高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    作家




    1高低差速報
    村上春樹の新作長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)がさっぱり話題に上らない。
    発売当初こそマスコミに大々的に取り上げられたものの、次第に『騎士団長殺し』はおろか「村上春樹」の名を目にすることもほとんどなくなった。

    なにより、これまでの村上作品と違うのは、熱狂的信者であるはずの“ハルキスト”をはじめ、一般読者からの反響がほとんどないことだ。
    第1部「顕れるイデア編」、第2部「遷ろうメタファー編」を合わせて130万部も発行されているにもかかわらず、これほど反響が少ないのは異常事態。もはや世間から「完全スルー」されているようにも見える。

    しかも、それは『騎士団長殺し』が「おもしろくない」からではない。
    村上春樹の新作長編小説がまるで盛り上がらない理由について、専門家は「村上春樹ブームそのものが終わったため」と指摘する。 (以下略)


    http://news.livedoor.com/article/detail/12859969/



    haruki-11

    関連記事


    1高低差速報
    「私は芸術家志望の女性に会うと、女優か
    女声歌手になるのなら格別、女に天才という
    ものが理論的にありえないということに、
    どうして気がつかないかと首をひねらざるを
    えない。」
    「大体私は女ぎらいというよりも、古い
    頭で、「女子供はとるに足らぬ」と思って
    いるにすぎない。
    女性は劣等であり、私は馬鹿でない女
    (もちろん利口馬鹿を含む)にはめったに
    会ったことがない。」




    53708733

    関連記事




    このページのトップヘ