高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    名言



    1高低差速報
    技術、戦術、体力が満点でも「0」点になる可能性も―

    「一流選手に共通するのは、高い目標を持ち、負けず嫌い。そして、常にチャレンジをする気持ちを持っている」

     これまでサッカー日本代表、オリンピック代表、ユース代表の監督やコーチとして、中田英寿、中村俊輔(横浜FM)、大久保嘉人(川崎)らを指導してきた山本昌邦氏。今月14日、大塚製薬が主催する『ポカリスエット エールと、ともに。ブカツ応援キャラバン』の一環として鳥取県の私立米子北高等学校を訪問し、全校生徒に向けて講演。

    第95回全国高校選手権出場を決めたサッカー部を筆頭に、野球部、アーチェリー部など全国大会出場経験を誇る運動部を擁する同校で、「一流の選手論」を説いた。

    「過去“天才”と言われる選手を何百人と観てきた。しかし、技術、戦術、体力、すべてが10点でも気持ちが0では10×10×10×0=0の選手になってしまう。ミスすれば他の選手や審判のせいにする、自分が苦しくなると諦めるようなメンタルの持ち主では、いくら才能があっても一流になれない」


    「人はみじめな思いをしたり苦しかったりする時こそ力が伸びる。正直、彼らよりもドリブルがうまい、センスがある選手は何千倍もいた。でも彼らがトップで生き残っているのは“いつか見ていろ”と諦めない気持ち、チャレンジする心があったから。一流になれるか否かの根本には、必ずメンタルの強さがある

    高い目標には「犠牲」つきもの 【以下略】

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161227-00010000-theanswer-socc




    関連記事


    1高低差速報

    両親や恋人と同じように大切な存在なのが友達だ。ときに慰め合い、ケンカをして友情を深める。なかには、「友達さえいればほかは何もいらない」という人まで。

    そんな中、タモリが発言した友達についての意見が話題を呼んでいる。

    ■タモリ「友達なんかいらないって」

    19日に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)。この日はビストロSMAP最終回ということもあり、ゲストにはSMAPにゆかりのあるタモリが出演。
    過去の共演を振り返る内容だったのだが、その中でタモリが友情について語る一幕が。

    「友達も少ない、友達なんかいらないって」と発言。
    中居正広から友達は必要でしょ? との反論にも「俺、あの歌が大嫌いなんだよ、
    小学校に入ったら『ともだち100人できるかな』って。そんなことで人生決めんじゃないよ」と断固として反対していた。さらに「どんどんどんどん減らしていってるし、
    切ってく」と、友達を厳選しているという。


    中居は草薙剛を指し、「あいつは?」とタモリに聞くと「友達ですね。俺は友達と思ってる。向こうもそう思ってるみたい」と草薙との友情を語った。

    この発言にネット民からは「ほんとわかる。友達は少なくていい」「深くて心に刺さった」といった声があがっている。

    ■「本当の友達0人」3割が現実

    SNSでつながることも多くなった「友達」。しかし、ただつながっているだけでそこに充足感を得られていない人も多いのではないだろうか。

    しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,340名に「本当の友達」について調査したところ、約3割が「0人」だと回答している。



    やはり、タモリの言うように「友達なんかいらない」と割り切って生きていたほうが人生は気が楽なのかもしれない。

    「夢なんかもつな」という発言も有名なタモリ。現実的でそれでいて救われる言葉を放ち、説得力のあるところが魅力的だと言えるだろう。

    http://sirabee.com/2016/12/21/20161037814/




    06-29-P7-1-TK1_9471-1

    関連記事


    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ◆「人生で必要なものは、無知と自信だけだ」。ガツンとくる名言8選

    長い長い時を経て語り継がれてきた、珠玉の名言。
    遥か昔に言われた言葉が、ときには現代を生きる我々の人生をも動かしてしまうことがあります。
    そんな古今東西の名言に遠越段さんが解説をつけてまとめた『心に火をつける言葉』から、今回は「信念」にまつわる8つの名言を紹介します。

    01.力量が足りないのではない、意志が足りないのだ。 ヴィクトル・ユーゴー
    一度決めたことをやろうとするとき、うまくいかないことがある。
    力が足りなかった、と自分の心に言うのはいい。
    しかしそれを他人に向けて言うときは、言い訳になっていないか注意しなくてはならない。
    多くの場合、それは力量不足ではなく、何が何でもやり抜くという意志の不足だからだ。
    ヴィクトル・ユーゴーの名言は、そのことを的確に言い表している。

    02.「人生は価値のあるものだ」と信じよ。その信念が、価値のある人生を実現してくれる。 ウィリアム・ジェームズ
    私たちは皆、この世に生まれたときからその人生は価値あるものだと決まっている。
    あとはそれを信じて、自分のやりたいこと、やるべきと思うことをひたすらやればいい。
    こうして価値ある人生が生まれることになる。
    誰が何を言おうと、自分の人生は自分のもの。
    人生の主役は自分しかいないのだ。

