高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    保険料


    1高低差速報

    ■ 低賃金でこき使われる若手医師

    日本の医療の制度設計の問題は「医師が肉体労働者」であることを考慮していないことだ。
    部長や教授のような管理職になる一部の医師を除き、医師が最も働けるのは20代後半から30代半ばまでだろう。
    前出の調査でも残業時間は年齢とともに単調減少している。

    ところが給与は年功序列だ。大学病院の場合、20~30代の年収は300万~600万円、40~50代で800万~1000万円くらいだ。
    市中病院では、それぞれ600万~800万円、1500万円くらいだろうか。
    病院経営は「若手が働き、年寄りを養う」構造になっている。

    経営を効率化するには、若手を確保し、年寄りを辞めさせるのがいい。
    以前から、働けないロートル医師は、病院幹部から肩たたきされて開業したり、中小病院の管理職になっていた。

    このやり方はプロ野球経営と似ている。毎年オフになれば、ドラフト会議で有望な若手を獲得する一方で、働きの悪いベテラン選手は肩たたきされる。
    コーチや解説者になれる一部の選手を除き、野球とは全く別の第二の人生を歩む。多くの場合、収入は激減する。

    医師がプロ野球選手と違うのは、「現役」の勤務医よりも、「引退後」の開業医の方が収入が高いことだ。
    人にもよるが、開業医の年収は2000万~3000万円程度だ。

    この差は、開業医の方が勤務医より、よく働くとか、提供する医療行為の付加価値が高いからではない。
    厚労省が定める診療報酬が、開業医に有利になっているだけだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161125-00048469-jbpressz-soci
    JBpress 11/25(金) 6:40配信



     
    20150611205353
     
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    医師の養成数を増やすべきか否か―。
    14日に開催された社会保障審議会医療部会の会合で、その在り方をめぐって委員が応酬する場面があった。
    将来の医学部定員の在り方は今後、医師の診療科や勤務地の偏在対策を強化させた上で検討される予定だが、意見の相違が表面化したことから、医療界での早期の意見集約が求められそうだ。

    【以下略】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000000-cbn-soci





    149_TOP_モテる医師

    関連記事






    「24時間テレビ」を批判した裏番組のNHK生「バリバラ」に大反響!!


    父親が拒否!娘と結婚してほしくない男TOP10

    【画像あり】これアスペには理解できない漫画らしい

    【画像あり】広瀬すずのご飯の食べ方wwwwwww

    【闇】吉本芸人を40人以上喰った伝説の素人女!?カラテカ入江のヤバいトラウマエピソード

    これ考えたの天才だろ。カネボウ化粧品の洗顔料がすごいと海外で大絶賛されている。

    【※衝撃】腎臓からギネス級の石が摘出される映像がトラウマ。。(動画)

    熟成させ過ぎた。9カ月を経てへそからの脱出をきめたへそのゴマ

    海外「やっぱ本場は違う!」 日本のご当地ラーメンの多様さに外国人が衝撃

    ぼく「貴社のNAS丸見えですよ」メール送信っと・・・

    参照記事 : http://2ch.sc/



    このページのトップヘ