高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    価値


    1: 高低差速報
    iPhoneやMacを生み出したアップルと、掃除機や空調家電で知られるダイソン。いずれの企業も顧客価値の高い商品をつくり出すことによって高収益を挙げています。一方、日本にも優れたものづくりの力を持った企業が数多く存在するにもかかわらず、その多くが低収益に苦しんでいます。なぜ、このような違いが生じているのでしょうか。その理由は、多くの日本企業が依然として「機能的価値」のみを重視したものづくりをしているからです。

    機能的価値とは、商品の技術的な数字や仕様によって表せる価値のことです。従来、製造業がつくり出す価値は、機能的価値が主体でした。しかし、過去20年の間に、2つの大きな変化が起きました。第1に、主にエレクトロニクス産業を中心に、モジュール化や標準化が進んだことで新規参入が容易になったことです。商品の仕様や機能の高さだけでは、すぐに他社に模倣されてしまい、差別化ができなくなりました。機能的価値だけでは、過当競争にさらされ、利益に結びつきにくくなったのです。

    第2に、顧客が求める価値が高度化したことです。それは、カタログに書かれた仕様や機能を超え、顧客が実際に使用する際に生まれる価値です。消費財であれば、使いやすさやデザインなど、感性や情緒に訴える価値、生産財であれば、顧客企業のソリューション(問題解決)に結びつく価値です。このような価値を、機能的価値と対比して「意味的価値」と呼んでいます。機能的価値が数字や仕様で客観的に表せる価値(形式知)であるのに対して、意味的価値は、顧客が主観的に意味づける価値(暗黙知)です。

    【中略】
    大切なのは、機能的価値と意味的価値を融合した、相乗効果としての価値づくりです。例えばiPhoneは、アルミを削り出したユニボディの美しいデザインだけが重要なわけではありません。商品コンセプトやユーザビリティ、機能などを含めた、統合的な価値として高く評価されています。このような、機能的価値と意味的価値を統合した価値づくりをいかに行うかが、日本の製造業が競争力を取り戻すためのカギと言えます。

    http://president.jp/articles/-/22316

    Apple-cover




    関連記事


    1高低差速報
    地球から370万km彼方を漂う「超巨大鉄隕石」が、世界経済を破壊する危険性が浮上。
    NASAも本格的な調査に乗り出したという驚きのニュースが入った。
    隕石衝突の危機は以前から叫ばれているが、世界経済が崩壊するとは一体どういうことだろうか?

    ■1000京ドルの隕石

    英紙「Daily Mail」(1月17日付)によると、問題となっている隕石は「プシケ(16 Psyche)」と呼ばれる太陽系小惑星のひとつで、火星と木星の間の小惑星帯を公転する、幅200kmあまりの巨大な鉄の塊だという。
    大きめの隕石だが、このサイズの小惑星は宇宙空間にゴロゴロ転がっている。一体この隕石の何が特別なのだろうか?

    問題はプシケに含まれる金属の含有量だ。
    なんと、世界経済の総額(約7370兆ドル)のおよそ1356倍にあたる1000京ドル(約10垓円)相当の鉄が含まれているというのだ!
    さらに、金・プラチナ・銅などのレアメタルも含有しているとみられ、実際の価値はそれ以上になるそうだ。

    画像:



    アリゾナ大学のリンディ・エルキンス=タントン教授によると、この隕石が地球にもたらされた場合、レアメタルを所有・取引する世界中の政府や持ち株会社の価値が暴落するだけでなく、採掘会社から貿易会社まで大きな影響を被ることは間違いなく、究極的には世界経済の崩壊につながる危険性まであるという。

    「大量の金属を含有する巨大隕石を地球にもってきたとしても、一体なにができるというのですか?
    世界中の金属資源問題を永久に解決できるとでも思いますか?まったく無謀な妄想です」(エルキンス=タントン教授)

    ■NASAの思惑は……?

    画像:



    もちろんNASAはプシケを地球に持って帰ろうとは夢にも思っていない。彼らが興味を持っているのは別の特殊性である。
    プシケは、鉄のコアがむき出しになったままの非常に珍しい小惑星だと考えられており、太陽系初期の惑星形成プロセスを理解するうえで重要な知見が得られると考えられている。

    つまり、プシケを調査することで地球地殻の形成プロセスを知ることができるのだ。
    そのため、今回のNASAのミッションは惑星の地殻・内核の調査に主眼が置かれているという。

    「地球の地殻を調査するには、プシケを調査するしか方法がありません。
    つまり、地球内部を調査するために、外宇宙へ飛び出していくのです」(エルキンス=タントン教授)

    画像:



    興味深いことに、プシケには水が存在する可能性も指摘されている。
    エルキンス=タントン教授は、火星を植民地化する場合、燃料や飲み水として利用されるかもしれないと語っているが、すでにエイリアンの情報を握っていると噂されるNASAの思惑は別のところにあるのかもしれない。

    魂を意味する古代ギリシア語「プシュケー(psyche)」にちなんだ名称も気になるところだ。
    現段階では何も断言できないが、今後UFOコミュニティなどでもプシケの話題が増えてくることだろう。