    03.それは、たった一度の敗北だ。すべてに敗北したわけではない。 F・スコット・フィッツジェラルド
    『グレート・ギャツビー』の著作で知られるフィッツジェラルドの人生には幾度もの苦難があり、病気との戦いがあった。
    それでも「すべてに敗北したわけではない」と言い、小説を書き続け、彼の死後に作品は評価されることとなった。
    そんな彼だからこそ、この名言が持つ重みは果てしない。

    04.心の内で達成した物事は、外の現実を変えていく。 プルタルコス
    プルタルコスの英雄伝によると、カエサルは心の中で、アレキサンダー大王をライバルと見て、あのようにならなくては生きた甲斐もないと思ったという。
    後にカエサルはローマの礎を築き、アレキサンダー大王に勝るとも劣らないほど世界史に名を轟かせることになる。
    カエサルが心の内で決心したことが、世界の歴史を変えたのだ。
    自分の心の内でこうと決めなくては、現実は変わらない。
    幾多の英雄について綴ったプルタルコスだからこそたどり着いた真実だ。

    05.決断しないことは、時として、間違った行動をとるよりもタチが悪い。ヘンリー・フォード
    ビジネスをまじめに真剣にやろうとしている人は誰でもわかることだが、ビジネスの場で一番困るのは、上司が何の決断もしてくれないときだ。
    決断が早まれば、それが間違っていたとしても、早期に「間違っていた」ということがわかり、それは一つの収穫になる。
    しかし、全く決断をしないと身動きすらとれないのである。
    何はともあれ決断をして次に進むことの大切さを、この名言は教えてくれる。

    06.人生で必要なものは、無知と自信だけだ。これらがあれば、成功は間違いない。マーク・トウェイン
    マーク・トウェインの言う成功とは、地位や金を得るような典型的な成功のことではなく、自分のやりたいことを実現していくことを指している。
    なすべきことをなすためには、知も必要なように思われるかもしれない。
    しかし知識ばかりが先行してしまうと、がんじがらめになってかえって動けなくなってしまうことがある。
    無知ゆえの新しい視点で物事を見て、その視点を信じることができれば、きっとやるべきことは形になるだろう。

    07.絶えずあなたを何者かに変えようとする世界の中で、自分らしくあり続けること。それは最高の偉業である。 ラルフ・ワルド・エマーソン
    自分の人生を、他人に左右されてはならない。
    ところが自分が自分の人生を自分の思うように自分らしく生きていないと、あっという間に他人の決定したことに従ってしまうものだ。
    恐ろしいことに、自分でも気づかないうちに変えられてしまうことも多い。
    自分のやるべきこと、自分のやりたいことを毎日確認し、自分は自分の決めた人生を自分らしく生きるんだと、日々言い聞かせたい。

    08.その日、その日が「一年で最高の一日である」と心に刻め。 ラルフ・ワルド・エマーソン

    その日その日を最高の一日であると思いながら生きることができれば、一年と言わず、一生を最高のものにすることができるだろう。
    しかし言うは易し、行うは難し。よほどの覚悟と訓練、修練がいることだ。 私たちにできることは、人生の目標を立て、計画をして、今日という日がいかに貴重な日であるかを自分にわからせるしかない。
    一生は長いようだが、目標を実現するためには、実は一日も無駄にできないということがわかるだろう。 (▼記事を一部引用しました。全文はリンク先の記事ソースでご覧ください) ※以上です。TABI LABO 2016/11/17
    http://tabi-labo.com/277863/heart-fire-witticism-03




    31doryokumeigenss-646x330





    関連記事

     

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ユダヤ人の子供は、幼い頃から次のような格言を繰り返し聞かされる。

    ・もし、本と服を汚したら、まず本から拭きなさい

    ・学んだことを復習するのは、覚えるためではない。何回も復習するうちに、新しい発見があるからだ。

    ・100回復習するのと、101回復習するのとでは、その間に大きな違いがある。
    ・恥ずかしがる人は、よい生徒にはなれない。人はどん欲に学ばなければならない。

    ・もし、目の前に突然、天使が現れて「トラ(教典)」のすべての教えを瞬時に身につけさせようと言っても、私は断ろう。人にとって学ぶ過程こそ、結果よりも重要だからだ。人は努力を通じてのみ、報いられる。




     maxresdefault
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    人生とは裏切られた希望、挫折させられた目論見、それと気づいたときにはもう遅すぎる過ちの連続にほかならない。
    (ショーペンハウアー)



     
     img_4253
    関連記事

    このページのトップヘ