高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    大企業



    1: 高低差速報
    引用:https://wirelesswire.jp/2017/09/61095/

    IT人材のスキルキャリアを研究するNPO法人「ITスキル研究フォーラム(iSRF)」が国内で就業するITエンジニア1万228人を対象に実施した調査結果がネットで話題になっています。

    ITエンジニアのストレスチェック実態調査

    ・厚生労働省が定める「高ストレス」者に該当するものが17.8%

    ・他業種も含めた厚生労働省調査だと10.1%なので1.8倍

    ・月間の労働時間が、200時間を越えると急激に高ストレス者の割合が増加

    ・全体の4分の一を超える26.4%が高ストレス者

    ・技術レベルの高いエンジニアは「高ストレス」が2.3%。ミドルレベル(17.7%)エントリーレベル(20.0%)

    ・従業員数5,000人を超える大企業では、高ストレス者は25%。平均は17.8%

    ・39.3%が高ストレス者が「ITの業界から離れたい」と回答

    この結果が興味深いのは、技術レベルが低く、大企業勤務の人ほどストレスレベルが高い、ということですね。 (以下略)



    job_it_dokata

    関連記事




    1: 高低差速報
    no title


    上位には自動車や小売り大手が目立つ

    1位はトヨタ自動車の4487億円。前年から403億円の減少となっている。ここ数年、トヨタ自動車は広告宣伝費を増やしていたが、今期は売上高の減少とともに広告宣伝費も減額となった。

    2位のソニー、3位の日産自動車も売上高が前年比で減少。それに伴い広告宣伝費も、ソニーが275億円、日産自動車が288億円減少している。一般消費者向けにビジネスを展開する企業にとって、広告宣伝費は必要不可欠なコストだが、投下する額は業績の影響を受けやすい。特にランキング上位に入るような規模の大きい会社は、すでに知名度も高いので、売上高に対して一定以上の割合を超える広告宣伝費を、無理に捻出しなくていい場合もあるだろう。

    http://toyokeizai.net/articles/-/187757

    関連記事



    1: 高低差速報
    わいです(´・ω・`)

    東京大学教養学部広域学科卒、東京大学大学院工学研究科修了(工学修士)

    富士通に入社して研究者になったが2年目で工場のライン作業長になってもうた




    news_20160204183832-thumb-autox380-80902

    関連記事

    このページのトップヘ