高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    出世


    1: 高低差速報
    お話の世界では、努力は報われ、正直者は幸福になり、正義は最後に勝つことになっています。しかし、現実はどうでしょうか。

     アメリカの研究者が調べたところ、職場では仕事を頑張るより上司の評価を「管理」したほうが、より高い勤務評価を得ていました。評価の管理とは、ようするに“おべっか”のことです。

     もちろん、どんな組織にもゴマすりはいます。「そんな奴はみんなから嫌われるから、最後は失敗するにきまってる」と思うかもしれません。しかしこれも、調べてみた研究者がいます。すると驚いたことに(まあ、驚かないひともいるかもしれませんが)、どれほど見え透いたお世辞であっても、ゴマすりが逆効果になる限界点はありませんでした。ゴマはすればするほど得になるのです。

    引用記事:http://diamond.jp/articles/-/153530
    building_kaisya_small



    関連記事


    1: 高低差速報
    「管理職になりたくない」という若手、中堅社員がここ数年で急速に増えています。

    リクルートマネジメントソリューションズが3年おきに実施している「新人・若手の意識調査」によると、「管理職になりたい」および「どちらかといえばなりたい」と回答した肯定派の割合が減少し、2010年の新人では55.8%だったのが、2016年の新人では31.9%となっています。

    しかも、この2016年の新人は、「管理職になりたくない」「どちらかといえばなりたくない」という否定派の割合が37.9%となり、本調査で初めて管理職になりたい人たちを上回る結果となっています。さらに、新人だけでなく、3年目の若手、7年目の中堅でも、管理職になりたくないという否定派が、肯定派を上回る結果になっています。

    引用記事:http://toyokeizai.net/articles/-/199466

    関連記事



    1高低差速報
    http://jp.wsj.com/articles/SB12759854608153193634404583178552537878868




     部下にひどい扱いをしても解雇されない有害上司がいるのはなぜかと思ったことはないだろうか。新たな調査によると、それは、ごく短期的にその上司が有能に見えている可能性があるからだ。

     調査によると、競争が激しく、勝つか負けるかといった雰囲気がある会社の場合、有害上司の下で働いていると回答する人が多い傾向にある。

     競争が激しい社風だとされる企業の一例が、配車サービスのウーバー・テクノロジーズだ。同社の現・元従業員によると、有能で仕事ができる上司は最近まで、悪い言動を指摘されることがほとんどなかった。同社のエンジニアだったある女性によれば、上司からハラスメント(嫌がらせ)を受けたと苦情を申したてたが、上層部は訴えをはねつけた。この上司がトップの実績を上げている一人だったからだ。だが同社のトラビス・カラニック最高経営責任者(CEO)は、女性の訴えを聞き入れ、ハラスメント行為を非難し、調査を命じた。ウーバーはこれ以降、企業文化を変えることを目的とした多数の対策を打ち出しているという。
    関連記事


    1高低差速報
    上司の誘いを断ると、人事評価や昇進・昇格に影響するのか。医療機器メーカーの人事部長は「もう出世に影響を与えることはない」と話すが、大手銀行の人事担当者は「飲み会参加は鉄則」と語る――。

    医療機器メーカーの人事部長はこう語る。

    「かつては上司に誘われれば忠犬のようにつきあうことで上司の覚えがめでたくなり、“情実人事”で課長になる人もいました。でも今ではライン課長になれるのは3割、しかも仕事の成果を出さなければ無理です。飲みにつきあって心証をよくしても出世できる時代ではない。また、最近は女性社員を含めて子育てなどで終業後の時間が制約される社員も増えていますし、参加する、しないで評価が出世に影響を与えることはなくなっています」

    よって現在は飲み会を断っても特に問題はないという雰囲気があるようだが、社風や業種、所属部門などが変われば、飲み会の重要性が増すケースもある。

    ▼「部下の人事評価は、当然、酒席での観察を含む」
    ある大手銀行の人事担当者は、部署での飲み会参加は「鉄則だ」と語る。

    「部・課長から誘われたらよほどの事情がない限り、昔も今も参加は必須です。参加しないと部長から『彼はどうしたのかね』と必ず聞かれますし、一種の“おつとめ”みたいなものです。日頃部下と話す機会のない上役にとっては情報収集の場でもあり、酒の席での話題には目を光らせています。部下の発言や態度はけっこうチェックしていますし、人事評価には業績評価以外に行動評価がありますが、酒席での観察も入っているのは間違いないでしょう」

