高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    厚生労働省


    1高低差速報

     厚生労働省の有識者委員会は6日、軽い風邪や下痢の患者に対する抗生物質(抗菌薬)の投与を控えるよう呼びかける手引書をまとめた。
    抗生物質を使いすぎると薬剤耐性菌が増え、治療に有効な抗生物質が将来なくなる事態が懸念されているため。早ければ今月中にも、
    日本医師会などを通じて全国の医療機関に配る。

     手引書では、一般的な風邪の原因となるウイルスには抗生物質が効かないことから、「投与を行わないことを推奨する」とした。医師が患者に
    説明する際に「抗生物質は効かない」と告げた上で、症状が悪化する場合は再受診するよう指示しておくことが重要だとしている。


     一方、ふだんより排便回数が1日3回以上増える急性下痢症は、ウイルス性、細菌性にかかわらず自然と良くなることが多い。そのため安易に
    抗生物質を使わないよう呼びかけている。

     厚労省によると、薬剤耐性菌への対策を取らなければ、2050年には同菌によって世界で年1千万人が亡くなるとの推計もある。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06HA6_W7A300C1CR8000/



    d4b385e6764a6c1d059005b16068e0f3
     
    関連記事 



    1高低差速報
    毎年「マジでもらえる年金額」はいくらなのか

    「現役世代の35%?37%では苦しいなあ」と思うかも知れないが、このさらに0.86倍くらいを想定しなければならないので、
    「現役世代の可処分所得の30.1%?31.8%」が新たな想定値となる。

    読者には、たとえば拙稿「毎年マジで貯めないとヤバイ金額はいくらか」を参考に、概算ではあっても「老後のために必要な貯蓄額」を計算してみてもらいたい。
    この際の年金額の想定として、厚生年金ベースの勤労者で公的年金の受け取りが20年以上先に想定される方には、
    せいぜい今後の可処分所得の3割程度で計算を行って欲しい。

    http://toyokeizai.net/articles/-/147738?page=3




    20141113007

    関連記事

    このページのトップヘ