高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    企業


    1: 高低差速報
    「管理職になりたくない」という若手、中堅社員がここ数年で急速に増えています。

    リクルートマネジメントソリューションズが3年おきに実施している「新人・若手の意識調査」によると、「管理職になりたい」および「どちらかといえばなりたい」と回答した肯定派の割合が減少し、2010年の新人では55.8%だったのが、2016年の新人では31.9%となっています。

    しかも、この2016年の新人は、「管理職になりたくない」「どちらかといえばなりたくない」という否定派の割合が37.9%となり、本調査で初めて管理職になりたい人たちを上回る結果となっています。さらに、新人だけでなく、3年目の若手、7年目の中堅でも、管理職になりたくないという否定派が、肯定派を上回る結果になっています。

    引用記事:http://toyokeizai.net/articles/-/199466

    関連記事


    1: 高低差速報
    年1~2%程度しか成長しない外食産業の中で、2015年に10%近い成長率を記録した「回転寿司」業態。しかし2016年は成長に急ブレーキがかかった。中小チェーンを淘汰して大手5社の市場シェア占有率は約75%に及ぶが、原材料高騰、人件費高騰という「厳しい試練」がふりかかる。「月刊コンビニ」「月刊飲食店経営」編集委員・梅澤聡氏も「いずれ値上げせざるを得なくなる」と指摘するなど、回転寿司の代名詞ともいえる「1皿100円」の看板をおろさざるを得ない日が間近に迫っている。
    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171202-00034306-biz_plus-bus_all&p=1
    sushi_kaitenzushi


    関連記事


    1: 高低差速報
    23区内から本社移転で税優遇、対象に大阪なども

     財務省や内閣府は2018年度税制改正で、東京23区内の企業が地方に本社機能を移せば税優遇する制度の移転先の対象に
    大阪府や愛知県など4府県を加える方針を固めた。企業が集積する都市部も対象に加えることで、企業の地方移転を促し、
    地方創生につなげる。ただ、新たに対象になる地域の周辺自治体からは「地方創生に逆行する」との反発もある。

    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24100250Q7A131C1EE8000/
    content-vision



    関連記事


    1: 高低差速報
    グーグルの本社がある、郊外の豊かな町、マウンテンビュー。その同じ町で、テス・サルダナは、混みあって窮屈なキャンプカーを道に止め、小ぎれいにして暮らしている。

    「お世辞にもいい住まいとは言えないわ」とサルダナは言う。だが、これは特段珍しい話ではない。警察に移動を命じられるまで、マウンテンビューのスーパー「ターゲット」と高級マンションの間の並木通りには、1ダースを超えるキャンプカーが並んでいた。中には、家賃を払えない人たちが大勢生活していたのである。

    引用記事:https://newsphere.jp/technology/20171123-1/
    Silicon-Valley



    関連記事


    1: 高低差速報
    ソフトバンクの孫正義オーナー(60)が24日、福岡市で開かれた「オフィシャル
    スポンサー感謝の集い」にVTR出演し、一部で“金満野球”とも批判される球団経
    営について「金満うんぬんと言う人もいますが、それは言わせておけばいい」と我関
    せずで従来通り突き進む考えを示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000304-sph-base
    img_4672c55462707ac7cd3553cbbc81aa6243177



    関連記事


    1: 高低差速報

    Netflixは過去に、最も有能な社員80人を残してその他を解雇した
    CEOは「誰かの不手際をフォローするための雑務が必要なくなった」と説明
    仕事の質が高まり、業務のスピードも上がったという

    引用記事:http://news.livedoor.com/topics/detail/13936865/
    Netflix_Logo_DigitalVideo_0701



    関連記事


    1: 高低差速報
    no title

    たとえばバーテンダーの仕事。これがコンピューターに代わられる確率は77%―。そんな大胆予測を披露した論文が全世界で話題だ。論文の執筆者が本誌に語った、凄まじすぎる「雇用の未来」。

    「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。

    たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。
    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925

    関連記事

    このページのトップヘ