高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    劣化


    1高低差速報

    <アイスランドの研究チームが、「より多くの時間を教育に費やす傾向にある遺伝子群が1910年から1975年までに減少している」という研究結果を発表した>

     科学技術の進歩や文明の発展によって、人類の生活は、より便利で豊かになってきた。それゆえ、ともすると「現代人は、昔に比べて優れた能力を持っている」と思いがちだが、果たして実際はどうなのだろうか。

     アイスランドの首都レイキャビクでゲノム(DNAのすべての遺伝情報)の収集・分析を行うdeCODE社の研究チームは、2017年1月、「アイスランドにおいて、より多くの時間を教育に費やす傾向にある遺伝子群が、1910年から1975年までに減少している」との研究結果を、学術雑誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」の電子版 で発表した。

     この研究では、1910年から1990年までに生まれたアイスランド人12万9,808名を対象にゲノムを分析。その結果、「学歴の高い人は、平均に比べて子どもが少ない」ことが明らかになった。教育を受ける期間が長くなることで、子どもを持つ時期が遅れることが原因のひとつとして挙げられており、この傾向は、男性よりも女性により強く見受けられる。

     この研究結果について、研究チームは「学歴の高い人ほど子どもが少ないため、アイスランド人が持つ遺伝子の総体、すなわち"遺伝子プール"への寄与が小さく、その結果、より多くの時間を教育に費やす傾向にある遺伝子群が希少となっている」と考察。この現象は、人類の進化をとめる"負の自然選択"とも考えられ、長期間にわたって継続すると、その影響は人類にとって深刻なものとなるおそれがあるという。

     しかしながら、このような遺伝子群のみが、ヒトの教育レベルに影響を及ぼすわけではない。この研究結果によると、知能指数(IQ)の低下は10年で約0.04ポイントにとどまっており、遺伝子群のみが教育レベルに影響を与えるケースに比べて、その低下の幅は小さくなっている。

     仮に、この研究結果の示した傾向がアイスランドに限ったものではないとすれば、人類の叡智や豊かな文明などを次世代に確実に引き継ぐため、社会的環境など、個々人が先天的に持つ遺伝子群以外の要素を、人為的に制御する必要があるだろう。とりわけ、教育システムの拡充は不可欠。教育機会の開放とその質の改善によって、遺伝子レベルで"負の自然選択"がなされようとも、社会全体の教育レベルを向上させ続けることができるかもしれない。


    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/post-6803.php
    bigene-kouka




    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1:
    sssp://img.2ch.sc/ico/folder1_04.gif
     
    「まじ」「やばい」「なるほど」を多用する…語彙力不足の代償とは

    no title

    『語彙力こそが教養である(角川新書)』(齋藤 孝/KADOKAWA)

     今日、何度「まじ」と言っただろうか。「なるほど」と相づちを打っただろうか。食べ物の感動を「おいしい」と表現しただろうか。

     効率化重視の世の中だ。これに伴って、言葉も「省エネ化」していることを懸念しているのが、
    『声に出して読みたい日本語』で有名な教育学者・齋藤 孝氏の著書『語彙力こそが教養である(角川新書)』(齋藤 孝/KADOKAWA)だ。

     本書では、省エネ化された言葉がいくつか挙げられている。ポジティブな場面でもネガティブな場面も使える「やばい」、
    感嘆詞にも強調にも使える「まじ」、本気とも冗談ともつかない「うざい」、小さいものも愛らしいものもひっくるめた「かわいい」。
    いずれも複数の事柄をひとつの言葉で表現できる便利な例だが、これらに頼りっぱなしになると「ボキャ貧」、
    つまり「語彙力がない」「言葉を知らない人」という烙印を押される。

     若者が使う言葉ばかりではない。冒頭の「なるほど」や「たしかに」といった脊髄反射的な相づち、
    SNSに投稿した料理写真に添える「おいしい」「感動」といった具体性に欠ける感想、
    「頑張ります」「精進します」といった上司に提出するレポートの定型のような末尾、なども省エネ化された例だ。

     しかし、「この企画書、コンセプトが明確でいいね」を「この企画書、“すごく”いいね」、
    「この肉じゃが、ジャガイモがほっくりしているし、甘さがちょうどいい」を「この肉じゃが、“おいしい”ね」と省エネしたからといって、弊害はあるのだろうか。

     本書によると、「言葉を知らない人」と烙印を押されることで、想像以上の代償を支払っている。
    「語彙力がある」人は、単に持っている言葉の総量が多いだけではない。本はもちろん、テレビやインターネット、映画ほか、
    さまざまなメディアや媒体に通じている傾向がある。好奇心が強く、教養が高い。対して、「語彙力がない」人は、「知性が乏しい」と評される。
    自分が気づかないところで、高度な内容の会話から外されている恐れがある、というのだ。

    (続く)
    http://ddnavi.com/news/285206/a/

    2:
     知的で豊かな生活を送るためにも、語彙力を高めたい。どのようにすればよいのだろうか。

     本書によると、まずは「貧しい語彙力によって損をする」事実に気づくこと。前述したとおりの理由だ。次に、頼りがちな語彙を見つけること。
    1日に何度も使っていたり、とっさに、あるいはふいに出る包括的な表現を意識したりする。自分でわからなければ、
    誰かに「自分の口ぐせや常套句って何だろう?」と聞いてみるとよさそうだ。次は、意識的に「便利な表現」をNGワードとして封印する。
    「やばい」「すごい」と言ってしまいそうなときは、具体性がある別の表現などに言い換える。これを粘り強く続けることで、省エネ言葉から卒業でき、
    語彙力が高まっていく。

     著者は、語彙力が知的好奇心に比例することを、繰り返し述べている。教養高い人間になるのは果てない道のりだが、
    だからこそさまざまな情報に触れつつ、語彙力が豊かになる楽しさを味わいながら自分の世界を広げていってほしい、と締めくくっている。

    文=ルートつつみ
    wakamonokotoba




    【速報】 ベッキー同情派だった西川史子、立場一転「間違ってました」


    【驚愕】最新のPCにwindows2000をインストールした結果www

    手帳みたいなスマホケース使ってる奴www

    【画像】さかなくん、超えちゃいけないラインを超える

    明治大法学部でカンニングばれた学生が駅まで逃走wwwwwwwww

    【画像】NHKの偏向報道がヤバイwwwwwwwwww

    世界中の偉人達の名言集

    マック「くそ…客離れ…ポテトにチョコかけたろ!

    女は素直な方が可愛いよなwwwwwwwww

    【悲報】ゆとり社員さん、勤務中にコーラ飲む

    参照記事 : http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1455285821/



    このページのトップヘ