高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    企業


    1: 高低差速報
    利用者無視のアマゾン・グーグル戦争

    アマゾンはネット小売り、グーグルは検索ビジネスで棲み分けていた時代が去り、互いにビジネスを拡張しようとするなかで競合し合う領域が生まれてきています。
    とくに成長が著しいクラウドの利用環境を売るビジネスは、本来はグーグルが強い分野であってもおかしくはないのですが、
    アマゾンが圧倒的にトップを走り、グーグルは、続くマイクロソフトやIBMにも出遅れてしまっています。

    http://lite.blogos.com/article/263757/



    amazon-vs-google

    関連記事


    1: 高低差速報
    日本で深刻化している「長時間労働問題」。
    もしこの問題があの「Google」で起こったとしたら、同社はどう対処し、解決するでしょうか。Googleで人材育成やリーダーシップ開発に携わってこられたピョートル・フェリクス・グジバチさんにお話を伺いました。

    ーピョートルさんの在籍中、Googleで「長時間労働」が問題として挙がったことはありましたか?

    少なくとも、単に「長時間働いているから」というだけで「あの人は仕事を頑張っている」と評価が上がるということはありませんでした。
    そもそも「労働時間で管理する」というのは、工場やレストランで働く人など、アウトプットが定型化している仕事に就く人をマネジメントする際に使われる考え方。
    そうではない、例えば、営業職、企画職、あるいは管理職もそうですが、いわゆるホワイトカラーの職業に就く人を「時間で管理する」というのは、愚かな考え方なんです。

    ーしかし、世の中には「22時以降は残業禁止」など時間で管理しようとする風潮がありますよね?

    なぜ時間で管理してはいけないかというと、仕事が定型化していない以上、大切なのは「質の高いアウトプットを出すこと」だからです。「それをできるだけ短時間で」という話なら分かります。
    質の高いアウトプットを出す上で大切なのは、労働時間を短縮して、効率化を図ることだけではありません。むしろ、質の高い、「意味のある仕事」に取り組むことなんです。

    引用記事:https://www.businessinsider.jp/post-107928



    ae8cc42b

    関連記事


    1: 高低差速報
    ファーウェイ企業サイトの採用欄には、年収1600万円など、1000万円以上の高待遇での募集が並ぶ。社員の平均年齢は30歳前後で、全従業員の約半数が研究開発に携わるという。売り上げの10%以上を研究開発費に充てており、2017年は130億ドル(1兆4000億円)にのぼる見込みだ。

    番組コメンテーターの熊谷亮丸氏(大和総研チーフエコノミスト)は、ファーウェイの採用人数について、「年間15万人くらい(入社試験を)受けにきて、8千人~1万人くらい採用する。その中に博士号を持っている人が600人くらいいる」と説明した。

    「初任給は40万円くらいで、日本から人を引き抜くときは3000万円くらいで引き抜いていく」

    というから驚きだ。

    「優秀な人材が欲しければ~」と語るファーウェイのユーCEOは、「今後生き残れるのは数少ない企業だけであり、その中でファーウェイの成長は加速するでしょう」と強気の姿勢だ。大規模な研究開発投資が必要だが、多くの企業はついて来られないと見ており、「このペースなら、ファーウェイの研究開発費は数年で世界一になるでしょう」とも語っていた。

    能力が低い人材のうち、下から5%は淘汰する制度も

    一方、甘い話ばかりではなく、人材を淘汰する制度もあるという。ユーCEOは、「能力が低く目標を達成できない下から5%の人材は淘汰するんです」と明かした。


    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=44023


    svg


    関連記事



    1: 高低差速報
    「管理職になりたくない」という若手、中堅社員がここ数年で急速に増えています。

    リクルートマネジメントソリューションズが3年おきに実施している「新人・若手の意識調査」によると、「管理職になりたい」および「どちらかといえばなりたい」と回答した肯定派の割合が減少し、2010年の新人では55.8%だったのが、2016年の新人では31.9%となっています。

    しかも、この2016年の新人は、「管理職になりたくない」「どちらかといえばなりたくない」という否定派の割合が37.9%となり、本調査で初めて管理職になりたい人たちを上回る結果となっています。さらに、新人だけでなく、3年目の若手、7年目の中堅でも、管理職になりたくないという否定派が、肯定派を上回る結果になっています。

    引用記事:http://toyokeizai.net/articles/-/199466

    関連記事


    1: 高低差速報
    年1~2%程度しか成長しない外食産業の中で、2015年に10%近い成長率を記録した「回転寿司」業態。しかし2016年は成長に急ブレーキがかかった。中小チェーンを淘汰して大手5社の市場シェア占有率は約75%に及ぶが、原材料高騰、人件費高騰という「厳しい試練」がふりかかる。「月刊コンビニ」「月刊飲食店経営」編集委員・梅澤聡氏も「いずれ値上げせざるを得なくなる」と指摘するなど、回転寿司の代名詞ともいえる「1皿100円」の看板をおろさざるを得ない日が間近に迫っている。
    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171202-00034306-biz_plus-bus_all&p=1
    sushi_kaitenzushi


    関連記事


    1: 高低差速報
    23区内から本社移転で税優遇、対象に大阪なども

     財務省や内閣府は2018年度税制改正で、東京23区内の企業が地方に本社機能を移せば税優遇する制度の移転先の対象に
    大阪府や愛知県など4府県を加える方針を固めた。企業が集積する都市部も対象に加えることで、企業の地方移転を促し、
    地方創生につなげる。ただ、新たに対象になる地域の周辺自治体からは「地方創生に逆行する」との反発もある。

    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24100250Q7A131C1EE8000/
    content-vision



    関連記事

    このページのトップヘ