高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    堀江貴文




    1: 高低差速報
    25日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、実業家の堀江貴文氏が、昔ながらの書店ビジネスに苦言を呈した。

    番組の「夕刊ベスト8」のコーナーでは、「井筒和幸氏 “絶滅に瀕した文化を救え”」と題し、映画監督・井筒和幸氏が日刊ゲンダイで連載しているコラムを紹介した。

    コラムでは、書店がない市町村が全国で2割超になったという新聞記事を見たという井筒氏が「こんなニッポンに誰がしたというやつだ」「発展途上国に逆戻りかよ」と綴っている。

    スタジオでは、コメントを求められた堀江氏が「じゃあ、お前がなんとかしろよって話じゃないですか」とバッサリ。スタジオに笑いが起きる中、堀江氏は「ちなみに僕は本屋さんをやっている」と、子会社で書店を10年ほど経営していることを明かした。

    堀江氏によると、その書店では、現代でも通用するビジネスモデルを何年かかけて模索し、現在の収益は黒字になっているのだとか。そんな堀江氏は、書店が閉店している理由に「店主が高齢になって辞めるケースがほとんど」と指摘したのだ。

    堀江氏いわく、これまでの書店ビジネスは定価販売のみで競争が起こりにくく、返品も可能な出版社からの委託販売のため在庫を抱えるリスクもなかったという。さらに、地元の地主が書店を経営していたケースも多かったそうで、土地代や家賃もかからなかったとか。

    堀江氏は「なんの工夫もしていない」「ただ(本を)置いといたらお金に変わっていた」と痛烈。昔ながらの書店ビジネスはそうした環境だったため「ここにきてなかなか難しくなってきた」と分析する。

    さらに、堀江氏は「昔ボロ儲けしていた業界は何もやらなくて、それを文化がどうのこうのって言い訳にしている」と苦言を呈す。堀江氏の考察や意見を聞いていた、歌手の中尾ミエが突然「うち、本屋でしたけど50年前に潰れました」と告白すると、堀江氏は「それはね。もっと何もやらなかった」とツッコミを入れて、笑いを誘っていた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13521613/
    img_e3c962d6047452695e03e3f784797a7173509



    関連記事


    1: 高低差速報
    no title

    『週刊プレイボーイ』で対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」を好評連載中の“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が、新宿・歌舞伎町の「週プレ酒場」に登場!

    中国の通信機器大手「ファーウェイ」から見る日本の価値観、世界の価値観について語る!

    * * *
    ひろ 今回は新宿・歌舞伎町の「週プレ酒場」での対談なんですが、堀江さんがまだ会場に来ていないという珍しい事態です(笑)。

    ホリ ごめんごめん、お待たせ。俺ハイボールもらっていい? あれ? ひろゆきはいつ来たの?

    ひろ 今日は予定どおりに来ましたよ、いつになく(笑)。

    ホリ いつもは逆なのに(笑)。はい、じゃあ遅れましたがカンパーイ! で、今日のテーマは何?

    ひろ まずは、中国の通信機器大手「ファーウェイ(華為技術)」についてです。ファーウェイが日本で求人を行なったら、その初任給が月40万円を超えていたと。んで「優秀な日本人が流出しちゃう」と話題になっていました。

    ホリ この会場にいる人はファーウェイを知ってるかな? スマホやルーターなんかを作っているメーカーで、イメージ的には「アップル」とネットワーク機器開発の「シスコ」を合体させたような会社だよね。

    ひろ 基地局なんかも造っていますから、そこに通信機器メーカーの「エリクソン」も加わりますね。

    ホリ アフリカとかだと、スマホはファーウェイだらけって話だよね。俺、ファーウェイのスマホも持っているけど、確かにすごいよ。例えば、内蔵カメラのレンズはライカで、しかもデュアル。被写界深度が出せるから一眼レフカメラで撮ったみたいな写真になる。たぶんスマホの中で、カメラの性能は一番いいんじゃないかな?

    ひろ 被写体の背景をボカして撮れるってことですね。ほかにも撮影後に画像のピントを変えられたりするらしいですよ。

    ホリ 日本人は、海外の技術や環境が進んでいることを実感できていないんだよ。俺、この前、モンゴルに行ってきたんだけどさ。

    ひろ ほう。

    ホリ モンゴルってひとり当たりのGDPが4000ドルくらいなんだって。でもこれには遊牧民も含まれているから、首都のウランバートル市に限ったらもっと高い。

    ひろ へー、そんなに上がっているんですね。

    ホリ そう。実はそれくらい豊かな国なんだけど、みんな遊牧民のイメージしかないよね。だけど実際に行ってみると、かなり経済発展しているんだよ。

    ひろ ファーウェイの話に絡めると、インフラが整ってない国のほうが発展は速かったりしますよね。

    ホリ 「リープフロッグ現象」っていうんだけど、カエルのようにひとっ飛びで技術が進むんだよね。例えば中国は紙幣が信用されていないから、電子決済が発展しているじゃん。

