高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    前澤友作


    1: 高低差速報
    ZOZOの前沢友作社長(42)が、「批判したい奴も嘲笑いたい奴もどうぞどうぞ」とアンチに反論した。

    前沢氏は、女優の剛力彩芽(26)との交際や世界で初めての民間月旅行、個人での納税額を公表して、連日ニュースを騒がせている。
    それだけに批判も含めさまざまな意見が寄せられているが、6日に「批判したい奴も嘲笑いたい奴もどうぞどうぞ。そんなの屁でもないわ。
    何言われようが、昔からギリギリの中で自分確立してきて今があるから」とバッシングに対してツイートした。

    前沢氏は「お前らがSNSやテレビの中で人のこと馬鹿にしてこそこそ笑ってる間に、俺は進むわ。月へも行くわ。
    だから、いつまでもそうやって笑ってればいいよ」とつづった。さらに「品なんかないけど、夢はあるわ」と続けている。
    引用記事:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810060000980.html
    bunshun_8261_0


    関連記事


    1: 高低差速報

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000144-sph-ent
    no title

    instagramより@yusaku2020

     ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOの前澤友作社長(42)が2日、自身のSNSで1717年製のストラディヴァリウスを購入したことを明かした。

     前澤社長はツイッターで「1717年製のストラディヴァリウス『Hamma(ハンマ)』を買いました。バスキアと同じように、世界中を旅させ、現地音楽家の協力のもと、その地域や国々の子供たちの耳にその力強くも繊細な奇跡の音色を届けていきたいと思います」とつづった。

     インスタグラムでは前澤社長が演奏する動画も公開されている。

    関連記事


    1: 高低差速報
    女優の剛力彩芽(25)と交際中のファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長(42)が11日、ツイッターなどのSNSで、自身のことを投稿することについて見解を示した。

     「今後も僕はいろんなモノやコトをここで自慢しまくるので、嫌な人は見ないでね」と呼び掛けた前澤社長。

    続けて、「けど思うんだけど、世界中の人が自分の大切なモノやコトを堂々と自慢して、それをみんながリスペクトして、いいねって言える世の中って素敵だと思うんよね。そうするとみんなが好きなことに自信持てるじゃん」と「#世界平和」のハッシュタグを添えツイートした。

     前澤社長はこのつぶやきの数時間前に「新しい飛行機。内装はHERMES社。素材とカラーはほぼ決定。イメージカラーは織部グリーン。今回はシャワー付き」と内装の写真をアップし公開している。
    引用記事;http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15146766/

    no title

    関連記事


    1: 高低差速報
     スタートトゥデイが運営するファッション通販サイト「ZOZOTOWN」で10月1日から、顧客が送料を自由に設定できる「送料自由」の試験が始まった。同社によると、2日の正午から午後7時の間に、送料「0円」を選んだ人は38%いたという。


    ZOZOTOWNの送料は従来、購入額が4999円(税込)以上なら無料、未満なら399円だったが、10月1日からは、顧客が自由に指定可能に。100円~1500円の範囲(100円単位)で選べるほか、0円~3000円まで1円単位で設定できる。同社の前澤友作社長「運ぶ人と受け取る人との間に、気持ちの交換が生まれれば」と狙いを語っている。

     同社によると、2日の正午から午後7時の間に、送料「0円」を選んだ人は38%。同社が宅配会社(ヤマト運輸)に支払う実質額を上回る送料が設定された注文は「全体の0.2%」だったという。有料を選んだユーザーは何円に設定した人が多かったかや、9月30日以前と比べて送料の平均額が増えたか減ったかなどは「非公開」としている。

     送料の実質額を上回った分は「今後の物流サービス拡充のための軍資金として有効利用する」と説明。「宅配会社の協力のもと、物流サービス全般のレベルアップ、サービス向上・改善のために活用する」という。具体的な活用法は「宅配会社への還元方法も様々あるため、現在、検討中」としている。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/03/news096.html


    d_cover

    関連記事



    1: 高低差速報
    ゾゾタウンの開始は2004年。「服はネットで売れない」という常識を覆し、今では年間の商品取扱高が2000億円を超す。今年8月には、上場から10年足らずで時価総額が1兆円を突破した。

    百貨店首位の三越伊勢丹ホールディングスは約4600億円だから、すでに2倍以上の差をつけている。これまで国内アパレル業種で時価総額が1兆円を超えていたのは、「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングだけ(約3.3兆円)だった。小売業全体でも時価総額が兆円単位の企業はセブン&アイ・ホールディングスやイオン、ニトリホールディングスなど数社しかない。ゾゾタウンの拡大に加えて、PBという新たな展開に打って出る前澤社長とはどんな経営者なのか。

    「人知れず努力する」「数字に強い」

    古くから前澤氏を知るのが、EC事業本部担当の武藤貴宣取締役だ。武藤氏が入社したのは2002年で、当時は輸入CD・レコードの通販とネット上のセレクトショップ「EPROZE(イープローズ)」の運営が中心だった。(1998年に有限会社スタート・トゥデイ設立。2000年に株式会社スタートトゥデイに組織変更)。

    15年にわたって前澤氏を見てきた武藤氏は、「昔から変わっていない。人が見ていないところですごく努力して、あるとき(完成形を)バンッと出す。今も(PBのために)いろいろ調べているんでしょう」と話す。武藤氏が入社したとき、社員は数人しかいなかった。「今の従業員からすると信じられないかもしれないが、当時は前澤がいちばん早く会社に来て、いちばん遅くまで残って作業をしていた」と振り返る。

    PBの展開でも「あるときバンッと出す」としたら、今回公開された巨大な工場が重要な拠点になりそうだ。

    スタートトゥデイのナンバー2である栁澤孝旨副社長兼CFO(最高財務責任者)は、前澤氏について「ものすごく数字に強い」と話す。

    栁澤氏は富士銀行(現・みずほ銀行)、NTTデータ経営研究所、みずほ証券などを経て、2006年にスタートトゥデイの常勤監査役に就任。2009年からCFOを務める数字のエキスパートだ。スタートトゥデイの上場前からそばで見てきた印象は、「前澤は右脳と左脳の両方を使う。アイデアマンだが、思いつきで事業はやらない。これは10年前から同じ。自分でアイデアを出しつつ、数字に強いからきちんと採算を考えて、『あ、これは儲からない』と即座にわかる。だから結構、石橋をたたいて“壊す”」(栁澤氏)という。

    マーケティング本部担当の澤田宏太郎取締役も、右脳と左脳という言葉で前澤氏の特徴を語る。「右脳と左脳の切り替えがとても速い。前提や制約がないところで、突拍子のない案を次々と出す。一方、どこかの時点で絶対に『数字で積み上げるとこうなるよね』と言ってきて、非常に細かい単位で考えている。彼の中で右脳と左脳の思考が行ったり来たりしながら、いいあんばいのところにたどり着く」という。
    http://toyokeizai.net/articles/-/189577
    8dcc478c




    関連記事


    1高低差速報
    米国人画家バスキアの無題の作品が18日、ニューヨークで競売に掛けられ、衣料品インターネット通販「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイ社長の前沢友作氏が、約1億1050万ドル(約123億円)で落札した。

     競売大手サザビーズによると、6千万ドルの予想価格を大幅に上回り、米国人芸術家の作品の落札額として過去最高。
     前沢氏は昨年5月にもバスキアの作品を約5730万ドルで落札し、話題となった。

    https://this.kiji.is/238160181953183752




    75e55_476_27855c7bc0394e0f1f40117a40a5e3f0
    関連記事

    このページのトップヘ