    ミッションは2023年の10月に開始され、探査機が火星を通過し、プシケに到着するのは2030年の予定だ。
    まだまだ先になるが、NASAの動向は逐一チェックしておいた方が良さそうだ。

    http://tocana.jp/2017/01/post_12074_entry.html
    http://tocana.jp/2017/01/post_12074_entry_2.html
    関連記事


    1:
    http://biz-journal.jp/2016/04/post_14616.html

     文部科学省によると、2015年度に現役で大学・短期大学に進学した人数は、58万4000人(前年比約1万7000人増)、また進学率は54.6%で過去最高となった。
     高校を卒業した人の約半数が大学に進学する時代になったわけだが、入学から卒業までの学費は、
    私立文系で少なくとも500万円近く必要とされる。一方で、しっかりと勉学に励む学生ばかりではなく、また良い大学を出たからといって、
    その後の人生が保証されるわけでもない。こうした状況をみて、そんな大金を払ってまで大学に通う価値があるのかを疑問視する声もある。
    そこで、今回はマーケティングの話題からずれるが、番外編として立教大学教授の有馬賢治氏に大学に通う意義についての私見を聞いてみた。

    事件や事故の解釈に、学部によって異なる思考が生まれる
    「キャリアの積み方は多様ですから、大学進学だけが正解ではありません。ここでは一事例として大学で学ぶ意義をお話しようと思います。
    さて、大学を卒業すると一般的には次のステージは社会人です。ですから、単にある専門分野を学ぶだけではなく、
    大学の4年間は社会人になる前に身につけるべき『社会人基礎力』を養う期間だと最近は考えられるようになっています。
    現代の大学では、どんな学部に進んでも授業内外で社会人に必要とされるものを学ぶ機会が設けられるようになりました」
     確かに職業に就くために必要な能力を身に着けることは重要であろう。しかし、医学部などは別として、大学で学んだ専門分野が職業に直結する人は多くはなく、
    特に文系では少ない印象がある。それでも、なぜ各自が専門分野を学ぶのだろうか。
    「専門分野を学ぶと、その分野が持つ独特のものの見方が次第にわかってきます。すると、社会現象をそれに沿って考えて、
    自分なりに解釈する習慣が無自覚でもできてくるのです。たとえば、今年1月に起こった軽井沢でのスキーバス転落事故のニュースを知ったときに、
    医学部の学生なら、どのような救命措置をすればより多くの命を救えたのかといったことをまず思い浮かべるでしょう。
    これに対して、法学部なら遺族に対する補償や企業の法的責任はどうなるのか、経営学部なら事故を起こした企業とその関連会社が今後どうなっていくのか、
    といった観点からこのニュースを受け止めるのではないでしょうか」
     このようにひとつの現象に対して、どのような思考を巡らすのかというのは、大学で学んだ専門分野が大きくかかわってくるのだという。

    私が専攻するマーケティングの分野でも、それは同じですね。顧客志向や戦略的発想などの思考方法を身につけていくことで、
    市場や社会で未来に起こる出来事への考え方や対応の仕方を学ぶことができるわけです」
     だが、専門的知識や技術を学びたいのであれば、専門学校などでも十分のはずだが。
    「確かにその通りですが、大学では専門分野と同時に、教養も学びます。教養的知識で視野が広がれば、ものを考える際のヒント、
    アイディアの源泉も広がってくるでしょう。専門と教養の両方を学ぶことで思考方法と発想の選択肢を増やすことができ、社会人として
    不確実な事象に対応するときの応用力を拡げることができるのではないかと私は思います」

    自分探し型と将来逆算型、両極が混在する現代の学生像
     とはいっても、やはりそれは真面目に勉学に励むというのが前提の話であって、多くの大学生は残念ながらその姿勢は持ち合わせていないのではなかろうか。
    「そういう学生は確かに今でも多くいると思います。しかし、大学時代に必ずしも勉学にのみ全精力を注ぎ込む必要はないと個人的には考えています。
    大学では高校時代よりも概して拘束時間が少なくなりますから、旅行や趣味、サークルや体育会など、教室での学び以外にも自己の
    興味で多くの時間を費やすことができます。そうした時間を通じて、あれこれと思考を巡らすことが自己の人生や将来を深く考えるきっかけとなるのでは
    ないでしょうか。自分探しのために、モラトリアム(社会に出るまでの猶予期間)として大学に通うことも、長い人生の準備期間と考えれば
    十分に意味があるのではないかと思います」


    01



    関連記事
     





    ベッキーついにブチ切れた!ゲス川谷に鉄槌


    早稲田大学サークル「SOPHIE」、居酒屋での非常識なトラブルで炎上・・・(画像あり)

    民進党・山尾議員のコーヒー代がすごい額になってるんだがwwwww

    マクドナルドのヤバい映像

    “ヤバすぎる”日本三大奇書とは?

