高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    北海道


    1: 高低差速報
    総合旅行プラットフォーム「エアトリ」を運営するエアトリが旅行先として満足度の高い都道府県についてアンケート調査したところ、最も旅行者の満足度が高かったのは「北海道」(60.2%)だった。
    2位の「沖縄県」(38.8%)と21.4ポイントも差を付けた。
    3位は「京都府」(34.8%)、4位は「長野県」(23.0%)、5位は「福岡県」(19.6%)、6位は「石川県」(19.4%)、7位は「長崎県」(17.9%)――と続いた。

    回答者の住む地域別でみると、「四国」在住の人(70.8%)が最も高い割合で北海道を挙げていた。
    「北海道・東北」の人に最も人気だったのは「京都府」(37.0%)だった

    一方で、最も満足度が低かったのは「埼玉県」(3.3%)だった。
    46位は「茨城県」(4.2%)、45位は「佐賀県」(5.3%)、44位は「徳島県」(6.7%)、43位は「山口県」(7.1%)、42位は「滋賀県」(7.1%)、41位は「愛知県」(7.1%)――だった。
    調査は9月25~30日にかけて、10~79歳の男女1215人を対象にインターネット上で実施した。

    引用記事:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1810/30/news114.html



    travel_happy_men




    1: 高低差速報
    ◆中国人が日本領土爆買い「北海道は中国32番目の省になる」 

    いま北海道では、ゴルフ場や広大な農地、自衛隊基地近くの森林などが中国系資本により次々と買収されている。
    現地を取材した産経新聞編集委員の宮本雅史氏が報告する。

     * * *

    札幌市内から車でおよそ1時間、名山・羊蹄山の麓にある喜茂別町。
    奥深い山中を進み、「これより先、私有地につき関係者以外立ち入り禁止」という看板を越えた先に、美しい緑のフェアウェイが広がる。

    約210ha(東京ドーム45個分)の広大な敷地には、超豪華なクラブハウスが併設される。
    ゴルファーには楽園のような環境だが、コースで交わされるのは中国語ばかりだ。

    引用記事:https://www.news-postseven.com/archives/20171116_626631.html 


    20170511175437

    関連記事


    1: 高低差速報
    no title
     
    ブランド総合研究所は10月10日、47都道府県の「魅力度」調査から作成したランキングを発表した。1位は9年連続で北海道。昨年まで点数が下降傾向だったが、今回は大幅に上昇した。次いで、京都府、東京都、沖縄県、神奈川県がトップ5に入った。

    最下位は5年連続で茨城県だった。前回46位だった栃木県は43位に、45位だった群馬県は41位にランクアップした。

     市町村別では京都市が1位で、首位は2013年以来の2回目。「京都市は認知度なども高く、居住意欲や観光意欲などで高い評価を得ている」(ブランド総合研究所)という。2位は北海道函館市、3位は札幌市だった。過去10年間の1~3位は京都市、函館市、札幌市の3市が独占している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000054-zdn_mkt-bus_all

    関連記事


    1高低差速報
    1位 北海道 36.5%
    2位 福岡 15.4%
    3位 大阪 14.6%
    3位 京都 14.6%
    5位 富山 11.6%
    6位 石川 11.3%
    7位 青森 11.1%
    8位 宮城 10.5%
    9位 秋田 10.4%
    10位 新潟 9.2%





    地域ブランド調査2016年度版
    https://tenshoku.mynavi.jp/jimoq/jimotas/contents/posts/food-ranking-01/
    関連記事


    1: 高低差速報
    「ぜひ道職員に」親対象の説明会 合格者6割辞退に危機
    https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/126086

     道はかつて、採用の1次試験を他県や札幌市と同じ日に行っていたが、競合して受験者が集まらないため、2014年春採用から日程を前倒しし、
    法律などの専門試験も廃止した。
    受験者は増えたものの、札幌市などに合格した人の辞退も増え、雇用情勢の改善や転勤を嫌がる傾向も重なり、最近の辞退率は6割に上る。



    no title

    関連記事



    1: 高低差速報
    SS 秋田、熊本、福岡
    S 北海道、青森、福島(会津)、新潟
    A+ 兵庫、石川、福井
    A- 岩手、福島(中通り)、鳥取、長崎、沖縄
    B+ 山形、京都、島根、佐賀、宮崎
    B- 神奈川、長野(長野市)、富山、滋賀、大阪、奈良
    C 埼玉、千葉、東京、岐阜、和歌山、岡山、鹿児島
    D 山梨、静岡、三重、香川、徳島、高知、広島
    E 福島(浜通り)、群馬、栃木、長野(松本市)、愛媛、山口、大分
    F 茨城、宮城
    G 愛知



    nihonchizu_color4

    関連記事

    このページのトップヘ