高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    借金


    1: 高低差速報
    現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると
    抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスして
    リポートしていく。

    A4判の書類がある。日本学生支援機構による「貸与額通知書」。返還総額予定の欄には、利子が付かない第一種と呼ばれる
    貸付金が「3,072,000円」、利子が付く第二種が「8,436,847円」と、それぞれ記載されている。早稲田大学2年生のタクマさん
    (26歳、仮名)は卒業と同時に1100万円以上の借金を背負う。卒業後、20年間にわたり毎月約5万円を返し続けていかなくては
    ならない。

    「将来、返済が終わっている自分の姿が見えないんです。このまま大学に通い続けるべきなのか。それともこれ以上、
    借金が増える前に中退して働いたほうがいいんじゃないか。最近、本当に迷っています」

    物心ついた頃から父親はいなかった

    福岡県内の地方都市で育った。物心ついた頃から父親はおらず、母親と2人暮らし。母親が父親のことを語ることはほとんど
    なかったが、母方の祖母が、母親はDVを受けていたことや、両親はタクマさんが生まれてすぐに離婚したこと、養育費が
    支払われたことは一度もないことなどをぽつぽつと話してくれたという。

    幼い頃、タクマさんは体が弱く、よく熱を出した。このため、母親は時間の融通が利くパンの移動販売や乳酸菌飲料の訪問販売で
    生計を立てた。しかし、これらの雇用形態はいずれも個人事業主。ガソリン代は自腹のうえ、売れ残った商品の一部を
    買い取らなくてはならず、手取りから相当額を引き去られる月もあったという。その後は別の仕事に就いたが、いつも縫製や
    はんだ付けなどの内職との掛け持ち。働き詰めなのに家計は苦しく、家事をする時間的な余裕もなく、ご飯と味付け海苔だけで
    何日も過ごしたこともあった。

    以下ソース
    http://toyokeizai.net/articles/-/189319



    scholarships

    関連記事



    1: 高低差速報
    9日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、かつて多額の借金を背負ったことのある歌手のさだまさしが、借金について持論を展開した。

    さだをゲストに迎えたこの日の番組では、さだのコンサートのトークを収録したCD「さだまさし ステージトーク大全」の新聞広告を取り上げた。
    コンサートの半分を占めるというさだのステージトークを18回にまとめているという。

    この新聞広告に関連し、さだについて出演者がコメントしていく中、「さだの凄さ」についてコメントを求められたコメンテーターの美保純は
    「いっぱいお金稼いできたんだろうな」と切り込み、笑いを誘った。

    さだは冷静な様子で「ずいぶん稼ぎましたけどね。ずいぶん酷い借金もしましたよ」と吐露し、「人生いってこいですね」
    「五分五分でOKですよ」と人生論を語った。続けて、さだは「返せる借金はしたほうがいい」「返せない借金は、絶対にしてはダメです」と持論を展開していた。

    なお、さだは28歳で自身が監督・主演を務めた映画の費用として35億円の借金を背負い、およそ30年かけて完済している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13453622/
    no title

    関連記事


    1: 高低差速報
    ひろゆき「年収1億って少ないけどいるじゃないですか、スポーツ選手とか芸能人とか自分で会社経営してる人とか。 でも彼らが借金しようとしたら1億なんてまず借りれないんですね、年収1億あろうが審査通らないんですよ。
    収入不安定な人がお金を借りようとすると1億以上の価値がある家とか資産を抵当に入れないと貸して貰えないんですよ。
    収入安定してる有名企業のサラリーマンも家買う時に数千万でしょ?1億は借りないんですよ。世間では年収1億スゲーってなると思うんですけど実は借金1億の方が凄いっていう話です 」



    nihiro-379e1

    関連記事


    1高低差速報

    ■国の借金1000兆円のウソ

    右側の国債残高はおよそ1000兆円、左側の日銀保有国債は約400兆円である。これらを「無効化」すると、国債残高は「瞬時に減少」するとスティグリッツ氏は主張しているのだ。

    ちなみに「無効化」とは内閣府が用意した資料の和訳によるもので、筆者は「相殺」と訳すべきだと考えている。というのも、スティグリッツ氏が書いた英文原資料には「Cancelling」とあり、これは会計用語で「相殺」を意味するからだ。国全体の国債と、日銀保有の国債は「相殺」できると考えるとわかりやすい。

    たしかに、日銀の保有国債残高に対して、政府は利払いをするが、それは「国庫納付金」として政府に戻ってくるので、利払いのぶん国債が増えることにはならない。

    要するに、スティグリッツ氏は「国の借金が1000兆円ある」という主張を鵜呑みにしてはいけないと警告している。

    この考え方をさらに進めると、政府の連結資産に含められるのは、日銀だけではない。いわゆる「天下り法人」なども含めると、実に600兆円ほどの資産がある。これらも連結してバランスシート上で「相殺」すると、実質的な国債残高はほぼゼロになる。日本の財務状況は、財務省が言うほど悪くないことがわかる。

    スティグリッツ氏は、ほかにも財政再建のために消費税増税を急ぐなとも言っている。彼の主張は、財務省が描く増税へのシナリオにとって非常に都合の悪いものなのだ。

    彼の発言は重要な指摘であったが、残念ながら、ほとんどメディアで報道されなかった。経済財政諮問会議の事務局である内閣府が彼の主張をよく理解できず、役所の振り付けで動きがちなメディアが報道できなかったのが実際のところだろう。


    (補足)
    スティグリッツ:Wikipedia
    国債:Wikipedia

    (参照記事)
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51314 




    Main_2W7X0662




    関連記事

     



    1高低差速報
    ◆堀江貴文氏 自己破産が増える奨学金の問題点を指摘「実態は学生ローン」

    19日放送の「クローズアップ現代+」(NHK総合)で、堀江貴文氏が、奨学金制度における問題点を指摘した。
    番組では、卒業後に奨学金を返せず自己破産する若者が増えている問題を取り上げた。

    この中で、大学卒業から7年後に自己破産した29歳の女性を取材。
    母子家庭で育ったこの女性は、高校・大学の奨学金として合計600万円を借りた。

    卒業後は非正規の保育士として働くも収入が少なく、返済ができなかったようだ。
    女性には婚約者もいたが、破産による迷惑を考えて婚約を解消したという。

    この問題に堀江氏は、現在の奨学金は実態が「学生ローン」だと指摘。
    「ネーミングがよくない。返さなくていいのが『奨学金』のはず」と、その本質の矛盾を突いたのだ。

    さらに堀江氏は「返済能力があるかないかも分からないのに500~600万円貸してるでしょ?そこはひとつの問題」とし、
    世帯収入が下がっているにもかかわらず、教育にかかる費用が年々増加している現状にも言及したのだった。

    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)

    トピックニュース 2016年12月21日 12時55分
    http://news.livedoor.com/article/detail/12445392/





    img_1ddd4888197b2846031246fe00ef7383269695

    関連記事

    このページのトップヘ