高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    健康



    1: 高低差速報
    ブラジルの学者たちは、断食が髪の毛の集中的な成長を引き起こすことを証明した。
    ポータル「エウレカラート」が、「セル・リポート」誌に掲載された調査結果を引用して伝えた。

    学者たちは、マウスの1つのグループには食事の量が厳しく制限し、別のグループには
    適正な食事量を与える実験を半年間にわたって行った。

    結果、マウスにとって適正な食事量の60%しか与えられなかった1つ目のグループの
    マウスは体重が半分に減ったほか、皮膚の厚さと毛の密度が増し、毛も長くなり、
    さらに皮膚の血管の全長も伸びたという。

    学者たちは、このような大きな変化について、マウスが新たな食事の規則に適応した結果だと考えている。
    一定の体温を維持するための熱量が少なくなったことで、体毛の成長が引き起こされたとみられている。
    ブラジルの学者たちは、今回得られた結論は人間にも当てはまると主張している。

    https://jp.sputniknews.com/science/201709134082704/



    hair_hage_atama7

    関連記事



    1: 高低差速報
    「たばこ休憩不平等」で禁煙者に有給

    「たばこ休憩が勤務時間に含まれるのはおかしい」。

    吸わない人が持つ、こんな不満。
    そんな不公平感を解消すべく、たばこを吸わない人に、年間最大6日の有給休暇を与える制度を、
    東京都内のAI(人工知能)を使ったマーケティング会社が、9月1日から開始する。
    「うちの会社も取り入れてほしい、たばこ休憩多すぎて腹立つし」、「そんなに喫煙者をいじめなくても」など、この制度には、賛否両論あるもよう。

    https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00368800.html




    b282297a96a88215aa68435889407a22

    関連記事


    1: 高低差速報
    WHOが危険だと警鐘を鳴らす添加物

    セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、
    サークルK・サンクスなど大手コンビニは
    どこもブラジル産鶏肉を使用しています。

    コンビニのから揚げには、
    ナイアシン(ニコチン酸アミド)、
    リボフラビン(ビタミンB2)、
    乳酸カルシウム
    などの添加物が栄養強化剤として添加されているケースが多くあります。

    乳酸は
    WHO(世界保健機関)が
    乳児用に使用すべきではないと警告されている添加物です。
    乳酸カルシウムなら安全というのはおかしなことです。

    いずれにせよ、から揚げの原材料を明らかにしているコンビニは皆無です。
    子どもたちが大好きな食品だけに、
    ホームページ上で原材料をすべて公開すべきです。

    http://biz-journal.jp/i/2017/07/post_18789_entry_2.html



    P4030021 (2)

    関連記事



    このページのトップヘ