    ひろ ですよね。
    http://wpb.shueisha.co.jp/2017/08/21/90179/

    関連記事


    1: 高低差速報
    ひろ ってな感じで、楽天市場には改善の余地があるのにあんまりがんばってない感じがありますよね。そう考えると、三木谷さんがすでに飽きている説は正解かもしれませんね。

    ホリ はっきり言えるのは、楽天市場はユーザー目線で作られていないってことだよね。

    ひろ それも仕方ないっちゃ仕方ないですよね。楽天って商品を売って利益を得るってよりは、出店している企業から出店料をもらうっていうビジネスモデルじゃないですか。そうなると、ユーザーより出店企業のほうを見ちゃうでしょうし。

    ホリ 俺、思うんだけど、やっぱりどこででも売っている商品を売るっていうのは本質的に向いてないんだよ。

    ひろ でしょうね。

    ホリ だから楽天って、ここでしか買えないとか、店主の目利き力とか「そういうのが好きで集まってる仲間たちのコミュニティ」という色を強くすべきなんだよ。

    ひろ ですね。

    ホリ 結局、アマゾンみたいな大規模な小売ビジネスが最強なんじゃないかと思っちゃうよね。

    ひろ 楽天はこれからどうなるんですかね? バルセロナへの約320億円のスポンサー契約も、三木谷さんは「投資回収できる」と言っているみたいですが。

    ホリ まあ、その分は日本国PR効果だけでも回収できるんじゃない? でも世界ではなかなか厳しいだろうね。海外では成長の糸口すら見えてこないのが現実だと思うよ。

    ひろ もしかしたら楽天は、国内でも海外でも2番手のポジションを狙う戦略なのかも。アマゾンと提携しない小売店もいっぱいあるわけですから。

    ホリ でも、アマゾンがガンガン攻勢に出ているから、国内でも徐々につらい立場になっていくと思うけどなー。まあ、「楽天カード」をはじめとするファイナンス部門は伸びているし、すぐに潰れるってことはないと思う。だけど、なんらかの手を打たないとジリ貧になっていく可能性は結構高いよね。

    ひろ でしょうね。

    ホリ まあ、今後のお手並み拝見だね。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13492755/



    horie_04

    関連記事


    1: 高低差速報
    『多動力』に続き、最新刊『バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~』で、またしても大胆な提言を連発している堀江貴文氏。同書に記した「仕事や人生で負けないための法則」について、短期集中連載で特別解説! 最終回、7回目のテーマは、嫌な仕事やブラックな勤務先との向き合い方について。シンプルな次の行動を起こせば、問題は簡単に解決するのだ。

    * * *

     会社でも学校でも家庭でも、狭い世界の中で暮らしていると、負のスパイラルに陥りやすい。まして上司や先生や親など、他人に自分の行動の決定権を委ねてはいけない。

     狭い世界にいると、人は「外へ逃げるのは負け」というプライドが働くようで、なかなか出ようとしない。いじめや搾取を受け続けても、ここで何とかがんばろう、がんばれば解決できると、勝手に思いこむ。解決策が狭い世界の中にあればまだしも、たいてい存在しない。外の世界の方が選択肢は多いし、いくらでもラクになる方法はある。

     仕事やその人間関係が原因で鬱になったり自○したりする人は少なくない。事情を聞けばだいたいブラックな環境に苦しめられているか、「会社を辞めたら人生おしまい」と思いこんでいる。

     そんなわけがない。さっさと辞めたらいい。職種を選ばなければ、コンビニとか配送業とか製造業とか、多くの業界は常に人手不足なので、特別な技能がなくても、当面はいくらでもしのげる。

     もし自暴自棄になるほど悩んでいるというのなら、自分の能力よりも、自分の置かれた環境を疑うべきだ。人を精神的に追いこむような環境が、まともであるはずがない。いつでも飛び出せる勇気を持ってほしい。

    そのためにも外の情報は、たくさん採り入れておこう。耳の痛い、不愉快な情報はもしかしたら、外からの助けなのかもしれない。腹の立つ意見や情報にも触れて、常に思考の幅を広げておくことだ。

     変化ではなく、現状維持を望んでいる人たちの多さには、本当に呆れてしまう。『闇金ウシジマくん』でも、借金する客のほとんどは、何かを変えるためではなく、現状の生活を何とかキープしたい人たちばかり。闇金でカネを借りるぐらいの覚悟があるなら、起業したり、クラウドファンディングで事業融資を募ったり、何にでも挑戦できると思うのだが……そうはならないから不思議だ。

