高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    企業


    1: 高低差速報
    「30歳まで新卒」リクルート、採用制度を一新 給料や待遇、社会人1年目と8年目の「同期」で一緒になる?
    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=48889

    3940c0f9


    1: 高低差速報
    ある国では人々は生まれてくる子には男の子だけを欲しがりました。そのため、どの家族も男の子を産むまで子供を作り続けました。この国では男の子と女の子の人口比率はどうなりますか?


    google

    関連記事


    1: 高低差速報
    日本能率協会は4月12日、「2018年度 新入社員意識調査(速報)」の結果を発表した。調査期間は2018年3月29日~4月6日、調査対象は同協会が提供する新入社員向け公開教育セミナー参加者、有効回答は352人。

    実力・成果主義志向が6割超
    今の気持ちを漢字1文字で表してもらったところ「新」(28人)、「挑」(24人)、「努」(12人)がトップ3にランクインした。

    実力・成果主義の職場を望むか、年功主義の職場を望むか尋ねたところ、「実力・成果主義(どちらかというと含む)」と答えた割合は65%。一方、プライベートを優先したいか、仕事を優先したいかとの問いに対しては、「プライベート(どちらかというと含む)」との回答が75.8%を占めた。

    no title


    引用記事:https://news.mynavi.jp/article/20180413-616156/

    関連記事


    1: 高低差速報
    2017年にアメリカ国内で研究開発費に投資した額が高い順に企業をランク付けしたところ、Amazonがトップの約230億ドル(約2.5兆円)で、2位以下を大きく引き離す巨額の投資を行っていたことが明らかになりました。 【中略】
    なお、2017年にアメリカの企業が研究開発に投資した額を上位から並べたグラフは、以下で示されており、赤いグラフがテクノロジー企業、灰色のグラフそれ以外の企業を表しています。1位がAmazonの約230億ドル(約2.5兆円)、2位がGoogleの親会社のAlphabetでで約170億ドル(約1.8兆円)、以降Intel、Microsoft、Appleと続いています。


    gettyimages-521186348

    引用記事:https://gigazine.net/news/20180411-amazon-research-development-rd/

    関連記事


    1: 高低差速報
    コカ・コーラシステムは、夏にぴったりの冷たい刺激と新しい食感を楽しめる、「コカ・コーラ」史上、世界初の容器入りフローズン飲料の「コカ・コーラ フローズン レモン」(125gパウチ、税抜130円)を4月16日から全国で発売する。

    同製品は、パウチごと凍らせ、揉みながらシャーベット感覚で飲む容器入りフローズン飲料で、クリーミーなシャリシャリした食感が楽しめる。レモンのアクセントもポイントという。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00010002-ssnp-bus_all


    no title

    関連記事


    1: 高低差速報
    最も価値ある国際ブランドを選ぶ「ブランド・ファイナンス・グローバル500」が発表され、日本からはトヨタとNTTグループの2ブランドがトップ20入りした。しかしトヨタは2017年から4つ、NTTグループは5つ順位を下げた。

    Googleに代わって首位に輝いたのはAmazonだ。Appleは2位を維持し、Googleは3位に後退した。

    トップ30の3分の1を中国ブランドが占めているが、中国移動通信以外は飛躍的に順位やブランド価値を上げている。米国からは12ブランド、ドイツからは4ブランド、韓国とオランダは各1ブランドが選ばれた。

    ランキングは英コンサルティング企業ブランド・ファイナンスが、「競争力(資力・パフォーマンスを含む持続的な成長の可能性)」「売上高」「ロイヤリティー率」に基づき、世界500ブランドを評価したもの。

    30位(昨年48位) 中国平安保険(中国)
    29位(29位) バンク・オブ・アメリカ(米国)
    28位(40位) フォルクスワーゲン(ドイツ)
    27位(30位) ザ・ホーム・デポ(米国)
    26位(33位) 中国農業銀行(中国)
    25位(29位) 華為技術(中国)
    24位(24位) チェース(米国)
    23位(17位) シェル(オランダ)
    22位(18位) T-モバイル (ドイツ)
    21位(47位) 騰訊(中国)

    20位(15位) NTTグループ(日本)
    19位(初登場) 国家電網(中国)
    18位(28位) 中国銀行(中国)
    17位(16位) BMW(ドイツ)
    16位(12位) トヨタ(日本)
    15位(20位) メルセデスベンツ(ドイツ)
    14位(13位) ウェルズ・ファーゴ(米国)
    13位(11位) 中国移動通信(中国)
    12位(22位) 阿里巴巴集団(中国)
    11位(14位) 中国建設銀行(中国)

    10位(10位) 中国工商銀行(中国)
    9位(8位) ウォルマート(米国)
    8位(7位) ベライゾン・コミュニケーションズ(米国)
    7位(5位) Microsoft(米国)
    6位(4位) AT&T(米国)
    5位(9位) Facebook(米国)
    4位(6位) サムスン(韓国)
    3位(1位) Google(米国)
    2位(2位) Apple(米国)
    1位(3位) Amazon(米国)
    引用記事:https://zuuonline.com/archives/183785

    関連記事


    このページのトップヘ