高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    夏目漱石


    1: 高低差速報
    「東大&京大生が選ぶスゴい本BEST30」で
    1位に選ばれたのが「こころ」だったという。
    大学生が「こころ」を選んだ理由はなんだろうとか思案しました。
    何故でしょうかね?異性関係で悩む年ごろなのかもしれません。
    人間の心というのは不思議ですね。大きくなったり小さくなったり、
    従順だったり、頑固だったり、時にはコロコロ変わったりと・・・・・

    引用記事:https://ameblo.jp/karamatto777/entry-12319084415.html

    Natsume_Soseki




    関連記事


    1高低差速報
    ・福沢諭吉
    人種改良を推進し、脱亜入欧を唱える。中国人、朝鮮人を「豚」と呼んでいた。日本の近代化、西欧化に多大な貢献をする。
    アメリカ人少女テオドーラ・アリスと一緒に撮った写真を家宝にし常に周囲に人々に見せびらかしていたという。

    ・新渡戸稲造
    アメリカ人女性と結婚。国際連盟事務次長。ジャンヌ・ダルクを尊敬していた。

    ・野口英世
    アメリカ人女性と結婚。エクアドル共和国陸軍軍医監名誉大佐。
    出国後、二度と日本には帰らなかった。



    201302042144539d2
    関連記事



    1高低差速報

    そこで20~30代の社会人男女200人(男女100人ずつ)に、「大人になった今、読んでみたいと思う夏目漱石の作品」について聞いてみました。

    〈大人になった今、読みたいと思う夏目漱石の作品ランキング〉
    (全15項目から3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptで集計。R25調べ。協力/アイリサーチ)

    1位 吾輩は猫である 394pt
    2位 坊っちゃん 320 pt
    3位 こゝろ(こころ) 150 pt
    4位 三四郎 85 pt
    5位 それから 51 pt
    6位 門 41 pt
    7位 草枕 30 pt
    8位 文鳥 11 pt
    8位 道草 11 pt
    10位 夢十夜 9 pt

    番外
    11位 虞美人草 8 pt

    やはり「猫」は強いですねえ。無鉄砲な新人教師の若さ(青さ)もまぶしい『坊っちゃん』、主人公が受け取った重たすぎる内容の手紙が印象的な『こゝろ』を抑えて、『吾輩は猫である』が1位となりました。

    なお、1位を選択した作品については選んだ理由も聞いています。

    【1位 吾輩は猫である】
    「あまりにも有名ではあるけれど、それ故に忘れがちな存在だから」(29歳・男性)
    「題名は有名なのでよく聞くが、読んだ事がないため」(36歳・女性)
    「昔は意味が分からなかったけど、今ならわかるかもしれないから」(31歳・女性)
    「猫ブームだし、今なら頑張って読めそう。子供の時は断念したから」(30歳・女性)
    「代表作をあらためて読みたいと思ったから」(33歳・男性)

    【2位 坊っちゃん】
    「キャラが濃い登場人物が多くて、楽しいと思います」(34歳・女性)
    「ドラマ化されたのが面白かったから」(22歳・女性)
    「親父が読んでみるといいって言ってたから」(34歳・男性)
    「これしかしらない」(22歳・男性)

    【3位 こゝろ(こころ)】
    「中学生か高校生の時に読んだときはわからなかったが、今読むと、何か違ったことがわかりそうだから」(26歳・男性)
    「夏目漱石については、全く存じ上げませんので、タイトルで決めました。『こころ』大人になって、この言葉は、まさに心に響きます」(38歳・女性)
    「長編だから読破したい」(39歳・女性)


    R25 2/7(火) 7:07配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170207-00000002-rnijugo-ent




    206-001

    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ついに秋の雰囲気が街にやってきましたね。そうなるとなぜか読書をしたくなったりしませんか? 大学生にとってはすごく読書に適したシーズンですからね。では、そんな読書について、日本文学作品だと、大学生はどの作品が好きなのでしょうか? ランキング形式でご紹介しましょう。

    ■好きな日本文学作品を教えてください

    第1位 こころ/夏目漱石       67人(16.7%)
    第2位 坊ちゃん/夏目漱石      57人(14.2%)
    第3位 注文の多い料理店/宮沢賢治  52人(12.9%)
    第4位 羅生門/芥川龍之介      33人( 8.2%)
    第5位 蜘蛛の糸/芥川龍之介     31人( 7.7%)

