高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    売上


    1: 高低差速報
    iPhoneX生産半減 1~3月計画比、高価格で不振

     米アップルがスマートフォン(スマホ)の最新モデル「iPhoneX(テン)」を減産する。1~3月期の生産量を当初計画から半減させる見通しで、
    各種部品を納入する国内外のメーカーに通達した。1台11万円を超える高価格が世界の消費者に受け入れられなかったもよう。
    有機ELパネルを初採用した「X」の販売低迷は、幅広い部品メーカーの生産や業績に影響しそうだ。

     アップルは2017年11月の「X」発売時には1~3…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26271200Z20C18A1MM8000/
    og



    関連記事


    1: 高低差速報

    任天堂、売上高1兆円超へ スイッチ好調で業績予想修正

    任天堂は31日、2018年3月期(連結)の業績予想について、売上高を昨年10月発表の9600億円から1兆200億円(前期比2・09倍)に引き上げた。昨年の年末商戦で新型家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が好調だったため。


    売上高1兆円台を達成すれば、11年3月期以来7年ぶりとなる。(京都新聞)
    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000154-kyt-bus_all 


    201709111820546000

    関連記事


    1: 高低差速報
    サバの缶詰が売れている。高い栄養価に加え、原料が水揚げ、価格ともに安定しているのが背景だ。日本水産をはじめ
    大手の売上高は前年を3~5割上回る。年内には売上高がカツオ缶を抜き、魚介系缶詰で2位に浮上しそうな勢いだ。

    極洋は味噌煮などサバ缶の4~10月の売上高が前年同期に比べて5割伸びた。日本水産も1~10月のサバ缶の
    売上高は前年を3割上回った。10月のサバ缶の市場規模は前年に比べて6割増えた。

    サバの水揚げ量は年間約50万トン。サンマやサケが不漁に見舞われるなか、量、価格ともに比較的安定している。
    缶詰は旬の時期にとれたサバを使い、骨や皮まで余さず使うので栄養も豊富だ。

    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2406
    9300Q7A131C1000000/?n_cid=NMAIL007



    no title




    関連記事




    1: 高低差速報
    https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/electronics/2497181051/

    スマートフォン本体 の 売れ筋ランキング
    1位 Huawei P10 Lite サファイアブルー
    2位 Huawei P10 Lite ミッドナイトブラック
    3位 Huawei P9 Lite ゴールド
    4位 マウスコンピューター MADOSMA Windows10 Mobile
    5位 Huawei P9 Lite ブラック
    6位 Huawei Nova Lite ブラック
    7位 ASUS ZenFone 3 Max シルバー
    8位 ASUS ZenFone 3 ブラック
    9位 Huawei P10 Lite パールホワイト
    10位 ASUS ZenFone 3 Max グレー




    01_650x382

    関連記事


    このページのトップヘ