高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    会社



    1: 高低差速報
    なぜ日本の生産性と賃金は停滞しているのだろうか?これに対して多くの経済学者が論争を繰り広げているが、大きく2つの要因に分けて考えることができる。第一は、円高による日本企業の大々的な生産設備の海外移転を挙げられる。前述した自動車工場の例から分かるように、製造業の割合が高い国であるほど生産性の向上速度が速い。飲食店や美容室の生産性を向上させるのは限界があるが、製造会社は革新的な技術の採用、あるいは新鮮な協力のアイデアを受け入れるだけでも生産性を向上させる機会をつかまえることができるためだ。したがって、国内総生産で製造業の割合が高い国であるほど、生産性の向上速度が速い傾向がある。 (以下略)
    http://japanese.joins.com/article/092/231092.html
    http://japanese.joins.com/article/093/231093.html
    488x-1



    関連記事


    1: 高低差速報
    ざっこw


    川人弁護士が、会社・元請けから提供された資料に基づいて分析した結果、
    自○直前の1カ月の時間外労働は211時間56分。2カ月前は143時間32分だった。

    この勤務時間は、セキュリティ記録やパソコンの記録、通勤の記録などから割り出したものだという。
    これは、会社の労使協定(36協定)をはるかに超過している。

    男性はあまりにも過労状態だったので、車通勤を辞めた。2月半ばからは、片道1時間かけて電車で通うようになった。

    起床は午前4時半、帰宅は0時半~午前1時。現場の仮設事務所には、仮眠部屋は存在しなかった。

    同居していた両親によると、起こそうとしても、なかなか起きられない状態だった。発症1カ月前には、
    1日平均2~3時間程度の睡眠しか確保できていなかったはずだという。

    会社側は……
    川人弁護士によると、男性を雇用していた建設会社は最初、時間外労働が「80時間以内だった」と遺族に話していた。

    (中略)

    この建設会社はBuzzFeed Newsの取材に対し、「こうしたことは、会社としても初めてです。事態を真摯に受け止めて、
    今回のようなことが二度と起きないように取り組みます」と、再発防止を誓った。

    男性はメモ帳に、次のような遺書を残していた。
    「突然このような形をとってしまい、もうしわけございません。身も心も限界な私はこのような結果しか思い浮かびませんでした」

    「家族、友人、会社の方、本当にすみませんでした。このような結果しか思い浮かばなかった私をどうかお許しください。すみません」


    https://headlines.ya...005-bfj-soci&p=2

    business_karoushi




    関連記事




    1: 高低差速報
    社員旅行廃止
    社内イベント廃止
    飲み会廃止(食事会に変更 男女混同禁止 二次会禁止)
    朝礼廃止(簡単な業務報告書を終業時に提出)
    会議を毎週1回から月1回に変更
    ゴルフ禁止(営業等のみ可)
    社内恋愛禁止
    病気持ちは病院を優先(誰にも言いたくないなら専務にこっそり相談して)
    社外イベントは専務が参加
    社内全面禁煙
    飲料代支給(os-1)
    会員制ホテルに安値で泊まれる福利厚生追加

    ち○ぽしゃぶりたくなるわ



    rrrr

    関連記事


    1: 高低差速報
    圧倒的な技術力を背景にテレビ、冷蔵庫などのシェアを拡大し、日本の高度経済成長を支えた「総合電機メーカー」東芝が、東証2部に降格する。先の展望も見出せない中、上場廃止どころか、廃業の危機を迎えている。

     粉飾決算や原発事業の巨額損失などトップの判断が凋落を招いたのは言うまでもない。だが、東芝が培った現場の力は、全く色あせてなどいない。“東芝社員”たちは、場所を変えて再び輝き出そうとしている。

     東芝時代の“負け”から新たなビジネスを生み出した元社員がいる。中西文太氏(42)は、東芝が世界初のHDD&DVDビデオレコーダーを発売する前々年の1999年に入社。半導体メモリー部門のマーケティングを担当し、自ら希望して技術、生産、マーケティング部門がどのように連携して仕事を進めるとよいのかを立案する企画部門に異動し、その後、台湾の工場で生産管理の仕事を経験した。

    「台湾で学んでいる優秀でやる気のある日本人学生が日本の大企業の採用から零れていることに気付いて、台湾でのダイレクトリクルーティング(留学生の採用活動)を幹部に提案し、認められたので、特命で日本人留学生の採用を担っていました」

    採用の場は台湾の外へも広がった。ところがそんな折、東芝の経営が悪化する。翌2017年の新規採用の見送りが決まったときに、東芝から離れてこの仕事を続けようと退社を決意。2016年5月に「キューブリッジ」を立ち上げ、世界で学ぶ日本人留学生の就活支援を始めた。

     現在は日本企業から資金提供を受け、海外で留学生向けにキャリアカウンセリングを主体としたセミナーを開催している。これまでに20都市で250人以上が参加しているという。

     ポスト団塊ジュニアの中西氏は、「東芝時代に、日本の企業が抱える問題のほとんどに触れることができた」と振り返る。皮肉にもその経験が、現在のビジネスの基礎となったと語る。

    「日本を代表する巨大な組織にいたからこそ、その問題点を体感できました。東芝に限らずほとんどの日本企業は、旧態依然としたシステムの中にあります。

     社員の意見がほとんど出ない会議、上司や先輩の存在を気にして行なう意思決定などはその最たるものです。こういったものを変えていかないと、生き残りは図れません。東芝も、海外のやり方を身につけている人材を採用して意識改革を進めることが、再生への一番の近道だと思っています」

     経済評論家の山崎元氏は、東芝の人材をこう見ている。

    「窮状といっても、東芝の技術力が落ちたわけではなく、日本の優秀な人材が集まっているのは間違いない。いつ倒産するかわからないというリスクを東芝が抱えている今、自分と同じようなスキルを持った人材が一気に市場に放出され、競争にさらされる前に、自らいち早く飛び出すという手段は有効です。

     それも、転職して他企業の文化に染まるのではなく、東芝で築いたノウハウ、スキルを利用して、最大限に活かす会社を立ち上げるのは、合理的な判断だと思います」

     1960年代半ば、東芝は経営危機に陥るものの、“ミスター合理化”として知られる土光敏夫氏を経営者に招いたことで再生を果たした。土光氏はかつて、「これから期待される社員像は変化に挑戦し得る人だ」との名言を残した。

     いまだ再生への道筋は見えない東芝だが、自らの足で歩み始めた元社員の中には、土光イズムを継承した“東芝魂”が確かに生きている。
    https://www.news-postseven.com/archives/20170717_585516.html
    20170321-00000003-wordleaf-005309119eb8af6d0605189f87dff25fa



    関連記事

    このページのトップヘ