    硫酸のパワーすげえ!が良く分かる面白実験。わずか3分でこんなになっちゃうのか。

    【朗報】またやったぜ日本!折りたたみスマホの開発に成功!!!

    Wi-Fiただ乗りしてる隣人を晒し上げたいんだけど

    入社式で結構可愛い女が泣かされててワロタwwwwwwwww

    韓国人「日本のツイッターで拡散している韓国の画像をご覧ください」

    参照記事 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1461474952/



    2ちゃんねるのコメント


    1:
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/04/post-4886.php

     日本は「学歴社会」と言われている。学歴社会とは、富や地位の配分に際して学歴が影響する度合いが高い社会のことだ。
     日本の場合、25~34歳の高卒就業者の賃金を100とすると、同年齢の大卒就業者の賃金は144(2012年)となり
    、大卒の給与は高卒の1.4倍多い。しかしこの相対値がもっと高い国もあり、アメリカは170、南米のチリでは261にもなる。大学進学率が低いチリでは、大卒者の希少価値が高いからだ。

    【参考記事】学歴や序列さえも無意味な「新しい平等な社会」へ
     一方、学歴による差がほとんどない国もある。北欧のノルウェーでは、高卒者に対する大卒者の相対賃金は107でほぼ同じだ。
    学費が無償であるためか大学進学率が高く、大卒の学歴の価値が相対的に下落している。
     大卒者の割合と、高卒に対する大卒の相対賃金をとった座標上に世界各国を配置すると、大卒学歴の社会的性格が見えてくる。<図1>は、25~34歳のデータをもとに作成したグラフだ。
    no title

     右上は、大卒者の割合が高く、大卒の相対賃金も高い。大学を出ないとキツイ社会だ。アメリカはこのタイプに含まれる。
    左上は大卒学歴が稀少価値を持つ社会で、先ほど見たチリがその典型だ。先進国ではドイツが該当する。
     左下は、大卒者は少ないものの、そのプレミアも際立っていない。大卒学歴の重要性が認識されていない社会といえようか(イタリアなど)。
    左下は大卒学歴の価値が下落している社会で、大学進学率が高い北欧諸国や韓国はこのタイプだ。

     日本は1番目と4番目のタイプの境界に位置しているが、これから先どの方向に動くだろうか。これまでの傾向としては、右下方向にシフトしてきている
    (大学進学率が低かった時代では、大卒学歴の効用は大きかった)。今後もそれが続くかもしれないが、右上に動くことも考えられる。
    大学進学率(現在は50%)が上昇することで、高卒以下の学歴の者がマイノリティーになることを意味する。


     ここで想起されるのは、「オーバーエデュケーション」の問題だ。日本は、「今の仕事に求められる学歴よりも、自分の学歴は高い」
    と考える労働者の割合が世界で最も高い(「日本人、学歴高すぎ? 仕事上の必要以上に『ある』3割」朝日新聞、2013年10月24日)。
    今や同世代の半分が大学に進学するが、大卒学歴にふさわしい仕事(専門技術職など)は社会にそれほど多くない。
    各国の高等教育機関(大学・短大・高専)の修了者と、管理職・専門技術職の数を比較すると、前者が後者から溢れているのは
    日本と韓国くらいだ<図2>。声高に言われることはないが、日本では学歴と職業のミスマッチが起きている。高等教育にはカネがかかるし、
    その上、社会的に人材が不足しているわけでもないのに、それをむやみに拡大しようとするなら批判を免れない。

    【参考記事】「団塊、団塊ジュニア、ゆとり」 3世代それぞれの人生の軌跡
    no title

     しかしグローバル化が進んだ現在、高等教育修了生の活躍の場は国内とは限らない。韓国では大卒者の多くが国外に出ていくというが、
    日本もやがてそうなっていくのだろう。縮小を続ける国内市場だけを見据えると「大学を減らす」方が良いということになるが、これからの人材育成は、国境のない「ボーダレス」社会を想定しなければならない。
     高等教育の効果は、賃金や職業がどうかという経済面だけでなく、社会的な面にも及ぶ。知識や教養ある人間が増えれば、
    道徳心が増して犯罪が減るなど、社会全体の公共心の向上につながる。高等教育の社会的な効果について、計量的な研究が待たれる。


    lowperformance



    関連記事

     






    ベッキーついにブチ切れた!ゲス川谷に鉄槌


    早稲田大学サークル「SOPHIE」、居酒屋での非常識なトラブルで炎上・・・(画像あり)

    民進党・山尾議員のコーヒー代がすごい額になってるんだがwwwww

    マクドナルドのヤバい映像

    “ヤバすぎる”日本三大奇書とは?

    硫酸のパワーすげえ!が良く分かる面白実験。わずか3分でこんなになっちゃうのか。

    【朗報】またやったぜ日本!折りたたみスマホの開発に成功!!!

    Wi-Fiただ乗りしてる隣人を晒し上げたいんだけど

    入社式で結構可愛い女が泣かされててワロタwwwwwwwww

    韓国人「日本のツイッターで拡散している韓国の画像をご覧ください」

    参照記事 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1460770338/



    このページのトップヘ