高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    堀江貴文


    1: 高低差速報
    10日、堀江貴文氏が自身のTwitter上で、生活保護世帯の子どもの進学に対する補助金を批判した。

    堀江氏は、「朝日新聞デジタル」が同日掲載したネット記事を取り上げた。

    記事によると政府は、生活保護世帯にいる子どもの大学や専門学校進学を支援すべく、来年4月から
    入学時に一時金を支給する方針を固めたという。進学に際し、親元を離れる場合は30万円、同居を続ける場合は10万円を配るそうだ。

    堀江氏は「既存の大学の枠組みを残すための税金の無駄遣い」と、この政府の対策を切って捨てる。堀江氏はこれまでにも
    「奨学金を貰ってまでいく価値のある大学とかどれだけあんの?」と、大学に進学する意味を疑問視してきた経緯がある。

    優秀な学生に対して返還不要の奨学金を支給する制度がすでにあるため、優秀といえない学生がわざわざ進学する
    必要はない、というのだ。本件について、堀江氏は「補助金だすとかマジおかしい」と厳しく批判している。

    引用記事:http://news.livedoor.com/article/detail/14012188/
    img_1ddd4888197b2846031246fe00ef7383269695




    関連記事


    1: 高低差速報
    11月24日、バラエティ番組「5時に夢中!」に堀江貴文氏が出演。ファストフード店などのキャッシュレス化について持論を展開した。

     番組では、日本マクドナルドが11月20日からクレジットカード決済を導入し、ロイヤルホストなどの飲食店を手掛けるロイヤルホールディングスは、6日から支払いをクレカと電子マネーに限った「完全キャッシュレス化」のレストランをオープンさせたことを取り上げた。いずれも人手不足に対応する試みだという。

     このテーマに関し堀江氏は「やっと出てきましたね」と前置きした後、「表では人手不足を解消するみたいな話をしていたけど、一番でかいのはレジの金を盗んだりするやつの対策ですよ」「これ、けっこうでかいですよ。スタッフがちょろまかすのが、これだとなくなるわけですよ、キャッシュレス化することによって」「キャッシュレス化って、すげえ大事なんですよ。レジの金、盗むやつ、けっこういるから」と、レジのお金の盗難対策に有効だと力説した。

    引用記事:http://asajo.jp/excerpt/41851
    img_a4145e14a2a2048433929dbb3c1faeca213217



    関連記事


    1: 高低差速報
    ホリ 日本でおサイフケータイがどうとか、フェリカがどうとか言っている間に、

    中国ではもっと簡単なQRコードで決済できるようになっている。

    コンビニはもちろん、寄付もQRコードでできるって話じゃん。

    ホリ そう。だから日本のほうが遅れてて、まだ現金を使うんだよ。

    引用事:https://www.excite.co.jp/News/entertain
    ment_g/20170822/Shueishapn_20170822_90181.html
    maxresdefault



    関連記事


    1: 高低差速報
    結婚後の妻から夫への“小遣い制”についてホリ
    エモンがTwitterで以下のようにコメント。
    “ぶっちゃけ小遣い制とかどんだけMなんだよ笑”

    自身も一度結婚を経験した上で、そもそも
    結婚自体に否定的なホリエモンらしい発言といえるが、その真意はどこにあるのか、過去の
    Twitterの発言を遡ってみる。

    ホリエモンは自身の結婚生活時を振り返り
    ながら「俺のほうが財布の管理能力が高いの
    に任せる意味なくね?」とコメント。そもそも家計の管理を妻に任せっきりにする思考その
    ものが信じられないという様子だ。

    また、世間では家庭をもつと、ある程度収入
    があっても子供の教育費や、住宅、車のローンなどで少額の小遣い制で生活している夫が
    たくさんいるというのだ。これに対しても
    ホリエモンは「子供のために自分は犠牲になるわけ?」「何が楽しくて生きてるのだ?」と理解できない様子。

    自身は「上限なく使えるのが理想」だと
    コメントしているが、ホリエモンは常々お金は目的ではなく、やりたいことを実現するための手段だと主張している。
    引用記事:http://weblog.horiemon.com/100blog/35281/
    maxresdefault




