高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    努力





    1高低差速報
    「合格発表会場で胴上げなんかされちゃって、人目をはばからず喜んでいる受験生っているじゃないですか。
    実は僕もそのクチなんですけど、そういう人って、だいたい入学した後に不幸が待っているんですよ」(東大経済学部4年生男子)
    「あそこまで喜べるのは、よっぽど努力した人、それも入試の手応えに自信がない人です。
    要は、努力した凡才なんです。そういう人が東大に入ってもいいことはひとつもありません。

     僕は静岡の公立高校の出身で、周りに東大を受験する友人もいなかったので、2年間毎日、学校に22時頃まで残って、担任の先生とほとんどマンツーマンで勉強をしてきました。

     入学して驚きました。僕は高校時代勉強しかしていない、と断言できるくらい努力してきたんですが、そんななりふり構わずやった、
    という人はあまりいないようでした。都内の有名私立校出身の同級生に合格発表の話を振って、

    『どうせ受かってると思ったから、合格発表は見に行ってないんだ』

     と言われたときは衝撃を受けました。カリキュラムが始まっても、差を痛感するばかりで、第3外国語で選択したドイツ語の演習(必修)では、クラスで僕だけ単位が取れず、留年してしまいました」



    pixta_12055015_M

    関連記事


    1高低差速報
    竹中平蔵「私は富の再分配という考えは日本型社会にはなじまないと考えているんです。本質的に勤勉な日本人には頑張ったら頑張っただけ報われるというアメリカ型社会が向いていると思うんです」



    4889d575f8248dace11d37263bed20e0
     
    関連記事

    このページのトップヘ