高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    地域



    1: 高低差速報
    最近1年間に主要なApple製品を購入したアメリカの消費者2,000人を対象に調査会社
    Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)が実施した調査の結果、
    iPhoneとiPad、Macの購入先には、それぞれ異なる傾向が見られることが分かりました。

    調査結果は、2017年9月までの1年間にiPhone、iPad、Macのいずれかを購入した
    ユーザーの購入先を、Apple(直営店またはオンラインショップ)、Best Buy(大手家電量販店)、
    携帯電話キャリアの3チャネルで集計したものです。

    no title


    iPhoneの購入先は携帯電話キャリアが約75%でトップです。アメリカも日本と同様、
    キャリアとの契約を条件に端末価格を割引する販売方法が一般的なので、当然とも言える結果です。
    Appleからの購入は約10%、家電量販店が5%程度と続いています。

    引用記事:https://iphone-mania.jp/news-190121/
    1302143rdstpromhero-e1458992320926



    関連記事



    1: 高低差速報
    no title
     
    ブランド総合研究所は10月10日、47都道府県の「魅力度」調査から作成したランキングを発表した。1位は9年連続で北海道。昨年まで点数が下降傾向だったが、今回は大幅に上昇した。次いで、京都府、東京都、沖縄県、神奈川県がトップ5に入った。

    最下位は5年連続で茨城県だった。前回46位だった栃木県は43位に、45位だった群馬県は41位にランクアップした。

     市町村別では京都市が1位で、首位は2013年以来の2回目。「京都市は認知度なども高く、居住意欲や観光意欲などで高い評価を得ている」(ブランド総合研究所)という。2位は北海道函館市、3位は札幌市だった。過去10年間の1~3位は京都市、函館市、札幌市の3市が独占している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000054-zdn_mkt-bus_all

    関連記事


    1: 高低差速報
    「ゾゾタウン」“送料自由”の平均は96円、都道府県別では近畿2府3県がワーストに

     「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが10月1日に開始した“送料自由”サービスの利用データを公表した。
    集計期間は10月1日正午~23日午前0時。この期間の平均送料は96円(税込)で、送料0円を選択した注文は全体の43%だった。

     また、都道府県別の平均指定送料も公表。1位は福島県の111.73円で最下位の47位は奈良県の86.05円。
    ワースト5を京都府、滋賀県、兵庫県、大阪府、奈良県と近畿地方が占める結果となった。



    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00000030-wwdjapan-bus_all




    yx_zozo_02

    関連記事



    このページのトップヘ