高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    企業


    1高低差速報
    大量のアマゾンの荷物を一手に引き受けるヤマトのドライバーは毎日、フル稼働だ。同社の社員ドライバー(28歳)がこう明かす。

    「会社の始業は朝8時ですが、そんな時間に出勤していては荷物をさばき切れません。7時過ぎには会社に出て、自分の荷物を積み込み、
    8時過ぎには営業所を出発。荷台に積む荷物の3~4割がアマゾンの商品ですが、配達先に到着しても2~3割が不在で
    燃料を浪費するだけの“ムダ走り”が増え、再配達が必要になります。

    時間指定が12時~14時に集中すると昼食休憩は取れず、20時~21時に集中すると営業所に戻るのは21時過ぎになり、
    タイムカードを打ってから“無給”の事務作業を強いられます。1ヵ月の所定労働時間を超えると会社的にヤバいらしく、
    繁忙期は『タイムカードを押してから残務処理をやってくれ』と上司から言われるんです。

    体は相当きついですね。体調を崩しても、他のドライバーに迷惑が掛かるので休めませんし…。月収は28万円ですが、
    全然わりに合っていません。扱う荷物が多い日には、ついお客さんが不在でも玄関前に荷物を置いていってしまいます」

    アマゾンの荷物を運ぶ作業は精神的にもツラい。

    「アマゾンの荷物は一個250円程度で契約しています。他の荷物に比べれば、半額以下の激安料金。それなのに再配達は多いわ、
    時間指定でルート計画は狂うわで、運べば運ぶほど『赤字になってるんじゃ…?』と徒労感が募ります。

    できることなら、会社にはアマゾンとの取引きをやめてほしいと思う。あのロゴを見るだけで吐き気がすることもあるので…」

    こうしたヤマトのドライバーの過酷な現状はTVや新聞でさんざん報道されているところだ。そのためか、日経新聞が実施した
    読者アンケート『ヤマトの値上げ、賛成ですか?』の回答結果を見ると、実に8割の人が『賛成』の意向を示している。

    さらに、前出のヤマトのドライバーはこう話す。

    「時間指定で荷物の到着が遅れると、以前は『遅い!』『それでもプロか!?』なんて怒られることが多かったのですが、
    最近は『御苦労さま』『頑張ってね』と温かい言葉を掛けてくれるお客さんが増えています。仕事が大変なのは変わらないけど、ありがたいですね」

    http://news.livedoor.com/article/detail/12851333/




    portada-amazon2
     
    関連記事



    1高低差速報
    パナソニック、再リストラ デジカメなど6事業 2017/3/25 1:11
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC23H1G_T20C17A3MM8000/
    パナソニックが不採算の6事業を対象に一段のリストラに踏み切る。
    2018年3月期に液晶パネルの生産ラインや半導体事業会社の株式の売却を検討するほか、
    今春にはデジタルカメラなど3つの事業部を解体して人員を減らす。
    デジタルカメラや電話交換機、光ディスクを手掛ける3つの事業部は解体する。
    ほかの事業部の傘下に移管して人員も減らし、事業規模を縮小する。




    img_201-panasonic-bbd_01
     
    関連記事


    1高低差速報
    http://www.sankei.com/economy/news/170321/ecn1703210028-n1.html

    経団連の榊原定征会長は21日の定例会見で、東芝の半導体事業を分社化する「東芝メモリ」について、
    「東芝の半導体事業は国の基幹事業、最重要技術だ。日本にとどまることを希望する」として、政府による支援策が浮上していることに理解を示した。

     東芝メモリをめぐっては、政策投資銀行、産業革新機構などが共同で入札に応じ、
    海外流出などに歯止めをかけるために、拒否権を持つ株式の3分の1超を出資する案が浮上している。
    榊原氏は「現時点では決まっていないのでコメントできない」としながらも、
    「東芝の半導体技術や、人材が海外に流出することに懸念する」とし、政府支援の必要性を強調した。



    phpZMJPUV_58d2cfd024a4b
     
    関連記事



    1高低差速報
    http://newsphere.jp/business/20170316-3/



     毎日出社をして人生の多くの時間を過ごす職場環境は、仕事のモチベーションや生産性に関わる大切な要素だ。
    しかし、どれだけの人が自分の職場環境を気に入っているのだろうか。オフィス家具メーカーの米スチールケース社は、
    従業員エンゲージメントと職場環境の相関関係について世界20ヶ国(14,903人、
    従業員数100人以上の企業)のワーカーを対象に調査し、「世界のエンゲージメントと職場環境実態」というレポートを公開した。
    従業員エンゲージメントとは、従業員が企業の目標達成に向けて、
    自発的に自らの力を発揮し貢献しようとすること。それによって従業員も成長するという考え方を指している。

     調査の結果、日本は従業員エンゲージメントと職場環境満足度がそれぞれ最低であり、
    日本人はどの国よりも職場環境に不満があり、会社へのエンゲージメントが低いことがわかったという。
    ワーカーの居住国やその文化的背景、期待度が、エンゲージメントレベルや職場環境への満足度に大きく影響しているようで、
    エンゲージメントは新興国ほど高くなり、先進国は低くなりがちだ。
    関連記事

    このページのトップヘ