    千円札にもなっているくらい有名な漱石の作品がワンツーフィニッシュ! 幼い頃から慣れ親しんだ作品でもありますからね。では、それぞれの理由についても聞いていますのでご紹介しましょう。

    ■そう思う理由を教えてください

    ●第1位 こころ/夏目漱石

    ・漱石の後期三部作は全部好き(男性/20歳/大学2年生)
    ・複雑な心理描写が素敵だと思うから(女性/21歳/大学3年生)
    ・高校のときに読んで面白かったから(男性/21歳/大学4年生)
    ・漱石の作品の中では比較的読み易いから(女性/18歳/大学1年生)

    ●第2位 坊ちゃん/夏目漱石

    ・名作だから(女性/22歳/大学4年生)
    ・初めて読んだ文学作品だから(女性/25歳/大学院生)
    ・教科書で読んでいたから馴染みがある(女性/18歳/大学1年生)
    ・世界観が好き(男性/23歳/大学院生)

    ●第3位 注文の多い料理店/宮沢賢治

    ・小学生のときに読んでよく覚えているから(男性/22歳/短大・専門生)
    ・内容がおもしろくて印象に残っているから(女性/22歳/大学4年生)
    ・母に勧められて読んでおもしろかったから(女性/21歳/大学3年生)
    ・現代に通じるものがあるから(男性/21歳/大学4年生)

    ●第4位 羅生門/芥川龍之介

    ・人間の汚い心理を描き出しているから(男性/18歳/短大・専門生)
    ・気持ちの悪さがたまに読みたくなる理由だと思う(女性/21歳/大学4年生)
    ・ユーモアもあり、とても文学的だと思うから(女性/20歳/大学2年生)
    ・学校で習ったときにとても印象的だから(女性/22歳/大学4年生)

    ●第5位 蜘蛛の糸/芥川龍之介

    ・非常に内容が理解しやすいから(女性/22歳/大学院生)
    ・天国と地獄がとても印象的(女性/24歳/大学4年生)
    ・人間の内面的な本性を知ることができた作品だから(女性/20歳/短大・専門生)
    ・考えさせられた記憶があるから(男性/19歳/大学1年生)

    ●その他

    ・舞姫/森鴎外。現代の文法と古文が混じった独特な文章がおもしろい(女性/23歳/大学院生)
    ・人間失格/太宰治。中学の先生が薦めてくれたので(女性/21歳/大学3年生)
    ・銀河鉄道の夜/宮沢賢治。初めて読んだ宮沢賢治作品で印象に残っているから(女性/21歳/大学4年生)
    ・風立ちぬ/堀辰雄。ジブリ作品を観て(女性/19歳/大学2年生)

    漱石以外にも、芥川、太宰、賢治と、名作を生み出した天才達が上位にきています。大学生にとってはとても身近な存在なのでしょうか?

    いかがでしたか? 秋の夜長、時間ができたらそっと本を取り出してみるのもいいものです。今回挙がった作品は名作ぞろいなので、まだ読んでない作品や、忘れてしまった作品があれば、この秋に読んでみてはいかがでしょうか?

    文●ロックスター

    マイナビ学生の窓口調べ
    調査日時:2016年9月
    調査人数:大学生男女402人(男性199人、女性203人)

    https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/41175







    206-001

    関連記事






    こち亀両津氏の総借金額wwwwwwwww


    大学生3人が1泊1万円の個人宿に宿泊した結果wwwww

    【驚愕】女9割の会社に入った結果wwwwwwww

    【※放送事故※】中居くん、ナカイの窓でコスプレイヤー“えなこ”にガチドン引きww

    私「母のドッペルゲンガーみたわ…」 兄「なにそれ超見たい」 → 母「なにそれ超見たい」

    海外「これが先進国との差だ」 小池都知事が有能すぎるとシンガポールで話題に

    喧嘩相手を瞬殺した男の映像が「やっぱ柔道つえええええ!」と話題になる。

    韓国人「韓国の小学生の35%”朝鮮戦争は韓国が起こした”と回答」

    【画像あり】女性新入社員、就活で個性終了・・・

    【問題】 『答えはいくつ?』子供の算数の問題で大論争

    参照記事 : http://2ch.sc/



    このページのトップヘ