    世間では飲み会への参加強要はパワーハラスメントではないかとの意見もあるが、大手銀行では「飲み会=仕事」というのが暗黙の了解のようだ。

    そつがなくバランス感覚の優れた人が昇進する銀行では減点評価が主流。ふだんの仕事内容は当然のことながら、酒席も一切気を抜けない。無論、飲み会拒否はマイナス評価でしかないのだ。
    http://president.jp/articles/-/22052



    img_4ebc66a49e188d8b063cd5ba71186e12689551
    関連記事


    1高低差速報
    http://president.jp/articles/-/21440
    出世する男の会話や振る舞いは何が違うのか


    できる男の人は酒を飲んでも、決して酒に飲まれません。酒を飲んでいない普段の状態のときにどんなに紳士的でステキな人でも、
    お酒を飲んで豹変するような方は、人の上には立てないでしょう。お酒を飲んで大騒ぎをしたり、
    他のお客様の迷惑になることをしたりするのは、店にとって本当に困ったことです。クラブは社交の場ですから、
    「お酒の上のことだから」などという言い訳はありえないことですね。お酒の飲み方にも品性があらわれるものです。

    お酒を飲んで人の悪口を言ったり、愚痴をこぼしたりするのも避けるべきです。
    お酒の席では、日ごろの愚痴が口をついて出てきてしまうものですが、
    やはり表の顔を見せるのがクラブです。よそいきの顔をしながらどれだけ面白く遊べるかも、男
    の器量のひとつなのです。こういう店で素を出すべきではありません。それができない人は、
    野暮だと言われてしまいます。当店にいらっしゃる方には、愚痴や悪口を言われるような方はまずいらっしゃいませんね。


    できる男の人のお酒の飲み方として共通しているのは、潔さです。高級クラブだけに値段がそこそこ高いのは事実です。
    元を取ろうと長い時間粘りたくなる気持ちもわかりますが、できる男の人は長居をされません。「値段」ではなく「時間」を大切にされるからです。
    特にお店が混んでいるときには、次の人に席を空けてあげる粋な飲み方というのは、店にとっては一番嬉しいことです。
    「いらっしゃいませ」と私たちが声を出すと、お店に入ってきた人を見て、「ほな、帰ろか」と言ってくださる。
    狭い店では、お客様のそういう心遣いがとてもありがたいものなんです。


    なんといってもお客様に対する評価が出るのは、どうしてもお勘定の払い方になります。今では、クレジットカードの支払いが
    主流になりましたが、かつてはキャッシュかツケ払いでした。お勘定はツケ払いよりもキャッシュのほうが喜ばれると言われますが、
    しっかりしたお店では、必ずしもそうではありません。
    キャッシュ払いだと、その人の足跡が残りませんから、店からすると、どのような方なのか理解しにくくなるのです。
    ツケにしてあれば、支払いを記したノートを繰れば、「この人は若いのに実に几帳面に勘定を払ってくださる」などすぐにわかります。
    そうなれば、店に他のお仲間とお見えになっても、「いらっしゃい」と迎える女の子の声にも力が入るものです。つまり、ツケのほうが店に対して
    信用がつくということなんです。いずれにしろ、仕事のできる男性はおカネにきれいで、ホステスにもて、品格、気遣い、
    優しさが半端ではなく、人を引きつける魅力にあふれていらっしゃいます。



    main1
     
    関連記事


    1高低差速報
    将来性のある男性と、できればお付き合いをしたいと思う人も多いのではないでしょうか。出世しそうな男性を見つけるためにも、
    普段どんなところへ行っているのかは気になるところですよね。そこで、「出世する男性」が必ず行く場所について、男性に聞いてみました。

    ■セミナー
    ・「セミナーなど、スキルアップにつながる集まり」(37歳/印刷・紙パルプ/その他)
    ・「セミナーなどに参加して、自己研鑽に励んでいる」(28歳/機械・精密機器/技術職)

    ■飲み会
    ・「仕事終わりの飲み会。人付き合いがいい=出世しやすい、と思う。仕事には円滑な人間関係が不可欠だと思うので」(27歳/マスコミ・広告/営業職)
    ・「飲み会に参加してコネクションを作る人」(36歳/その他/事務系専門職)

    ■バー
    ・「いろいろな人が集まるバーに行って情報を集める」(39歳/学校・教育関連/専門職)

    ■神社
    ・「神社。よく行ってる人は実際出世している」(39歳/不動産/営業職)

    ■本屋
    ・「本屋に頻繁に通う男性は出世する」(39歳/その他/その他)
    ・「本屋。本を読んで情報を集めることは仕事をする上で必須」(30歳/医療・福祉/専門職)

    ■ゴルフ
    ・「ゴルフ場。上の人間に好かれるからゴルフ場だと思う」(38歳/小売店/販売職・サービス系)
    ・「よくゴルフに行くやつが出世してたな」(36歳/印刷・紙パルプ/技術職)

    http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170112/Escala_20170112_6535395.html



    img_937b78f69849966de719d395ade8aa491087296

    関連記事

    このページのトップヘ