高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    初任給


    1: 高低差速報
    ファーウェイの大卒初任給40万円 世界標準ではまだチープ

    2017年の新卒の初任給は、厚生労働省の発表によると院卒者が23万3400円、大卒が20万6100円だ。
    経営コンサルタントの大前研一氏は、この金額はまだまだ世界に大きく遅れをとっているとみている。
    スマートフォンなどでお馴染みの中国のファーウェイ(華為技術)を例にとり、グローバルスタンダードな
    給料について解説する。

    以前「70代よりも出不精な20代」の問題を取り上げたが、家に引きこもる内向きな若者の増殖は、今の日本の
    凋落を象徴していると言えるだろう。

    すでに述べてきたように、日本は給料がほぼ20年間にわたって下がり続け、初任給は平均20万円ほどのまま
    である。時価総額10億ドル=約1000億円の「ユニコーン企業」も、世界217社のうち日本企業はわずかに
    メルカリ1社だけというお寒い状況で、国民の心理は冷え込む一方だ。これを反転させるのは非常に難しい。
    引用記事:http://www.news-postseven.com/archives/20180107_641068.html
    money_fueru



    関連記事


    1: 高低差速報
    ファーウェイの初任給月40万円が話題 「普通に就職したい」「優秀な人は流れていっちゃう」


    中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の日本での初任給が40万円以上だと話題になっている。

    リクナビ2018に掲載されたファーウェイ・ジャパンの求人広告によると、募集職種は「通信ネットワークエンジニア」「端末テストエンジニア」「端末アフターサービスエンジニア」
    「研究職・アルゴリズムエンジニア」の4つ。月給は学士卒で40万1000円、修士卒で43万円に設定されている。年に1回以上は賞与があるというから、賞与が月給2か月分だとすると年収は初年度から560万円以上になる。

    「有給消化50%以上」「完全土日祝休み」ともあり、きちんと休むこともできるようだ。もちろん各種社会保険も完備されており、退職金制度も整っている

    https://news.careerconnection.jp/?p=37532 


    fb_img

    関連記事

    このページのトップヘ