高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    値段


    1: 高低差速報
    200万タイトルに及ぶ書籍を分析した結果から、著者名に女性の名前が入っている本は男性の本に比べて価格が45%も低く、およそ半分の値段で販売されているという実態が明らかになっています。

    この実態を明らかにしたのは、ニューヨーク市立大学クイーンズ校の社会学者であるダナ・ベス・ワインバーグ氏と数学者のアダム・カペルナー氏の研究チームです。ワインバーグ氏は、出版の世界は著者・評論家の両面で男性によって支配されて偏りが生じていることを明らかにした2017年10月のGuardianの記事に関心を持ったことから、今回の調査を行うことを決めたとのこと。この調査についてワインバーグ氏は「我々の研究では、『著書のジャンルにおけるジェンダーの分離』『ジャンルごとの価値の違い』『ジャンル内での差異』の3つの点を調査しています」と述べています。

    引用記事:https://gigazine.net/news/20180510-women-book-half-price/
    CBSE-schools-to-run-tuck-shops




    関連記事


    1: 高低差速報
    安いものには安いなりの理由というか、リスクがあるものだ。
    先日、移動中に使える小さいノートPCを購入したが、キーボードの効きが悪く、「A」と1度タップしただけで「ああああ」と表示されるなどして、結構苦慮した。

    その後パソコンの修理店に持ち込んで直してもらったが、数千円ぐらいかかった、「こんなことならもっとちゃんとした奴を買っておけば良かった」と後悔してしまった。
    まさに安物買いの銭失いの典型である。

    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=47721
    money_tokeru_yen



    関連記事



    1高低差速報
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170523-00016358-forbes-sci

    iPhone 8は「1000ドル突破」確定 アップルは値上げに強気姿勢

    費用の高騰の理由はOLEDパネルの採用だ。「3DタッチセンサーをOLEDパネルに組み込む場合、繊細なパネルを保護するために前面と背面の双方をガラスで覆う必要があり、これがコスト上昇を招く」という。

    コスト高の要因は既に様々な面から指摘されている。ゴールドマン・サックスによるとOLEDパネル自体が35ドルの価格上昇につながり、さらに3Dセンシング技術の採用が20ドル、メモリのアップグレードが従来の端末から16~29ドルのコスト高につながるという。

    3Dタッチモジュールの投入により合計で100ドルのコストが上乗せされることになるが、これは氷山の一角だ。新端末には待望のワイヤレス充電や急速充電機能の搭載も期待されている。

    iPhone 7 Plusの256ギガモデルは既に969ドル(日本では107,800円)で販売されており、アップルが業界で最大レベルの利益率を維持することを考えると、新端末の価格は低く見積もっても1000ドルを超える。

    ゴールドマン・サックスは「アップルは既に設計工程を終えた」と述べており、製造コストの算出は既に最終段階に入ったと見られる。小売価格はさらに積み上がることになりそうだ。

    アップルは製品の値上げを躊躇しない。新型MacBook Proの価格は大幅に上昇したが、売上は好調でブランドイメージも守られた。通信キャリアとの契約とセットで販売されるiPhoneは長期間にわたりアップルの利益を保証する。

    新型iPhoneが1000ドルを超えることは確実であり、全てが順調に進めばアップルはまた新たな収益源を確保することになる。



    20170523-00016358-forbes-000-2-view
    関連記事


    1高低差速報
    製造コスト上昇のほか、円安ドル高傾向にある最近の為替レートを考慮した場合、現在最高値である

    iPhone7Plusの256GBモデルの107,800円(税抜)を凌ぎ、12万円を超える可能性が懸念されている。

    「12万円越え」との予想に、「高すぎる」との声が相次ぎ、中には機種変更の見送りを検討する人まで。(ry)

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161067359/#article






    54192193d79b3314f8d8ebe77de38b20-1024x576
     
    関連記事

    このページのトップヘ