高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    地方


    1高低差速報
    池田:豊かな生活を一度経験すると、元に戻れないからでしょうね。それこそ18世紀のイギリスの産業革命以降の歴史もそれを説明しています。
    工業地が豊かだと、貧しい農地から農民が出て行く。その結果、人口は豊かな都市に移動する。

    堀江:田舎から東京に出てきて、また帰る人もいますよね?
    池田:戦後以降、地方から東京への移動は一般的でしたけれど、東京から地方への動きは1990年代以降にしか起こっていない。

    堀江:身近な例なんですけれど、最近、小学校時代の同級生に会ったんですよ。
    彼はニュージーランドに移住していて、僕とふたりで、小学校時代の変わり者トップ2なんですけど。
    ある同級生について、『今どうしてるの?』って聞いたら、『何年か前に実家に帰った時に偶然会ったけれど、暗くてさ……。声をかけられなかったよ……』って。

    その彼は明るくて、元気な小学生だったけれど、家族が保守的で地元から出ることを許さなかったらしい。
    地元で見合い結婚して、実家を継いで、農業をやっている。それに対して不満があったけれど、そこから出て行けない。
    勇気がない。本当はみんなやっぱり都会で豊かに暮らしたいんじゃないですかね。

    池田:高度成長期はそうだったと思いますよ。高度成長とは、明らかに田舎から都市に人口が移動することだと、
    要因としてはっきりしている。90年代を境に移動が止まると、成長率も下がってきた。
    つまり、やっぱり都会の豊かな生活に憧れることが、日本の成長を支えていたと思う。

    堀江:そうすると、人間の基本原理としては、豊かで贅沢したいと思っているという事ですよね。

    池田:最近NHKや朝日新聞が、”田舎のコミュニティは素晴らしくて、それが壊れて行くのはけしからん”と報道しています。

    僕から言わせると、田舎を捨てて、欝陶しい田舎から出て、自由な都会に出たいというエネルギーが、高度経済成長を支えていた。
    村に残った人から見ると、コミュニティが崩壊したと思うかもしれないけれど、都会に行かずに残っていたら、みんな食い詰めていたはずだしね
    http://blogos.com/article/23652/?p=3




    13277

    関連記事


    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    都会でランニング→普通の光景

    田舎でランニング→じじばば「あの人どこの人?」「学歴は?」「何の仕事してるの?」「最終学歴は?」「結婚してるの?」「どこの人か付いて行ってみよう」「あー鈴木さんの家の息子だ。〇〇大学の~職ついててまだ結婚してないって」




     20160329154646
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント








    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    今や「20代の若者の3割が該当する」との調査結果もあるほど、存在感を増しているマイルドヤンキー。地元をこよなく愛し、同年代の友人や仲間とのつながりを基盤に生活する層のことだ。
     
    2017年度の税制改正を巡るニュースが連日報じられる中、こうしたマイルドヤンキーの増殖は、地方交付税制度の弊害によるものだと指摘するのは堀江貴文氏だ。

    「地方にマイルドヤンキーたちのある種の“楽園”が成立しているのは、地方交付税交付金によって経済が支えられているからに他ならない。
    大都市圏で必死に働いた人たちが生み出す富でもって、彼らが休日をダラダラ過ごす大型商業施設が作られているといっても過言ではないでしょう。
    このいびつな仕組みが破綻するのは目に見えています」(以下、「」内は堀江氏)

    堀江氏が破綻を予測するのは、主に2つの観点からだという。1つは地方交付税の財源である税収の問題。
    現在も国の財政状況は破綻寸前だが、今後、少子高齢化の影響で税収はさらに先細り、地方を支えるための新たな財源の見通しは立っていない。
    また、「富裕層への課税強化などの議論もあるが、すでに富裕層は海外移住の動きを加速しており、高額納税者の数も減っていくだろう」と分析している。
     
    もう1つは、国の地方に対する「平等主義政策」に大きな問題があるという。
    堀江氏は、その発想が「50年以上も前に唱えられた『国土の均衡ある発展』の頃と何ら変わっていない」ことを問題視。
    地方の個性に関係なく、平等にカネをバラまき、平等に投資させ、同じような街に発展させるやり方が、逆に地方の自由な経済発展を阻害する要因になっていると指摘する。

    「田舎は不便なところがむしろ良かったのに、平等に便利にしようという発想がそもそもの間違いの始まりだった。
    これ以上、日本中を『どこも一緒の街』にするのはもう無理です。
    それなのに、政策を変えようとしない。マイルドヤンキーたちが高額納税者になれるはずがありません。
    彼らの生活を快適にした経済的負担はやがて甚大になるでしょう」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161020-00000020-pseven-life
    NEWS ポストセブン 10月20日(木)16時0分配信





     img_1ddd4888197b2846031246fe00ef7383269695
    関連記事





    このページのトップヘ