    関連記事


    1: 高低差速報
    http://wpb.shueisha.co.jp/2017/11/02/94074/


    ホリ 掃除機でおなじみの「ダイソン」がEV(電気自動車)を開発するらしいね。

    ひろ 「家電メーカーが自動車を!?」って思うかもしれないですけど、EVってモーターで動かしているわけで、
    ダイソンみたいなモーター技術を持っている会社は参入するのが容易なんですよね。

    ホリ EVはアメリカの「テスラ」がかなり先行しているよね。それにヨーロッパの自動車メーカーもEVへのシフトが加速しつつある。一方、日本は遅れている感が否めない。

    ひろ 今のところ、日本の本格的なEVって、日産の「リーフ」くらいですかね。

    ホリ 日本はリーダーシップをちゃんと取る経営者がいないんだよ。

    ひろ 海外に比べて投資も集まりにくいし、法律も硬直化していますよね。だって、セグウェイすら公道は実験走行しかできないんですよ。
    なので、日本人がEVを開発するとしても、日本以外でやったほうが効率良さそうな気が。

    ホリ 俺もそう思う。わざわざ日本ではやらないよ。

    ひろ ドローンもそうでしたけど、日本だけ置いてきぼりって状況がEVでも起きると。

    ホリ まあ、日本の企業の多くが、ディスラプション(破壊的イノベーション)に対応できなかったってことだね。
    だってEVはモーターとバッテリーとコンピューターで走るし、ドライブバイワイヤだからギアボックスもデフもドライブシャフトもいらなくなるからね。
    maxresdefault




    関連記事


    1: 高低差速報
    ホリ てか、橋梁が老朽化して通行止めになり不便だっていうけど、田舎は不便で当たり前なんじゃないの。便利な暮らしがしたいなら都会に住めばいいんだよ。田舎を都会と同じくらい便利にしろってのはありえないよ。

    ひろ 例えば、僕がインフラが何もないド田舎の土地を買って、「俺はここに住むことに決めたから、水道と電気とバスを税金で整備してくれ!」って言い出したら、頭がおかしくなったと思われるじゃないですか。

    ホリ そうだね(笑)。

    ひろ 田舎に住んでいる人たちの公共インフラを整備するのって、これと似ていると思うんですよ。インフラの整ってない所に住むって、金持ちの道楽の一種みたいなもんですから。

    ホリ 実際にアメリカでは大富豪がド田舎に住んでたりするけど、彼らは自前でインフラを整備しているからね。

    ひろ だから、正直な話、お金や資産がないのなら、仕事のある都会に引っ越すべきなんです。今までは日本経済が割と良かったので地方を支え続けられましたが、これからはそうではなくなる。限界集落のインフラを整備し続けるのは厳しいですよ。

    ホリ 一番効率的なのは都心部に集中して住むことだからね。

    引用記事:http://wpb.shueisha.co.jp/2017/10/27/93704/

    関連記事


    1: 高低差速報
    ホリエモンが、『「なんで保育士の給料は低いと思う?」低賃金で負の循環』(朝日新聞デジタル)という記事に対して、「誰でも出来る仕事だからです」とコメント。ネット上で物議を醸している。

    発言に対して、「そんなに言うなら一か月保育士をやってみて」「国家資格が必要だから誰にでも出来るわけじゃない」といった批判が○到。総じて、保育士という仕事を馬鹿にしていると、ネガティブに捉える人が少なくなかった。

    しかしホリエモンの発言を紐解くと、そこには事実に即した論拠があり、単に保育士という仕事を蔑視しているわけではないことが分かる。

    おれバカにしてないんだけど笑。単に誰にでもできる仕事っていっただけで別にバカにしてないだろ。
    https://twitter.com/takapon_jp/status/918851517192404993

    それでは、保育士の仕事を「誰でも出来る仕事」と一刀両断するホリエモンの真意は、どこにあるのだろうか?

    確かに、「誰でも出来る仕事」の一言だけだと言葉足らずな部分はあるだろう。
    まず大前提として、「誰でも出来る」=「楽な仕事」ということではない。

    あのな、大変なのと、誰でもやれるをごっちゃにするなよあほが
    https://twitter.com/takapon_jp/status/920155911590633472

    丁寧に行間を埋めると、「誰でも出来る仕事」とは
    「誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)仕事」
    という意味だ。

    そして誰でも出来るからこそ、仕事としての希少性は低く、給料も上がりにくい構造になっている。
    http://weblog.horiemon.com/100blog/45087/
    horie_04



    関連記事

    このページのトップヘ