高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    保育士


    1: 高低差速報
    ホリエモンが、『「なんで保育士の給料は低いと思う?」低賃金で負の循環』(朝日新聞デジタル)という記事に対して、「誰でも出来る仕事だからです」とコメント。ネット上で物議を醸している。

    発言に対して、「そんなに言うなら一か月保育士をやってみて」「国家資格が必要だから誰にでも出来るわけじゃない」といった批判が○到。総じて、保育士という仕事を馬鹿にしていると、ネガティブに捉える人が少なくなかった。

    しかしホリエモンの発言を紐解くと、そこには事実に即した論拠があり、単に保育士という仕事を蔑視しているわけではないことが分かる。

    おれバカにしてないんだけど笑。単に誰にでもできる仕事っていっただけで別にバカにしてないだろ。
    https://twitter.com/takapon_jp/status/918851517192404993

    それでは、保育士の仕事を「誰でも出来る仕事」と一刀両断するホリエモンの真意は、どこにあるのだろうか?

    確かに、「誰でも出来る仕事」の一言だけだと言葉足らずな部分はあるだろう。
    まず大前提として、「誰でも出来る」=「楽な仕事」ということではない。

    あのな、大変なのと、誰でもやれるをごっちゃにするなよあほが
    https://twitter.com/takapon_jp/status/920155911590633472

    丁寧に行間を埋めると、「誰でも出来る仕事」とは
    「誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)仕事」
    という意味だ。

    そして誰でも出来るからこそ、仕事としての希少性は低く、給料も上がりにくい構造になっている。
    http://weblog.horiemon.com/100blog/45087/
    horie_04



    関連記事


    このページのトップヘ