高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    企業


    1: 高低差速報
     【パロアルト(米カリフォルニア州)】米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は昨年10月、今後生産する全ての車両に、将来の完全自動運転機能に対応したハードウエアを搭載すると発表し、自動車業界に衝撃を与えた。

     衝撃を受けたのは、テスラの開発担当者も同じだった。

     事情に詳しい関係者によると、テスラの運転支援機能「オートパイロット」の開発チームは、人の介入なしで自動車を安全かつ確実にコントロールできると考える製品をまだ開発できていない。
    ...
    http://jp.wsj.com/articles/SB10159573888762483534004583359661640402352
    tesla-scales-up-cropped-550x309




    関連記事


    1: 高低差速報
    iPhone8はアップル史上初めて、前機種のiPhone7より売れない不名誉なモデルになりそうだ

    かつては新製品を発売するたび消費者を熱狂させてきたアップルだが、ここ数年はその栄光に翳りがさしている。
    9月に発売された「iPhone8」もそうだ。アップルの新型スマートフォンの発売日につきものだった行列もめっきり減って、いまでは多くの店で客よりスタッフが多いほどだ。

    消費者の反応が鈍い理由としては、ブランドが陳腐化してきたことに加え、新世代のiPhoneには付加的な改良しか見られず、スマートフォン自体に新鮮味がなくなっていることが考えられる。

    2つ目の理由は業界全体の傾向で、消費者がスマートフォンを買い替える頻度の低下につながっている。
    米金融大手シティグループの推定によれば、スマートフォンの買い替え間隔は、2014年には24か月だったが、2016年には29か月にまで延びた。

    iPhone8は、「iPhone8Plus」および「iPhoneX(テン)」と並び、アップルが9月に発表した3種類の新型iPhoneのひとつで、大苦戦を強いられている。
    グーグル、華為技術(ファーウェイ)、サムスンなどが出す高級機種との競争が激化しているだけではない。身内からの競争にもさらされているのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00010005-newsweek-int
    45652_1400_d90d78f63bc54cdf268996a1cd200b1b



    関連記事


    1: 高低差速報
    http://japanese.engadget.com/2017/10/15/tesla-elon-musk-releases-video-showing-model-3-production/

    テスラモデル3はいまだ260台しか生産できておらず
    今年の赤字額は見込みの7.6兆円からさらに膨れる見込みだ。
    CEOは「生産能力が足りず地獄だ」と表明した
    このままでは支払い済ユーザーに対するテスラモデル3の納期は340年後となる



    elonmusk

    関連記事


    1: 高低差速報
    ~トヨタ社員の一生~

    ・トヨタに入社、独身寮に入る
    ・トヨタ車を社内割で買う
    ・トヨタ福利厚生施設の格安ジムで汗をながす
    ・トヨタ生協運営のスーパーで買い物をする
    ・トヨタ労組主催の恋活イベントで出会う
    ・トヨタ生協運営の式場で結婚式を挙げる
    ・トヨタの格安社宅に入る
    ・トヨタ運営の刈谷豊田総合病院で子供が産まれる。祝い金を貰う
    ・トヨタホームで安くマイホームを建てる
    ・トヨタグループの全国各地の保養所に家族旅行
    ・トヨタと中電、JR東海が設立した海陽学園に子供を進学させる
    ・トヨタが設立した豊田工業大学に子供が進学する
    ・トヨタに子供が入社する
    ・トヨタ生協運営の葬儀場で自分の葬儀が行われる



    noimage

    関連記事


    1: 高低差速報
    神鋼、鉄粉も改ざんか…アルミは防衛装備品にも

     アルミ・銅製品の検査データの改ざんが判明した神戸製鋼所で、同様の改ざんを鉄粉でも行っていた疑いがあることが10日、分かった。
    問題のある製品の種類が拡大する可能性が高まった。一方、経済産業省は同日、自衛隊の防衛装備品にもデータが改ざんされたアルミ製品が使用されていたと発表した。

     関係者によると、新たに鉄粉についても、顧客と交わした仕様書に適するようにデータを改ざんした疑いが浮上したという。鉄粉は、自動車のギアなどの
    複雑な形状の部品を作る素材として供給されている。アルミ・銅製品に関しては、経産省幹部が10日記者会見し、9月28日にデータ改ざんの報告があり
    神戸製鋼に対し、安全性の証明や再発防止策の提示などを指示したことを明らかにした。防衛装備品への使用については、三菱重工業やIHI、川崎重工業
    SUBARU(スバル)から報告を受けたという。IHIによると、航空機用のエンジンの一部でアルミ製品が使用されていたという。

     川崎重工は民間向けか防衛向けかは明らかにしないものの、航空機のエンジンや部品に使われたことを認めている。


    http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20171011-OYT1T50004.html

    img_188b60b7c1e299f22372dda141cf4a4a496198



    関連記事



    このページのトップヘ