1高低差速報
私は現在、焼肉店の料理長をしていますが、お客様に、「出荷の直前までちゃんと歩けて運動できている牛ですから
美味しいですよ」とリコメンドすると、え? 歩けるのが素晴らしいの? ほかの牛はどんな? という質問が返ってきます。
サシのたくさん入った霜降り肉の牛には、太って歩けなかったり、糖尿病のような症状で目が見えなくなっていたりする
牛がいるのです。無理に太らせているから病気になりやすく、予防のために薬もやたら打つことになります。

 牛舎の中にギュウギュウ詰めなんてシャレにもならないことで、よくネットで写真が回ってきますが、フォアグラになるガチョウ小屋と変わりません。

 どんな牛でもこういう無理をさせれば霜降りになるのかというと、実はそうではないのです。

 もともと、日本の黒毛和牛は赤身に脂が入りやすかった。そこに肉牛農家の方々が工夫に工夫を重ねて、サシの割合を
増やしていった。そういう経緯があります。

https://joshi-spa.jp/690202



select500-02
 
関連記事