     「自分には動き出す力がない」「才能がない」という思いこみは間違いだ。たしかに分野によっては、才能が多少は関係する。だがビジネスでもスポーツでも、素晴らしい功績を挙げた人が、才能だけで成功できた例はない。その人の工夫、努力、そして動き出した勇気が、成功の要因なのは明白だ。

     私も多くのビジネスで収益を上げているが、自分自身に特別な才能は備わっていない。だが、ビジネスを成功させるために、日々、人一倍の工夫をしている。ケタ違いの情報に触れ続けているし、最短距離で事業の目的に届くように、仕事の進め方の改善も怠らない。

     自分には才能がないからと、動き出そうとしないのは、自分で限界を決めているようなものだ。自分に何らかの才能や資質があるかどうかなんて、やる前には誰にもわからない。やってみて初めて、結果がわかるものだ。

     やる前から諦めるのは大間違い。とにかく何でも、大胆に挑戦してみることこそ、人生を魅力的なものにする秘訣だ。
    http://www.zakzak.co.jp/ent/news/170811/ent1708112511-n2.html



    horie_03

    関連記事


    1: 高低差速報
    『多動力』に続き、最新刊『バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~』で、またしても大胆な提言を連発している堀江貴文氏。同書に記した「仕事や人生で負けないための法則」について、短期集中連載で特別解説! 6回目のテーマは、仕事や商売で成功するのに必要な信用を得る方法について。もらうことばかり考えるのではなく、与える気持ちが大切だ。

     * * *
     仕事やビジネスを進める上で、一番大切なのは「信用」だ。作り方は人それぞれだが、私からアドバイスできることもある。

     一つは人間関係の「断捨離」だ。たいていの人は、会社や学校、地域などの古い人間関係を、腐れ縁で維持している。現状維持した方がラクな一面もあろう。しかし、異なる環境で、古い人脈がそれほど有効に生きるはずはない。

     一定の人間関係や、保っておかなければいけない付き合いもある。けれど、いらないと感じたもの、不愉快なものはためらわず捨てる。嫌いな人、会いたくない人には、はっきりそう言えばいい。

     私の知る限り、好き嫌いをはっきりさせる人は、みんな信用されている。みんなに気に入られようとすると、結果的に誰からも好かれないし、信用もされない。家族でも、仲間でも、不愉快なものは切り捨てよう。情けやしがらみにとらわれて、いらないものを持ち続けていても、いいことは何もない。

     次に大切なのは、「与える気持ち」だ。今の時代、優れた情報は無料で手に入る。ビジネスアイデアはいたるところに落ちているし、ロールモデルになる人も大勢いる。これほど恵まれた環境が整っている社会で、「あなたは信用できる」という評価を得るためには、生半可な才能や知識は役立たない。

     信用を得るためには、相手と「ギブ&テイク」という関係性を築くだけでは足りない。「ギブ&ギブ」、おまけに「ギブ!」くらいの気構えが必要だ。相手に惜しみなく与える。見返りなど期待せず、相手の想像をはるかに超える何かを与えることこそが、信用を得る近道だ。

    人生においても、何ら変わりはない。私が頻繁に会いたい、助けたいと思う人はみんな気前がいい。会うたびに、何かポジティブなものを与えてくれる。ビジネスに使える貴重な情報や抜群に話が面白いなど。一緒にいると気持ちいいとか、人格的なものでも価値になる。

     そういう人たちに囲まれていると、私も何か与えなければという気持ちになる。与えて、与えられて、価値の相乗効果ができていく。理想的な人間関係だ。

     逆に、もらうことばかり期待して、何も与えようとしない人は、遠ざけている。成績が上がらないサラリーマンや儲からない経営者はこのタイプだ。どこかで与える側の発想に変わらないと、状況はいつまでも改善しないだろう。

     与えたくても、与えるものがないという人もいるが、それは違う。相手が喜ぶこと、満たされるものを提供することは、誰だってできる。興味を持ちそうな話を調べてきて話したり、雑用を手伝ったり、一発ギャグでも考えて披露したり。「あなたといると何か楽しい」という気持ちを、相手に感じさせるだけで、充分なギブだ。

     ギブの工夫ができない人は、いつまで経っても信用を得られない。与えれば与えるほど、いずれは何かが返ってくる。それが大きな成果にもつながるはずだ。
    https://www.news-postseven.com/archives/20170806_593523.html




    horie_takafumi

    関連記事

    このページのトップヘ