サファイアブルー
    2位 Huawei P10 Lite ミッドナイトブラック
    3位 Huawei P9 Lite ゴールド
    4位 マウスコンピューター MADOSMA Windows10 Mobile
    5位 Huawei P9 Lite ブラック
    6位 Huawei Nova Lite ブラック
    7位 ASUS ZenFone 3 Max シルバー
    8位 ASUS ZenFone 3 ブラック
    9位 Huawei P10 Lite パールホワイト
    10位 ASUS ZenFone 3 Max グレー




    01_650x382

    関連記事


    1高低差速報

     若者に人気のアルバイト1位は「スターバックス コーヒー」だ。人気の理由としては
    「憧れのブランドで働いていることで自分のイメージが良くなる」「オシャレな同僚と一緒に働きたい」
    といった声が聞かれた。また、若者がアルバイトを探すときの基準も以前と比べて徐々に変化しているという。

     アルバイト・求人サービス「an」が行った調査によれば、アルバイトを探すときに重視するポイントの1位は
    「シフトの融通度」だという。若者の勉強する時間と趣味・娯楽にかける時間が増加し、忙しくなっていることが背景にある。

     アルバイト・求人情報サービス「an」の上土達哉編集長は「ポイントなのはシフトの融通が利くこと。
    あとは時給が高いかどうか。時給が高くなくても、割がいい仕事なのかどうか。例え仕事として
    ハードだったとしても、学生は就職を控えてますので、未来の就職に役立つかどうかもポイントですね」と話す。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00010015-abema-bus_all


    関連記事


    1高低差速報
    村上春樹の新作長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)がさっぱり話題に上らない。
    発売当初こそマスコミに大々的に取り上げられたものの、次第に『騎士団長殺し』はおろか「村上春樹」の名を目にすることもほとんどなくなった。

    なにより、これまでの村上作品と違うのは、熱狂的信者であるはずの“ハルキスト”をはじめ、一般読者からの反響がほとんどないことだ。
    第1部「顕れるイデア編」、第2部「遷ろうメタファー編」を合わせて130万部も発行されているにもかかわらず、これほど反響が少ないのは異常事態。もはや世間から「完全スルー」されているようにも見える。

    しかも、それは『騎士団長殺し』が「おもしろくない」からではない。
    村上春樹の新作長編小説がまるで盛り上がらない理由について、専門家は「村上春樹ブームそのものが終わったため」と指摘する。 (以下略)


    http://news.livedoor.com/article/detail/12859969/



    haruki-11

    関連記事


    このページのトップヘ